ココだけ火災保険情報

家財保険は必要ない?実際にある被害を元損保社員が教える

先日あるインフルエンサーが家財保険はいらないって言ってたけど、本当なの?

家財保険は必要ですよ!本記事では保険金が支払われる例とともに火災保険専任担当の元損保社員でファイナンシャルプランナーの筆者が「家財保険は必要?」について徹底解説していきます。

家財保険とは?

家財保険は火災保険の建物保険と違い、室内の家具や家電、衣類を補償する保険です。

浴槽や調理台、ふすま、エアコンなどは建物に該当しているため、家財保険は補償範囲外となります。

家財保険の補償範囲についてはそれぞれの損保で全く違うため、気になることは是非問い合わせてみましょう。

家財保険の補償範囲は?

1.火災、落雷、破裂・爆発

火災で家財が焼失した、落雷によって電気製品が壊れた場合などに保険がおります。

2.風災、雹災、雪災

台風で自宅が飛ばされて家財がなくなった、自宅の駐輪場に置いておいた自転車が壊れた、雹(ひょう)や豪雪が家の中に入って家電が壊れた、家具が濡れて使えなくなったなどの損害を受けた際に、保険がおります。

3.水濡れ

マンションやアパートでは、上階から水が漏れてきて、自分の部屋の家電や家具が濡れて壊れた際に保険がおります。

4.盗難

家財や自宅内の現金が盗まれた場合などに、保険がおります。

(※現金や小切手の盗難には保険金額の上限が設けられるものがあります。)

5.水災

大雨や洪水で自宅が床上浸水してしまい、家財が水浸しになって壊れた、使えなくなった場合に保険がおります。

6.破損、汚損

模様替えの際に動かしていた机を倒した、家電を落とした、パソコンに飲み物をこぼしたなど、うっかり壊してしまったときに保険がおります。

上記の補償内容は例となっています。家財保険の補償範囲は損保会社や商品ににより様々です!

家財保険はどんな時に支払われる?

家財保険ってどんな時に支払われるの?

家財保険は実はかなり有能な保険です!例えば下記の場合に支払われますよ!

ケーススタディ
  1. 子供が家にある家財を壊してしまった!
  2. 隣家からの火事で家が燃え、家財道具が一式焼失した!
  3. 自宅や外出先で家財が盗まれた!

子供が家にある家財を壊してしまった!

子供が走り回っていた時、室内のテレビが倒れて壊れてしまったんです…

家財保険の「破損・汚損」が対象であれば、家財保険で補償されますよ♪

子供が自宅で遊んでいてテレビ画面におもちゃをぶつけて壊れた、室内でボール遊びをしていて家具が壊れてしまったなんてことよくありますよね。

このような偶然に家財を破損させてしまった場合、家財保険の不測かつ突発的な事故(破損・汚損など)で壊れてしまった家財も補償対象となります。

また。不測かつ突発的な事故であることが必要な条件であるため、故意による破損・汚損は対象外です。

補償範囲外の家財保険もあるため、必ず「不測かつ突発的な事故(破損・汚損など)」が補償されるか確認しましょう。

特に大きなテレビや良い家電を持っている方は家財保険必須だね!

隣家からの火事で家が燃え、家財道具が一式焼失した!

隣家からの火事って隣家から賠償されたりするわけではないの?

火事の場合は「自分の身は自分で守れ」というのが基本だから、基本的には家財保険に契約していないと誰も補償してくれません。

隣家が火をだしてしまい、自宅が燃え家財が消失してしまった場合、隣家が賠償してくれることはありません。

日本には失火法という法律があり、火を出した人がわざと火をつけたなど「重過失」に問われない限り、賠償責任が生じないからです。

家財保険に契約していれば、隣家からの類焼による火災も補償対象となります。

家財保険に契約していないと、泣き寝入りとなってしまうのね…

自分の家の火事は自分である程度防げるけど、他人の家の火事の発生までは防ぎきれないよ!

自宅や外出先で家財が盗まれた!

またコロナ禍以降、盗難被害が急増していますが、家財道具が盗まれた場合も家財保険の「盗難」を契約していれば、補償対象となります。

また「持ち出し家財」も補償対象となっている場合は、外出先の家財も保険金が支払われる場合があります。

現金であったり、高価貴金属類は限度額が設定されていたり、補償範囲外の場合もあるため、注意が必要です。

盗難被害って日本でそんなに多いの??

住宅侵入盗は埼玉県が1年間に2482件とトップで、以下、東京都、千葉県、神奈川県、茨城県と首都圏から大阪府、愛知県、福岡県が非常に多いです。

「持ち出し家財」の補償

持ち出し家財とは、旅行や買い物、レジャーなどのために、建物から一時的に持ち出した家財のことをいい、これらに火災や盗難などによる損害が生じた場合に、保険金を支払う商品があります。日本国内の他の建築物内で生じた損害に限り、アーケード・地下道などのもっぱら通路に利用される場所で生じた損害は除くとするのが一般的になっています。

家財保険は必要な保険なのか?

経験上、家財保険は必要な保険ですが、補償範囲を必ずチェック!

前述の支払い例からも家財保険の必要性は分かっていただけたかと思います。

ただし、家財保険の補償範囲は損保会社や商品によってまちまちであるため、契約する場合は補償範囲の確認が必要です

特に支払い例のような家財保険に契約する場合は、「破損・汚損など」「盗難」が補償対象となるかはチェックすると良いと思いますよ。

是非、家財保険しっかりと契約して非常事態に備えましょう!家財保険を調べる場合は火災保険一括見積サイトを利用することをおすすめします!

国内最大の火災保険見積もり比較サイトを紹介!

無料火災保険比較サイトとしてご紹介したいのが、CMでもお馴染みの「保険見直し本舗」が運営している日本最大級の見積もり・診断サービス「保険スクエアbang!」です。

とりあえず火災保険無料見積もりをとってみたい方におすすめです!

保険スクエアbang!のホームページはコチラ>>火災保険の無料診断ならコチラから!<<

6つのGoodポイント!
  1. 10年以上にわたって120万件の契約実績があり、日本最大級保険比較サイト
  2. CMでも知られている業界トップクラスの「保険見直し本舗」が運営!
  3. 国際規格ISO27001を取得しており、個人情報もしっかり守られる!
  4. しつこいセールスがない!保険見直し本舗からの連絡のみ!
  5. たった30秒の入力で火災保険料の見積もりが可能!
  6. 火災保険のプロアドバイザーが何度でも無料診断してくれる!

保険スクエアbang!のホームページはコチラ>>火災保険の無料診断ならコチラから!<<

最大手比較サイト保険スクエアbang!実績トップクラスの理由を説明します!保険スクエアbang!は火災保険比較サイトとしても最大手のサービスです。10年以上にわたって累計利用者が650万人、契約件数120万件以上と実績も十分です。火災保険のプロアドバイザーが無料診断してくれ、たった3分の入力で火災保険料の見積もりが可能です。...

関連記事 RELATED POST