ココだけ火災保険情報

火災保険給付金詐欺が増加している!元損保社員の訴え!

火災保険給付金詐欺が最近増えていることをご存知ですか?
火災保険の給付金というのは火災保険の保険金のことで、保険金目当ての悪質な業者が詐欺行為を働き、保険金請求することを指します。テレビやインターネットでも取り上げられる機会が増えてきたため、知っている方も多いのではないでしょうか。
今回は火災保険給付金詐欺について、元損保社員が徹底解説していきます。

火災保険給付金の詐欺は増え続けている!

火災保険の給付金詐欺」とは、火災保険を利用した保険金詐欺のことで、関東地方で多くの相談がみられる一方で、近年は近畿地方など他の地域でも相談が増えています。
ありとあらゆる手法で保険請求を促し、保険会社や契約者からお金を奪い取ろうとするため、最近問題視されています。

今回はどんな火災保険の給付金詐欺があるのか紹介していきます。事例は国民生活センターの内容を抜粋しています。

事例(1):契約の際に高額な違約金の説明がなかった!

台風の影響で雨漏りをしていたところに、事業者から「火災保険の保険金で修繕ができる」と電話があり、訪問を受けた。事業者が屋根の損傷箇所を撮影し、約400 万円の工事見積もりを出した。保険申請は事業者がすべて行ったが、「自分たちの存在は保険会社に伝えないでほしい」と言われ、少し不審に思った。その後、保険会社の鑑定人が家を診て、見積金額全額は出ないと言われた。契約時に違約金の説明はなかったが、書類をみたら工事をしない場合は違約金として保険金の5割を支払うと書いてあり、悪徳商法にひっかかったと思った。契約をやめたい。

2020 年6月受付 40 歳代、男性

この事例の問題点は大きく2点あります。

  1. 事前に違約金の説明がなく、工事をしないのであれば違約金として保険金の5割を支払わなければならないこと
  2. 自分たちの存在を保険会社に伝えてはならないと言われたこと

違約金として保険金の5割を支払わなければならないというのは、給付金詐欺の常套手段です。
保険会社から100万円支払われたら半分の50万円を支払わなければならないため、かなりの痛手になります。

また、2つ目の自分たちの存在を伝えない保険会社に伝えないでほしいというのは、保険会社は悪徳業者のブラックリストから、該当の事業者の場合、契約者へ注意喚起を行います。
保険会社からの助言をシャットダウンさせるため、このような発言をしたのではないかと考えられます。

事例(2):工務店に壊れていない瓦を外す細工をされ「黙っているように」と指示された!

令和元年秋台風の後にハウスメーカーの下請けの工務店が訪ねてきて「瓦が飛んでいる。保険金の範囲で修理ができる。申請の手伝いもする」と言われ、了承した。保険をおりやすくするためか、工務店が壊れていない瓦を外して「黙っているように」と言い、保険鑑定人の立会い時には「家から出るな」と指示された。さらに立会い代18 万円も請求された。見積もりや保険会社との手続きはすべて工務店が行った。保険金約150 万円と見舞金30 万円が出たが、すべて工務店に支払わされた。屋根工事は行われたが、なかには地面に落ちて壊れた風よけをただ付け直しただけで費用を請求されたものもある。他にも杜撰な工事や不当な請求項目があるので、一部返金してほしい。

2020 年4月受付 70 歳代、女性

この事例の問題点は大きく2点あります。

  1. 損壊のない瓦をわざと壊し、保険会社との手続きをすべて工務店が請け負ったこと
  2. 立ち合い代を請求され、修理内容もひどいものだった

事例(2)は火災保険給付金の詐欺の中でもかなりひどい内容です。

まず問題点として挙げている「損壊のない瓦をわざと壊し、保険会社との手続きをすべて工務店が請け負ったこと」は①瓦をわざと壊したということと(保険金詐欺)、②火災保険請求を代行して行った(非弁行為)という2点が法律の観点から違法行為になります。

また、立ち合い代が18万円も請求されたという部分や修理内容が杜撰だったというのもあまりにも消費者不利な状況です。

事例(3):保険で修理可能と言われたのに保険金が下りなかった!

