申請代行サービス

【驚愕】火災保険申請代行の成功報酬の実態は?元損保社員が斬る

「火災保険の申請代行サービス」ってみなさんご存知ですか?
火災保険申請代行及び火災保険申請サポートとは、火災保険請求・申請を見積もり作成から保険会社対応、書類の書き方まで教えてくれる画期的なサービスです。
電話対応のみしている会社から業者手配までしている業者まで「火災保険申請サービス」といっても様々な業態があります。
しかしその成功報酬はとんでもないものになっています。

火災保険専任担当の元損保社員でファイナンシャルプランナーの筆者が火災保険申請代行会社の成功報酬の実態について徹底解説していきます。

火災保険申請代行サービスは成功報酬が高すぎる!

火災保険の申請代行サービスの平均成功報酬は30%〜50%

火災保険申請代行サービスの平均した成功報酬は30%〜50%といわれています。
これ、詳しくお話しすると、例えば支払われた額が100万円だったとしたら最大50万円を成功報酬として火災保険申請代行サービスに支払わなければならないわけです。(下記図参考)
つまり残った50万円で修理をしなければならないため、非常に理不尽な状況に陥ってしまいます。

保険会社はもちろんちゃんとした修理として100万円を渡しているわけです。
そのため、残りの50万円で修理をしようと思うと、普通に考えたら「半分の工事になる」か「工事が雑になる」のどちらかです。

こんなことなら普通に自分で火災保険を申請した方がよっぽどマシです。
なぜなら100万円の保険金を丸ごともらえるわけなんで。

見積もりを作って、申請を代行しただけで、そんなにもらえるなんて、いい商売だね。

実は見積書も資格のないバイトが写真を撮って、適当な見積書を渡している会社もあります。

火災保険申請代行サービスの完全成功報酬型のトリックとは?

完全成功報酬型は結局身銭を切ることになる

火災保険申請代行サービスの謳い文句の一つ。それが「完全成功報酬型」です。
簡単に説明すると「成功すれば報酬を貰うけど、失敗したら一切お金は取りませんよ」ということです。
完全成功報酬型は意外に消費者のツボを抑えており、「まあ一回試しにやってみるか、無料だし」と思っている利用してもいいのではと思われている方、非常に多いのではないのでしょうか。

しかし、先ほどの例を参考にすると、成功報酬で支払った50万円は本当であれば自分のお金になったものです。(下記図参考)
100万円は保険会社から支払われたものであるため、自分のお金ではないと錯覚し、成功報酬として50万円を払うことに躊躇いなく支払えるわけです。

自分で申請していれば修理代としてもらえた保険金は、全てあなたのお金です。あなたが全て保険金を受け取り修理を検討するべきだと思いませんか。

なんだかとても損している気がするんだけど・・・

成功報酬を貰わない火災保険申請代行サービスのトリックとは?


よく「弊社はコンサルティング料をいただきせん」を謳い文句に売り出している申請代行会社がありますが、見積金額にコンサルティング料を含めて保険会社に申請することで「隠れコンサルティング料」を申請会社がもらう仕組みになっています。

先ほどの例でいくと、保険会社から100万円が貰えたため、そのまま100万円で修理を火災保険申請代行サービスに依頼します。
それを受けた火災保険申請代行サービスが自分の取り分をもらい、残りの50万円で連携している修理業者に依頼するという仕組みです。(下記図参考)

とくにこのタイプの火災保険申請代行サービスは必ず「修理はうちの業者やってください」という契約があります。これは隠れコンサルティング料が発生しているからです。

\火災保険をさらに安くきちんとした補償に/

⧁火災保険の無料見積をする

※保険見直し本舗が運営の国内最大級一括見積サイトへリンク

成功報酬を払ってまで、火災保険申請サポートを利用するべき?

