ココだけ火災保険情報

こんな火災保険ブログには気をつけろ!元損保社員が教えたい良ブログ

はじめに:火災保険ブログを始めたきっかけ!

はじめまして。本サイトを運営している元損保社員です。

今回はエッセイも含めつつ「こんな火災保険ブログには気をつけろ」について書いていこうと思っています。

私自身、現在「火災保険についてのブログ」を2サイト運営しており、損害保険会社では働いていたころは8年火災保険を専任で取り扱ってきました。

そんな私が火災保険ブログを始めたきっかけは、

  • 火災保険が世間から間違った認識をされている。
  • 間違った記載をされているサイトが世の中に蔓延っている。

こんなことに気づいたからです。

ちょっとした間違いじゃなく、大きな間違い(グレーゾーン)の話がネット上に広がっていることに憤りを感じました。

こんな火災保険ブログには気をつけろ!

火災保険ブログにはさまざまな運営母体がいらっしゃいますが、主に下記の業態の方が書いた火災保険ブログには注意が必要です。

  1. 火災保険申請代行サービスが運営している火災保険ブログ
  2. 修理業者が運営している火災保険ブログ

すべてが全て悪いとは言いませんが、鵜呑みにするのはよくないです。(当ブログも含め)

火災保険申請代行が運営している火災保険ブログ

火災保険申請代行サービスとは、火災保険請求・申請を見積もり作成から保険会社対応、書類の書き方まで教えてくれる画期的なサービスです。

電話対応のみしている会社から業者手配までしている業者まで「火災保険申請サービス」といっても様々な業態があります。

火災保険申請代行サービスについて詳しくは別記事でまとめているため、そちらをご覧ください。

火災保険申請代行は違法?元損保社員がおすすめできない4つの理由 ここでは、「火災保険申請代行業者・火災保険申請サポート業者」について解説していきます。 火災保険申請サービスとは、火災保険請求・...

そんな火災保険申請代行サービスが運営している火災保険ブログはやはり注意が必要です。

なぜなら、

  1. 自分たちの契約にしたいため、都合の悪いことは絶対に書かない
  2. 保険金が支払えない内容でも支払えると誤った記載
  3. ひどいサイトだと損害保険会社が嘘をついているように内容をまとめる
  4. とにかく利益優先で物事を書いている

火災保険申請代行サービスは当たり前ですが、ビジネスでサイト運営しています。

そのため、誤った内容でもまるで正しいかのように内容を記載していたり、損害保険会社が保険金を払わないように嘘をついているかのような記載が見受けられます。

保険会社が嘘をつき保険金を支払わないと、「不払い」として金融庁の監査で引っかかります。担当者判断で嘘をつき保険金を払わないということはありえません。

消費者庁や、国民生活センターが火災保険申請代行サービスに注意喚起をしており、多くの火災保険申請代行サービスは「うちの会社はそんな会社じゃない」「うちは他の会社と一線を画している」と発信していますが、正直どんぐりの背比べというか(失礼)、あまり違いはありません。

火災保険申請代行サービスが運営している火災保険についてブログやサイトの内容は、注意が必要です。

火災保険申請代行サービスを全て悪いとはいいませんが、非常にグレーゾーンであることは理解していたほうが良いです。

修理業者が運営している火災保険ブログ

先ほどの火災保険申請代行サービスが運営している火災保険ブログよりは信用度が高いですが、修理業者もピンキリで、火災保険申請代行サービスと手を組んでいる業者もあります。

本当に信用のおける業者ももちろんいますが、ネット上では信用のおける業者がわかりません。

やはり、修理業者もビジネスの絡みがあるため、注意が必要です。

修理業者の火災保険ブログは「こんなケースで火災保険で直せました」というものが多い印象です

こんな火災保険ブログを参考にするべき!

では、どんな火災保険ブログが正しい情報が掲載されているのでしょうか。
賛否両論ありますが、以下の2つを今回は参考にすべきブログとして挙げさせていただきます。

  1. 保険募集人または代理店管理会社が運営している火災保険ブログ
  2. 第三者立場でどちらにも属していない火災保険ブログ

\火災保険さらに安くきちんとした補償に/

⧁ 火災保険の無料見積をする
※保険見直し本舗運営の一括見積サイトへリンク

保険募集人または代理店、管理会社が運営している火災保険ブログ

火災保険ブログにおいて、やはり一番優秀なのは代理店や保険募集人・管理会社が運営しているブログです。

火災保険の制度にも精通しており、ほぼ間違いのない内容が書かれています。

しかし、デメリットは自分が委託されている損害保険会社を良いように書く傾向があり第三者的な立場で書かれていないこともあるため、注意が必要です。

もちろん日々火災保険に接しているため、詳しい内容が書かれていることが多いです。

第三者立場でどこにも属していない火災保険ブログ

火災保険について一番第三者的立場で見れているのが、やはり消費者(契約者)の火災保険ブログです。

これは正直人によるというか、もちろん間違っている内容が書かれていることもありますが、面白い内容で火災保険について判断されている火災保険ブログもあり、私も参考になることが多いです。

正しい事と間違っていることを判断する力は要りますが、消費者の立場でわかりやすくなっているものも多くおすすめ!

