火災保険申請

火災保険の申請方法を元損保社員が教えます|おすすめ業者紹介

はじめに:火災保険で風災(台風や強風)は対象になるの?

火災保険という名前を聞くと「火災」というイメージが強く、火事の時しか利用ができないと思われる方非常に多いと思います。

しかし、契約期間内であれば、風災(台風や強風)や地震、盗難の被害等、住宅にまつわる様々な被害が対象となります。

ただし、補償の内容や支払われる保険金は契約している保険会社により、全く違います。

例えば、県民共済のように風災は対象でも見舞金しか払われない補償内容であったり、ダイレクト保険のように補償内容をカスタマイズしており、風災自体対象外の場合もあります。
補償内容については契約している保険会社に連絡するのが良いでしょう。

火災保険は風災も対象となるが、補償内容は保険会社により違うため、契約している保険会社に補償内容を聞きましょう。

風水災として補償対象になる被災例

では、実際どんな被害が支払い対象になるか、ご不明な方が非常に多いと思います。どんな被害が支払われるか写真で解説していきます。

1,雪による雨樋のゆがみ

2,台風・強風による瓦の割れ

3,雨漏り(保険会社により支払い条件あり)

火災保険申請の流れ

火災保険の申請は自分で簡単にできます。ぜひ自分で申請をしてみましょう。申請方法は保険会社によって違いますが、当サイトではオススメしたい保険申請の流れを紹介します。
やってみるとわかりますが、本当に簡単です。

当サイトおすすめの火災保険申請の流れ
  1. 修理業者を探し、見積書・修繕前写真を作成してもらう
  2. 保険会社へ被害の連絡
  3. 保険会社から申請用紙が送られてくる
  4. 保険会社へ申請用紙・見積書・修繕前写真を送る
  5. 保険会社から保険金が振り込まれる

見積金額が高額であったり、悪徳業者の場合は保険会社が現地鑑定をする場合も!

①修理業者を探し、見積書・修繕前写真を作成してもらう

先に保険会社へ連絡するべきという方もいますが、個人的には修理業者で先に見積もりを取ってもらったほうがいいと思います。特に屋根の被害は自分では見えない部分も多いため、自分で気づかなかった損壊を業者が見つけてくれる場合もあります。

見積書の作成の3つのコツ

見積書の作成には3つのコツがあります。別記事でそのコツについてはまとめています。是非参考にしてください。

  1. 見積金額が安ければいいというわけではない
  2. 見積書の作成は優良業者を選ぶこと
  3. 複数の業者から相見積もりをすること
火災保険申請の見積書の3つのコツを元損保社員が教えます火災保険の請求に必要な見積書についてまとめました。見積書の取り方から業者の選び方、見積書作成のコツまで見積書による様々な疑問をココで解決していきます。悪徳業者に捕まらないよう、是非優良業者でよりよりリフォーム工事、住宅修繕工事を行ってください。...

先に業者に連絡することで自分で気づかなかった家の損害を見つけてもらおう!

被害写真の撮り方、写真がない場合は?

被害写真の撮り方や、必要な枚数、被害写真がない場合の対象方は別記事でまとめました。

火災保険申請で写真をどう撮ればいい?写真がない場合は?元損保社員が教えます火災保険申請で写真の撮り方から必要な枚数、写真がない場合までをまとめました。写真を撮れば修理をしてもいいのか。特に多くの方の疑問としてどこをどう撮ればいいの?写真は何枚必要?もう修理してしまって写真がない場合はどうすればいいの?こんな疑問を解決します。...

業者を選ぶときは必ず相見積もりを!

また、見積もりを作る際は、必ず相見積もり(複数業者で見積もりをとること)をしましょう。
修理業者は良い業者ばかりではありません。こちらが妥当な金額を知らないのをいいことに値段をつりあげたり、めちゃくちゃな修理をしたりする修理業者もいます。必ず1つの業者に限らず、複数の業者から見積もりをとることをおすすめします。

火災保険申請代行は違法?元損保社員がおすすめできない4つの理由 ここでは、「火災保険申請代行サービス・火災保険請求代行サービス」について解説していきます。 火災保険申請サービスとは、火災保険請...

【見積無料】元損保社員がオススメの業者を紹介!

屋根修理・雨漏り・雨樋ならココ!「リペアルーフ」

【リペアルーフ】無料見積もりを24時間365日受付しています。
全国各地1000 箇所以上ある拠点で対応しているため、どこよりも早く見積もりにお伺いし、何か問題があれば近くの拠点からすぐに駆けつけてくれます。雨漏りから屋根修理、雨樋の修理まで様々な屋根のお悩みを解決してくれますよ!
現地で見積もりを行うことで明確な金額が算出され、他社の会社よりも業界最安値を提案してくれる優良会社です。

その他プラスポイント

・保証制度も充実
工事後に工事が完全ではない場合には、再工事を何度でもしてくれます。 但し、工事した箇所とは別の個所につきましては、保証対象外となります。

・現地見積もりにまでが完全無料
現地見積もりの出張料等はありません。【リペアルーフ】では、工事料金のみで案内されます。

お客様満足度94%と非常に高い支持をされているため、多くの方に見積もりだけでもオススメしたいです!