当サイトでは一貫して成功報酬を払ってまで、火災保険申請サポート会社を利用するのは反対しています。
前述でお伝えした通り、火災保険申請サポートを利用すると成功報酬というお金を支払わなければなりません。

そのため、本当は100万円保険会社から貰えたとしても、火災保険申請サポート会社に50万円支払うことで、実際は50万円しか貰えないという場合があります。
また成功報酬以外にも、デメリットがあります。

  • 実際に修理してくれるのか?また修理をどんな会社が引き受けるのか?
  • チェック対象となり見積書が大幅に削減される!

成功報酬以外の問題(1):実際にちゃんと修理してくれるのか?

火災保険申請サポート会社の成功報酬以外の問題は、実際の修理がどうなるのかという点です。
中には成功報酬だけをもらって、修理はしないという火災保険申請サポートもあります。

もしも実際修理するとなったとしても、大事なご自宅です。
「本当に任せられる業者なのか」「成功報酬で抜かれた分、安い部材を使われないか」という点も含めて、本当に火災保険申請代行に頼むべきか検討するべきと考えます。

成功報酬以外の問題(2)チェック対象となり見積書が大幅に削減される!

火災保険申請サポートを利用されると大幅に見積額が減額する可能性があります。
火災保険申請サポートが作成した見積額が非常に高額に設定されており、保険会社から火災保険申請代行サービスはマークされているため、保険金支払いの際にチェックを受ける対象になっていきます。

また、火災保険申請サポート会社は保険会社が把握しており、「どのような見積書式で」「どのような業態で」といった細かい内容をブラックリスト化し登録しています。
ブラックリストに登録されている会社は全てチェック対象となるため、本当に火災保険申請代行に頼むべきか検討するべきでしょう。

自分で火災保険を申請する方法!

火災保険の申請サポート業者を利用することは圧倒的に消費者不利です。
火災保険については申請代行や申請サポート業者を利用せずとも、自分で請求することができます。

❶ 修理業者を探し、見積書・修繕前写真を作成してもらう

まずは、被害を確認するために修理見積もり修理前写真を業者に依頼しましょう。

修理業者はホームプロで修理業者を選ぶのがおすすめです!

ホームプロ8つのGood!
  1. リフォーム会社紹介サイト利用者数NO.1で、すでに80万人以上が利用している!
  2. 独自の無料保証で安心安全に任せられる!
  3. 全国対応が可能で、複数社から見積もりをもらえる!
  4. 利用者は匿名のまま電話連絡は一切なし!マイページでやり取りをすすめる!
  5. 初めてのリフォーム会社でも安心!過去に利用した施主から口コミを見れる!
  6. 信頼できる会社だけを厳選するため、独自の基準で審査定期審査を実施!
  7. (株)リクルート100%出資しており、300回以上メディアで紹介されている!
  8. 利用満足度90%以上が満足と回答!

\80万人以上が利用したリフォーム会社紹介NO.1サイト/

>>リフォーム会社を比較する

※ホームプロ公式ホームページへリンク

「ホームプロ」の評判は?実績NO.1リフォーム紹介サイトを元損保社員が紹介!リフォーム紹介サイト「ホームプロ」について元損保社員が評判をまとめました。業界ナンバー1ですでに80万人以上が利用しています。その評判の良さから、新聞やテレビ・ラジオなどで300回以上紹介されており、リフォーム業界では知らない人がいない有名サイトです。ホームプロは評判の良い厳選されたリフォーム業者から複数の見積もりがとれるため、相見積もりを取りたい方は絶対利用したほうがいいサイトです!...

❷ 保険会社へ被害の連絡

見積書を作成すると同時に、保険会社もしくは代理店へ被害を申告しましょう。契約者氏名、保険証券番号、損害の内容、原因、見積書、写真の有無などを伝えることとなります。

❸ 保険会社から申請用紙が送られてくる

保険会社から申請書類が送られてきます。簡易的な書類から間取図を書く書類まで保険会社によって申請書類は様々です。

❹ 保険会社へ申請用紙・見積書・修繕前写真を送る

申請書類を記入したら、業者から取り寄せた見積書・写真と一緒に保険会社へ送りましょう!