おわりに:じゃあお前の火災保険ブログはどうなんだ!

当サイトは元損保社員で火災保険専任担当、現在は代理店委託など一切されていない保険とは別の仕事をしている筆者が運営している火災保険ブログです。

ここまでくると「お前のブログのアピールをするな」と怒られそうですが、比較的まともにまとめているつもりです。

しかし、もちろん日々勉強をしていますが間違っていることがあれば、第三者的立場で見れていない部分があるかも知れません。

私のブログも参考にしつつ、様々な火災保険ブログを読んで知識を深めてみてはいかがでしょうか?

火災保険は2022年10月に最大の値上げ!見直しが必須!

火災保険ってよくわからないし、今のままでいいかな~!

ちょっと待った!!
年々、火災保険は値上がりをしていることをご存知ですか?

ここ毎年火災保険は改悪の一途を辿っており、2022年10月には保険料の目安となる「参考純率全国平均で10.9%火災保険料が値上がりし、長期契約が最長10年から5年に短縮されることを皆さんご存知ですか?
今後も住宅部材の値上げや円安の影響で保険料は値上がりするという可能性が高く、火災保険は見直しが必須となりそうです。

保険料ってそんなに上がっているんだ!
でも、火災保険の見直しって何をどうすればいいの?

火災保険の見直しとしておすすめなのが『無料の火災保険一括見積もり比較サイト』です!最大で10万円保険料が安くなる方もいます!

保険一括見積比較サイトとは?
  • 一括見積比較サイトなら、何社もまとめて見積もりできる!
  • 直接会う必要がないからコロナ禍でも安心!
  • 無料で何度でも依頼でき、5分程で登録ができる!

火災保険一括見積比較サイトを厳選比較してみた!

一括見積
サイト名
保険スクエアbang!インズウェブ住宅本舗
元損保社員
コメント
初めての方はここ!運営会社が安心!提携社数が多い!
おすすめ
ポイント
•常駐する火災保険アドバイザーに無料で相談が可能。
•最大26商品から選ぶことができ、CMでもお馴染みの「保険見直し本舗」のグループ会社が運営。
•最大15社から見積もりが可能。
•マネックス証券やSBI損保でお馴染みの「SBIホールディングスグループ会社」が運営。
•提携社数が最も多く、最大16社から見積もり可能。
•現在の保険証券や他社の見積画像を添付できるため、より詳細な提案を受けることができる
取扱社数
(ミニ保険含)
最大7社最大15社最大16社
送られてくる
見積書数
平均1~5社平均1~5社平均1~5社
運営会社保険見直し本舗運営会社ウェブクルーSBIホールディングス株式会社A2Z
見積日数最短即日最短即日最短即日
公式リンク⧁公式ホームページ⧁公式ホームページ⧁公式ホームページ

取扱会社すべてから見積書が届くわけではなく、1比較サイトにつき1~5社程度の見積書が作られます!
そのため、比較サイトに複数登録しても問題ありません。

まずは保険スクエアbang!で見積もりしてみよう!

初めての無料の火災保険一括見積比較サイトで特におすすめしたいのが、CMでもお馴染みの「保険見直し本舗」が運営している見積もり・診断サービス「保険スクエアbang!」です。

5つのGoodポイント!
  1. 常駐のアドバイザーが何度でも無料診断してくれる!【他社にはない】
  2. 大型ショッピングモールにも入っている「保険見直し本舗」が運営!
  3. 国際規格ISO27001を取得しており、個人情報もしっかり守られる!
  4. しつこいセールスがない!主に保険見直し本舗からの連絡!
  5. たった30秒の入力で火災保険料の見積もりが可能!

火災保険のプロアドバイザーから話を聞けるのはここだけだから初めての方におすすめ!気になった人は下のボタンをクリックしてね♪

“無料”“何度”でも診断できる/

⧁火災保険の無料見積をする
※保険スクエアbang!公式ホームページへリンク

最大手比較サイト保険スクエアbangの評判は?実績トップクラスの理由を説明します!保険スクエアbang!は火災保険比較サイトとしても最大手のサービスです。10年以上にわたって累計利用者が650万人、契約件数120万件以上と実績も十分です。火災保険のプロアドバイザーが無料診断してくれ、たった3分の入力で火災保険料の見積もりが可能です。...

ABOUT ME
元損保社員のつぶやき編集部
【経歴】2012年に損害保険会社に中途入社⇨火災保険損害サービス課で8年間勤務⇨損害保険会社を退職後、実家を継ぐ【資格】ファイナンシャルプランナー2級/アフィリエイテッドファイナンシャルプランナー(AFP)
関連記事 RELATED POST