リペアルーフの詳細はこちら>> 【リペアルーフ】<<

外壁の破損から塗装ハゲ、雨漏りまで一括見積もり「外壁塗装の案内所」

外壁の破損から塗装ハゲ、雨漏りならば【外壁塗装の案内所】がおすすめです。厳しい審査基準をクリアして加盟した優良の塗装業者を最大5社から一括見積もりすることができます。また、屋根の塗装も受け持っているため、屋根の被害の時も、こちらで一括見積もりをお願いできます。
このサイトを利用された方の89%が前の見積もりより安くなったというデータもあります。

その他プラスポイント

・営業の電話は一切ありません!
【外壁塗装の案内所】の担当者が間に入るため、直接業者と話す必要はありません。

・すべての利用が無料
見積もりの作成から相談、お断り、契約時のアドバイス、各種サポートが全てが無料です。

利用者数80万人、満足度91.2%の老舗優良見積もり一括サイトです。

外壁塗装の案内所の詳細はこちら>>【外壁塗装の案内所】<<

②保険会社へ被害の連絡

修理業者から見積書と写真が手元にある時点で、保険会社へ被害の連絡をしましょう。電話やWEBで申請ができる保険会社もあります。

保険会社から聞かれる内容は以下の3点あります。

  • 契約者氏名、保険証券番号
  • 損害の内容、原因
  • 見積書、写真の有無

特に損害の原因は被災日や被災原因を聞かれます。事前に被災日をネットで調べておくのが良いでしょう。

被災日から3年が経過した損害は対象外になる可能性があります。保険法で保険給付金や保険金、解約返戻金、前払保険料を返還する権利は、権利発生時の翌日から3年間行わなかった場合、時効により消滅します。

③保険会社から申請用紙が送られてくる

保険会社へ被災について連絡をした後、申請用紙が自宅へ送られてきます。申請用紙は口座番号を書くだけの書類から簡易的な間取りを書く書類まで、損害保険会社により、用紙が異なります。

某S社は簡易的な間取りの記入が必要です。良心的な修理業者であれば、書いてくれますよ!

④保険会社へ申請用紙・見積書・修繕前写真を送る

保険会社から送られてきた申請用紙と、業者から取得した見積書・被災写真を揃えて、保険会社に返送します。その際、見積書が異常に高額であったり、悪徳業者の場合は、現地鑑定をする場合があります。

つまり、見積書を保険会社に送ってから現地鑑定になった場合は、見積金額や修理業者に問題があったと思ってください。

⑤保険会社から保険金が振り込まれる

問題がなければ保険会社から約1ヵ月で自分の口座に保険金が振り込まれます。
修理後、領収書や修理後の写真は基本的に必要はありませんが、念のため保険会社には必要か聞いておくとよいでしょう。

おわりに:火災保険申請は簡単!

火災保険の申請は難しいように感じる方も多いかもしれませんが、非常に簡単です。是非みなさん屋根や外壁、雨漏りが気になる方は、一度業者に見てもらってもいいかもしれません。

住宅修理業者を探しているならホームプロがおすすめ!

火災保険の申請で修理見積もりを作成したいけど、どこにお願いすればいいんだろう?

それなら「ホームプロ」で見積もりを作成するのがおすすめです!

ホームプロのホームページはコチラ!>>リフォーム会社、比べて、選べる。ホームプロ<<

ホームプロ8つのGood!
  1. リフォーム会社紹介サイト利用者数NO.1で、すでに80万人以上が利用している!
  2. 独自の無料保証で安心安全に任せられる!
  3. 全国対応が可能で、複数社から見積もりをもらえる!
  4. 利用者は匿名のまま電話連絡は一切なし!マイページでやり取りをすすめる!
  5. 初めてのリフォーム会社でも安心!過去に利用した施主から口コミを見れる!
  6. 信頼できる会社だけを厳選するため、独自の基準で審査定期審査を実施!
  7. (株)リクルート100%出資しており、300回以上メディアで紹介されている!
  8. 利用満足度90%以上が満足と回答!

ホームプロのホームページはコチラ!>>リフォーム会社、比べて、選べる。ホームプロ<<

「ホームプロ」の評判は?実績NO.1リフォーム紹介サイトを元損保社員が紹介!リフォーム紹介サイト「ホームプロ」について元損保社員が評判をまとめました。業界ナンバー1ですでに80万人以上が利用しています。その評判の良さから、新聞やテレビ・ラジオなどで300回以上紹介されており、リフォーム業界では知らない人がいない有名サイトです。ホームプロは評判の良い厳選されたリフォーム業者から複数の見積もりがとれるため、相見積もりを取りたい方は絶対利用したほうがいいサイトです!...
関連記事 RELATED POST