ココだけ火災保険情報

火災保険を安くする方法は?元損保社員だけが知っている

火災保険の月々の保険料ってどうやって抑えればいいの?

火災保険専任担当の元損保社員でファイナンシャルプランナーの筆者が「火災保険を安くする方法」について徹底解説していきます。

火災保険を安くする6つの方法を紹介!

火災保険を安くする方法として当サイトでは6つの方法を紹介します!他のサイトでも書かれていないこともあるため必見です!

  1. 火災保険一括見積で最安プランを!
  2. 火災保険の割引制度を利用する!
  3. 補償の見直しをする!
  4. 家財の補償額を下げる!
  5. 支払い方法を長期に変更する!
  6. 免責額を設定する!

火災保険一括見積で最安プランを!

まず、一番手っ取り早く火災保険料を安くするのであれば、火災保険一括見積サイトで一括して見積もりを作成するのが良いです。

数多くの火災保険一括見積サイトがある中で、私はインズウェブの火災保険一括見積サイト「保険スクエアbang!」をおすすめします!

「保険スクエアbang!」は10年以上にわたって120万件の契約実績がある最大手無料見積もり比較サービスです。

保険スクエアbang!の詳細は>>火災保険の無料診断ならコチラから! <<

利用方法は簡単で、自宅の築年数や購入金額を簡易的に入力するだけです。

また、「保険スクエアbang!」は火災保険のプロアドバイザーが無料診断してくれ、グループ会社としては2000人以上いる大企業が運営しているサイトだから安心できます♪

「保険スクエアbang!」や他比較サービスは別記事でまとめているため、そちらをご覧ください。

元損保社員が教えたい火災保険一括見積サイト3選|デメリットも元損保社員が教えたい火災保険を無料で比較できるサイトを紹介しています。実際に比較サイトを利用し、レビューも含んでいます。上位3社をピックアップしているため、3社のメリット、デメリットも紹介しています。ファイナンシャルプランナーの立場からも是非活用して欲しいです。...

火災保険の割引制度を利用する!

火災保険って割引制度があるの?

もちろん!様々な割引制度があります。独自の割引制度もありますよ!

利用やすい割引制度を紹介!

  • インターネット(WEB)割引
  • オール電化住宅割引
  • 新築割引

インターネット(WEB)割引(楽天損保/AIG損保等)

お客様自身が加入手続きを行うインターネット契約に対しての割引制度です。

インターネット割引という名前ではなく、WEB割引やネット割引、WEB証券割引というご契約のしおりや保険証券を書面ではなく、Web(ホームページ)で閲覧する方式を選択いただくことで割引される制度もあります

インターネット割引がない火災保険でも、「割引制度」として売り出さず保険料を値引きしている火災保険もあります。

オール電化住宅割引(セコム損保、SBI損保等)

住宅内の空調、給湯、調理などの電気でまかなうオール電化住宅である場合に、所定の書類を損保会社に送ることで適用される割引制度です。

セコム損保やSBI損保、AIG損保といった一部損保で取り扱いがあります。

新築割引(損保ジャパン、東京海上日動等)

建物の新築年月から一定の期間までに契約した場合に適用される割引制度です。

新築割引はほぼ全ての損保にある割引制度ですが、保険会社により「新築」の定義が変わってきます。

ご自身のご自宅が、損保会社として新築として認められれば、この割引制度利用しない手はないでしょう。

独自の面白い割引制度は別記事にまとめています!是非そちらもご覧ください♪

火災保険の面白い割引条件ランキング!元損保社員が選ぶ元損保社員が「火災保険の面白い割引制度」について独断でランキング解説していきます。火災保険の割引制度は様々あり、独自の割引制度もあります。毎月の保険料を抑えるためにも割引制度をうまく活用しましょう。もし調べるのであれば、火災保険の一括見積サイトで保険料を算出する+割引利用の保険料も調べてみてはいかがでしょうか。...

補償の見直しをする!

現在契約している火災保険、もしくは契約しようとしている火災保険があれば補償内容の見直しをおすすめします。

一言で補償の見直しっていうけど、どうやって補償の見直しをすればいいの?

補償の見直しは今契約している補償が掛けすぎではないか、反対に補償が足りなくないかを確認することです。必要な補償を見極め、火災保険を契約しましょう。

火災保険で必要な補償とは?

火災保険で必要な補償はそれぞれの「地域の特性」により変わります。

  • 地盤が低く水災(床上浸水)のリスクが高い家
  • 高台に住んでいるため風当たりが強い家
  • マンションに住んでおり風災や水災の危険性が低い家

どこに住んでいても様々な危険性がありますが、起こり得る災害の危険率は地域ごとに違います。

もし、危険率が低く自分が納得して補償を外せるのであれば、火災保険を安くする方法としてアリでしょう。

特に「水災(床上浸水)」を外すと保険料は年数万円程下がる!