❺ 保険会社から保険金が振り込まれる

保険会社が見積書を査定後、保険金が振り込まれます。見積書が高額であったり不具合がある場合は、現地鑑定があります。

火災保険を申請する方法は別記事で詳しくまとめています!火災保険申請代行業者は利用せずとも自分で申請できるため、是非自分で申請してください。

火災保険の申請方法を元損保社員が教えます|おすすめ業者紹介火災保険の申請方法について元損保社員がどこよりもわかりやすく簡単に教えます。火災保険の申請方法だけでなく、保険会社の対応やオススメの業者、おすすめの申請方も情報盛り沢山です。対象になる被災も記載しています。...

まとめ:成功報酬型という言葉に騙されてはいけない

あなたが保険料を払っているんだから、保険金はあなたのもの

保険料を支払っているのは契約者であるあなたです。最終決定権は全てあなたにあります。
「別に保険会社が損するだけだからいいじゃん」ではなく最終的に損するのは火災保険申請代行サービスを利用したあなたが損をしてしまいます。

私自身は損保社員として退職をしているため、自分の保険会社がどうなろうが気にしていませんが、火災保険申請代行サービスについては言葉を鵜呑みにされている方へ少しでも助言ができればと思います。

損保会社は大きくこのサービスを大きく否定できない状況なのは、このサービスがまだ法律上グレーゾーンであるためです。
しかし、国民生活センターや日本損害保険協会、消費者庁へのトラブル連絡が増加傾向であるため、大きな進展があることを切に願っています。

火災保険申請代行は違法?元損保社員がおすすめできない4つの理由 ここでは、「火災保険申請代行業者・火災保険申請サポート業者」について解説していきます。 火災保険申請サービスとは、火災保険請求・...

国内最大の火災/地震保険見積もり比較サイトを紹介!

ここ毎年火災保険は改悪の一途を辿っており、2022年10月には全国平均で10.9%火災保険料が値上がりし、長期契約が最長10年から5年に短縮されることを皆さんご存知ですか?

値上がりの前に火災保険の見直しとして、無料火災保険一括見積もり比較サイトでご紹介したいのが、CMでもお馴染みの「保険見直し本舗」が運営している日本最大級の見積もり・診断サービス「保険スクエアbang!」です。

とりあえず火災保険無料見積もりをとってみたい方におすすめです!

保険スクエアbang!のホームページはコチラ>>火災保険の無料診断ならコチラから!<<

6つのGoodポイント!
  1. 10年以上にわたって120万件の契約実績があり、日本最大級保険比較サイト
  2. CMでも知られている業界トップクラスの「保険見直し本舗」が運営!
  3. 国際規格ISO27001を取得しており、個人情報もしっかり守られる!
  4. しつこいセールスがない!主に保険見直し本舗からの連絡!
  5. たった30秒の入力で火災保険料の見積もりが可能!
  6. 火災保険のプロアドバイザーが何度でも無料診断してくれる!

“無料”“何度”でも診断できる/

⧁火災保険の無料見積をする

※保険スクエアbang!公式ホームページへリンクします。

最大手比較サイト保険スクエアbangの評判は?実績トップクラスの理由を説明します!保険スクエアbang!は火災保険比較サイトとしても最大手のサービスです。10年以上にわたって累計利用者が650万人、契約件数120万件以上と実績も十分です。火災保険のプロアドバイザーが無料診断してくれ、たった3分の入力で火災保険料の見積もりが可能です。...

ABOUT ME
元損保社員のつぶやき編集部
【経歴】2012年に損害保険会社に中途入社⇨火災保険損害サービス課で8年間勤務⇨損害保険会社を退職後、実家を継ぐ【資格】ファイナンシャルプランナー2級/アフィリエイテッドファイナンシャルプランナー(AFP)