家を建築した事業者から無料点検のお知らせが届き、点検を依頼した。後日の結果報告で修理の見積書を見せられ、「屋根、雨どいなどに台風被害があるので、火災保険で修理できる」と勧誘された。保険金が確実に下りることが分かってから決めたいと言ったが、「キャンペーンの有効期限がある」と3時間にわたり居座られ、判断力も低下して約300 万円の契約をしてしまった。しかし、保険会社から連絡があり、老朽化による修理に該当するので保険金は下りないと言われた。
事業者から保険金が下りると聞いて契約したので、減額して欲しい。台風シーズンまでに修理が必要なので、白紙には戻したくない。

2020 年7月受付 50 歳代、女性

この事例の問題点は大きく2点あります。

  1. 火災保険で修理できるから、自己負担なしで修理できるという売り文句で事業者へ依頼したこと
  2. 保険金が出るか判断ができない状況で契約をさせられたということ

事例(3)は最近流行っている「火災保険申請サポート会社」でよくある事例です。
“自己負担がないからタダで修理できます!”という甘い言葉で修理や見積もりを依頼し、保険金が出たら3~5割の成功報酬を支払わなければならない有料の見積会社になります。

保険金が出るかどうかわからない状況で契約を勧められたり、「今だけのキャンペーンで成功報酬を安くします」とかあらゆる手段で契約者の保険を利用しています。

火災保険給付金の詐欺の問題点は?

  1. 法律の観点から違法になる可能性がある!
  2. 本当は払われるべきお金が業者に取られてしまう!

火災保険を利用した給付金詐欺の問題はもちろん違法であるため、関わってはいけません。
その上で、給付金詐欺は「本当は支払われた保険金が業者に奪い取られてしまう」という点は消費者として圧倒的に不利です。

悪徳業者

は?保険会社が保険利用できることを教えないのが悪い!こちとら保険金を分け与えているから、問題はありませーん。

先日、Twitterでこのような発言を目にしましたが、正直問題だらけです。
保険金を受け取る権利があるのは「保険契約者」です。他人のふんどしを利用して保険金請求をする業者は許せません。

火災保険給付金詐欺で捕まるのか?

2021年10月27日のYahoo!ニュースで火災保険を利用した給付金詐欺で捕まった業者が大体的に報道されていました。以下記事からも分かる通り火災保険の給付金詐欺で捕まることはあります。

弁護士の資格がないのに報酬を得る目的で火災保険料を請求したとして、警視庁保安課などは、弁護士法違反容疑で、千葉県船橋市のリフォーム会社社長、○○容疑者(29)=同市浜町=と東京都品川区の不動産仲介会社社長、○○容疑者(41)=港区六本木=ら男3人を逮捕した。3人は「法律違反だと知らなかった」などと容疑を否認している。

保安課によると、木内容疑者は自身の会社が販売する投資用マンションの購入者に対し「火災保険が適用できる」とし、手続きの代行を持ちかけていた。手続きは大塚容疑者の会社が行っていたという。

保険会社からは平成30年3月から令和元年10月までの間に、計約70回にわたり約2億円の保険料が振り込まれていた。このうち大塚容疑者の会社が手数料として約5千万円、木内容疑者の会社が約500万円を得ていたとみられる。

昨年2月、保険会社から「同じ会社から大量に請求がある」などと警視庁に相談があり、保安課などが捜査していた。

逮捕容疑は、平成31年1月に計3回にわたり、報酬を得る目的で、保険契約者の代わりに、平成30年の台風24号の被害が原因とする火災保険料を請求したとしている。

損保会社の給付金の詐欺に対する対応は?

AIG損保は「不正請求調査特命チーム」という火災保険不正請求特殊部門を結成し、火災保険給付金詐欺を厳しく取り締まっています。
不正請求調査特命チームには元警察官などが在籍しており、給付金詐欺の調査及び、契約者対応を行っています。
最近テレビ番組やネットでも火災保険給付金詐欺が取り上げられ、警察と損害保険会社も連携して取り締まりが行われています。

火災保険申請をサポートする会社は詐欺なのか?