自分の住んでいるの地域性を理解することで必要な補償を見極めよう!火災保険の選び方は別記事を参考にしてください。

元損保社員が教える火災保険の選び方!ブログでしか教えられない情報火災保険ブログ「元損保社員のつぶやき」では火災保険の選び方を火災保険専任の元損保社員でFPの筆者が4つのステップを紹介しています。火災保険と聞くと難しく考えられるかたも多いですが、できるだけ難しい言葉をぬきでまとめています。おすすめの補償内容や、補償として外しても良い特約も紹介します。...

家財の補償額を下げる!

火災保険の保険料を下げる方法として家財の補償額を下げる方法もあります。

デメリットとして家財の補償を下げると、全焼した場合家財の補償額が下がってしまいます。

しかし、保険料が負担であるのであれば、あまり被害としては起きる可能性の低い家財の補償額をさげるというのも一つの手です。

もちろん元損保社員としてこの方法をおすすめはできませんが、保険料が負担になっているのであれば、この方法もアリですよ!

支払い方法を長期に変更する!

もし、あなたが火災保険を1年更新にしていたり、月払いにしている場合は、契約期間を長期にし、一括支払することをおすすめします。

契約期間を長期一括支払にすることで、保険会社によっては割引がされる場合があります。

また、火災保険は年々保険料が高くなっているため、できるだけ早めに支払っていたほうが安く済みます。

火災保険はどこの保険会社も赤字ギリギリ、もしくは赤字経営のため保険料は毎年上がっています!

じゃあ、できるだけ早く支払ってしまったほうがいいってことだね。

その通りです。私自身も契約期間を長期にし、一括して支払っています。一括支払が無理な場合は、5年間毎の更新にするだけでも保険料を抑えることができます。

免責額を設定する!

免責とは自己負担となる金額のことをいい、免責金額を設定することで保険料を抑えることができます。

免責金額は0円、5万円、10万円と選べたり、固定で免責金額が決められている場合もあります。

ちなみに免責には2種類の考え方があります。

免責の種類               

・エクセス方式

免責金額以下の損害については保険金が支払われないが、免責金額を超過する損害については、保険金から免責金額を控除した金額を支払う方式

(例)保険金10万円-免責金額5万円=実際の保険金5万円

・フランチャイズ方式

損害額の全額を支払う方式

(例)保険金10万円、免責金額5万円だが、実際の保険金10万円

フランチャイズ方式のほうがより支払額も多いから、フランチャイズ方式の火災保険を選びたいね!

まとめ:火災保険を安くするとは?

火災保険を安くする方法は多彩にあります。

しかし、火災保険を安くすると、それに伴うデメリットもあるため、デメリットを理解した上で安くしていきましょう。

まずは簡単な火災保険の一括見積サイトで保険料を比較することをおすすめします。

国内最大の火災保険見積もり比較サイトを紹介!

ここ毎年火災保険は改悪の一途を辿っており、2022年には全国平均で10.9%火災保険料が値上がりし、長期契約が最長10年から5年に短縮されることを皆さんご存知ですか?
値上がりの前に火災保険の見直しとして、無料火災保険一括見積もり比較サイトでご紹介したいのが、CMでもお馴染みの「保険見直し本舗」が運営している日本最大級の見積もり・診断サービス「保険スクエアbang!」です。

とりあえず火災保険無料見積もりをとってみたい方におすすめです!

保険スクエアbang!のホームページはコチラ>>火災保険の無料診断ならコチラから!<<

6つのGoodポイント!
  1. 10年以上にわたって120万件の契約実績があり、日本最大級保険比較サイト
  2. CMでも知られている業界トップクラスの「保険見直し本舗」が運営!
  3. 国際規格ISO27001を取得しており、個人情報もしっかり守られる!
  4. しつこいセールスがない!主に保険見直し本舗からの連絡!
  5. たった30秒の入力で火災保険料の見積もりが可能!
  6. 火災保険のプロアドバイザーが何度でも無料診断してくれる!

保険スクエアbang!のホームページはコチラ>>火災保険の無料診断ならコチラから!<<

最大手比較サイト保険スクエアbangの評判は?実績トップクラスの理由を説明します!保険スクエアbang!は火災保険比較サイトとしても最大手のサービスです。10年以上にわたって累計利用者が650万人、契約件数120万件以上と実績も十分です。火災保険のプロアドバイザーが無料診断してくれ、たった3分の入力で火災保険料の見積もりが可能です。...

ABOUT ME
記事執筆:peya
【経歴】2012年に損害保険会社に中途入社⇨火災保険損害サービス課で8年間勤務⇨損害保険会社を退職後、実家を継ぐ【資格】ファイナンシャルプランナー2級/アフィリエイテッドファイナンシャルプランナー(AFP)
関連記事 RELATED POST