申請代行サービス

【驚愕】火災保険申請代行の成功報酬の実態は?元損保社員が斬る

「火災保険の申請代行サービス」ってみなさんご存知ですか?
火災保険申請サービスとは、火災保険請求・申請を見積もり作成から保険会社対応、書類の書き方まで教えてくれる画期的なサービスです。
電話対応のみしている会社から業者手配までしている業者まで「火災保険申請サービス」といっても様々な業態があります。
しかしその成功報酬はとんでもないものになっています。

火災保険専任担当の元損保社員でファイナンシャルプランナーの筆者が火災保険申請代行会社の成功報酬の実態について徹底解説していきます。

火災保険申請代行サービスは成功報酬が高すぎる!

火災保険の申請代行サービスの平均成功報酬は30%〜50%

火災保険申請代行サービスの平均した成功報酬は30%〜50%といわれています。
これ、詳しくお話しすると、例えば支払われた額が100万円だったとしたら最大50万円を成功報酬として火災保険申請代行サービスに支払わなければならないわけです。(下記図参考)
つまり残った50万円で修理をしなければならないため、非常に理不尽な状況に陥ってしまいます。

保険会社はもちろんちゃんとした修理として100万円を渡しているわけです。
そのため、残りの50万円で修理をしようと思うと、普通に考えたら「半分の工事になる」か「工事が雑になる」のどちらかです。

こんなことなら普通に自分で火災保険を申請した方がよっぽどマシです。
なぜなら100万円の保険金を丸ごともらえるわけなんで。

見積もりを作って、申請を代行しただけで、そんなにもらえるなんて、いい商売だね。

実は見積書も資格のないバイトが写真を撮って、適当な見積書を渡している会社もあります。

火災保険申請代行サービスの完全成功報酬型のトリックとは?

完全成功報酬型は結局身銭を切ることになる

火災保険申請代行サービスの謳い文句の一つ。それが「完全成功報酬型」です。
簡単に説明すると「成功すれば報酬を貰うけど、失敗したら一切お金は取りませんよ」ということです。
完全成功報酬型は意外に消費者のツボを抑えており、「まあ一回試しにやってみるか、無料だし」と思っている利用してもいいのではと思われている方、非常に多いのではないのでしょうか。

しかし、先ほどの例を参考にすると、成功報酬で支払った50万円は本当であれば自分のお金になったものです。(下記図参考)
100万円は保険会社から支払われたものであるため、自分のお金ではないと錯覚し、成功報酬として50万円を払うことに躊躇いなく支払えるわけです。

自分で申請していれば修理代としてもらえた保険金は、全てあなたのお金です。あなたが全て保険金を受け取り修理を検討するべきだと思いませんか。

なんだかとても損している気がするんだけど・・・

成功報酬を貰わない火災保険申請代行サービスのトリックとは?


よく「弊社はコンサルティング料をいただきせん」を謳い文句に売り出している申請代行会社がありますが、見積金額にコンサルティング料を含めて保険会社に申請することで「隠れコンサルティング料」を申請会社がもらう仕組みになっています。

先ほどの例でいくと、保険会社から100万円が貰えたため、そのまま100万円で修理を火災保険申請代行サービスに依頼します。
それを受けた火災保険申請代行サービスが自分の取り分をもらい、残りの50万円で連携している修理業者に依頼するという仕組みです。(下記図参考)

とくにこのタイプの火災保険申請代行サービスは必ず「修理はうちの業者やってください」という契約があります。これは隠れコンサルティング料が発生しているからです。

まとめ:成功報酬型という言葉に騙されてはいけない

あなたが保険料を払っているんだから、保険金はあなたのもの

保険料を支払っているのは契約者であるあなたです。最終決定権は全てあなたにあります。
「別に保険会社が損するだけだからいいじゃん」ではなく最終的に損するのは火災保険申請代行サービスを利用したあなたが損をしてしまいます。

私自身は損保社員として退職をしているため、自分の保険会社がどうなろうが気にしていませんが、火災保険申請代行サービスについては言葉を鵜呑みにされている方へ少しでも助言ができればと思います。

損保会社は大きくこのサービスを大きく否定できない状況なのは、このサービスがまだ法律上グレーゾーンであるためです。
しかし、国民生活センターや日本損害保険協会、消費者庁へのトラブル連絡が増加傾向であるため、大きな進展があることを切に願っています。

火災保険申請代行は違法?元損保社員がおすすめできない4つの理由 ここでは、「火災保険申請代行サービス・火災保険請求代行サービス」について解説していきます。 火災保険申請サービスとは、火災保険請...

【無料】非対面で火災保険を一括見積りする!【コロナ時代だからこそ】

元損保社員FP

元損保社員でファイナンシャルプランナーのキューピーが火災保険の比較サイトを徹底解説しています。是非、下記緑囲み元損保社員が教えたい火災保険一括見積もりサイト3選」をご覧ください!

元損保社員が教えたい火災保険一括見積サイト3選|デメリットも元損保社員が教えたい火災保険を無料で比較できるサイトを紹介しています。実際に比較サイトを利用し、レビューも含んでいます。上位3社をピックアップしているため、3社のメリット、デメリットも紹介しています。ファイナンシャルプランナーの立場からも是非活用して欲しいです。...

ウェブクルー
10年以上にわたって120万件の契約実績がある最大手火災保険の無料見積もり比較サイト
>>火災保険の無料診断サービス

インズウェブ
業界トップクラス!最大16社が見積が取れ、SBIが運営する20年近く運営している老舗比較サイト
>>火災保険を比較する

住宅本舗
お客様満足度92%・商品40商品からあなたにピッタリの火災保険を!今急成長中の比較サイト
>>火災保険の見直しで家計を節約