火災保険申請サポート会社(火災保険申請代行業者)は、行う業務内容によって、詐欺や違法になる可能性がある非常に黒に近いグレーな職種です。

火災保険申請サポートは先ほども説明しましたが、火災保険の申請を手助けする代わりに、保険金が出たら3~5割の成功報酬を支払わなければならない有料の見積会社になります。
例えば劣化の部分を補償できるとして契約者を勧誘し、保険金が下りなかったため修理を断ったら違約金だけ求められた、というケースは立派な保険金詐欺になります。

火災保険申請サポート会社の違法性については以下の記事でも詳しくまとめています。

火災保険申請代行は違法?元損保社員がおすすめできない4つの理由 ここでは、「火災保険申請代行業者・火災保険申請サポート業者」について解説していきます。 火災保険申請サービスとは、火災保険請求・...

火災保険給付金詐欺に遭わないようにするためには?

火災保険給付金詐欺に遭わない重要な2つのポイントがあります。

  1. 「火災保険を使って無料で修理できる」など甘い言葉には乗らない
  2. 困ったら加入先の保険会社保険代理店消費生活センターに相談しよう!

「火災保険を使って無料で修理できる」など甘い言葉には乗らない!

まず大前提、火災保険給付金詐欺に関わらないということが大切です。
飛び込み業者やインターネットで「火災保険を使わないともったいない!」「保険金を使って無料修理をします!」という言葉に惑わされて、詐欺計画に協力してはいけません

火災保険は自分で請求することができます。
請求方法はご自身の保険会社や代理店に問い合わせをすれば、誰でも簡単に可能です。

火災保険を自分で請求する方法は以下の通りです。

❶ 修理業者を探し、見積書・修繕前写真を作成してもらう

まずは、被害を確認するために修理見積もり修理前写真を業者に依頼しましょう。

修理業者はホームプロで修理業者を選ぶのがおすすめです!

ホームプロ8つのGood!
  1. リフォーム会社紹介サイト利用者数NO.1で、すでに80万人以上が利用している!
  2. 独自の無料保証で安心安全に任せられる!
  3. 全国対応が可能で、複数社から見積もりをもらえる!
  4. 利用者は匿名のまま電話連絡は一切なし!マイページでやり取りをすすめる!
  5. 初めてのリフォーム会社でも安心!過去に利用した施主から口コミを見れる!
  6. 信頼できる会社だけを厳選するため、独自の基準で審査定期審査を実施!
  7. (株)リクルート100%出資しており、300回以上メディアで紹介されている!
  8. 利用満足度90%以上が満足と回答!

ホームプロのホームページはコチラ!>>リフォーム会社、比べて、選べる。ホームプロ<<

「ホームプロ」の評判は?実績NO.1リフォーム紹介サイトを元損保社員が紹介!リフォーム紹介サイト「ホームプロ」について元損保社員が評判をまとめました。業界ナンバー1ですでに80万人以上が利用しています。その評判の良さから、新聞やテレビ・ラジオなどで300回以上紹介されており、リフォーム業界では知らない人がいない有名サイトです。ホームプロは評判の良い厳選されたリフォーム業者から複数の見積もりがとれるため、相見積もりを取りたい方は絶対利用したほうがいいサイトです!...

❷ 保険会社へ被害の連絡

見積書を作成すると同時に、保険会社もしくは代理店へ被害を申告しましょう。契約者氏名、保険証券番号、損害の内容、原因、見積書、写真の有無などを伝えることとなります。

❸ 保険会社から申請用紙が送られてくる

保険会社から申請書類が送られてきます。簡易的な書類から間取図を書く書類まで保険会社によって申請書類は様々です。

❹ 保険会社へ申請用紙・見積書・修繕前写真を送る

申請書類を記入したら、業者から取り寄せた見積書・写真と一緒に保険会社へ送りましょう!

❺ 保険会社から保険金が振り込まれる

保険会社が見積書を査定後、保険金が振り込まれます。見積書が高額であったり不具合がある場合は、現地鑑定があります。

火災保険を申請する方法は別記事で詳しくまとめています!火災保険申請代行業者は利用せずとも自分で申請できるため、是非自分で申請してください。

火災保険の申請方法を元損保社員が教えます|おすすめ業者紹介火災保険の申請方法について元損保社員がどこよりもわかりやすく簡単に教えます。火災保険の申請方法だけでなく、保険会社の対応やオススメの業者、おすすめの申請方も情報盛り沢山です。対象になる被災も記載しています。...

困ったら加入先の保険会社や保険代理店、消費生活センターに相談しよう!

もしも火災保険の給付詐欺に関わってしまったことが判明したら、すぐに契約している保険会社保険代理店に相談をしましょう。
今後、どのような対応をしたら良いかアドバイスをいただけるはずです。

また、悪徳業者と契約をしてしまった場合は、早急にクーリング・オフを行うことをおすすめします。
電話勧誘や訪問勧誘で保険請求代行・サポート契約をした場合、契約書が交付されてから8日間はクーリング・オフできます。
8日を過ぎていても契約書の交付がないときはクーリング・オフができます。

クーリング・オフについては消費者庁のホームページでも詳しく載っています。
もし困っている場合はお近くの消費生活センターへご相談ください。

まとめ:撲滅!火災保険給付金詐欺!

火災保険給付金の詐欺は法律上での取り締まりは、確たる証拠をつかまないと難しいため、利用者がいる限りは無くなりません。
当サイトをご覧いただいた方は、火災保険給付金詐欺に加担しないこと加担してしまったらすぐに保険会社や代理店、消費生活センターへ連絡をすることを守っていただけると幸いです。

火災保険は本当に被害に遭った場合に保険金が下りる保険です。
実際に被害に遭ったのであれば、自分で保険会社や代理店に連絡をし、自分で保険請求をしましょう。
ちゃんとした被害であれば、保険会社も寄り添った対応をしていただけるはずです。

もし火災保険を探しているのであれば、火災保険一括見積サイトがおすすめです。是非ご活用ください。

国内最大の火災保険見積もり比較サイトを紹介!

ここ毎年火災保険は改悪の一途を辿っており、2022年には全国平均で10.9%火災保険料が値上がりし、長期契約が最長10年から5年に短縮されることを皆さんご存知ですか?
値上がりの前に火災保険の見直しとして、無料火災保険一括見積もり比較サイトでご紹介したいのが、CMでもお馴染みの「保険見直し本舗」が運営している日本最大級の見積もり・診断サービス「保険スクエアbang!」です。

とりあえず火災保険無料見積もりをとってみたい方におすすめです!

保険スクエアbang!のホームページはコチラ>>火災保険の無料診断ならコチラから!<<

6つのGoodポイント!
  1. 10年以上にわたって120万件の契約実績があり、日本最大級保険比較サイト
  2. CMでも知られている業界トップクラスの「保険見直し本舗」が運営!
  3. 国際規格ISO27001を取得しており、個人情報もしっかり守られる!
  4. しつこいセールスがない!主に保険見直し本舗からの連絡!
  5. たった30秒の入力で火災保険料の見積もりが可能!
  6. 火災保険のプロアドバイザーが何度でも無料診断してくれる!

保険スクエアbang!のホームページはコチラ>>火災保険の無料診断ならコチラから!<<

最大手比較サイト保険スクエアbangの評判は?実績トップクラスの理由を説明します!保険スクエアbang!は火災保険比較サイトとしても最大手のサービスです。10年以上にわたって累計利用者が650万人、契約件数120万件以上と実績も十分です。火災保険のプロアドバイザーが無料診断してくれ、たった3分の入力で火災保険料の見積もりが可能です。...

ABOUT ME
元損保社員のつぶやき編集部
【経歴】2012年に損害保険会社に中途入社⇨火災保険損害サービス課で8年間勤務⇨損害保険会社を退職後、実家を継ぐ【資格】ファイナンシャルプランナー2級/アフィリエイテッドファイナンシャルプランナー(AFP)
関連記事 RELATED POST