ココだけ火災保険情報

家財保険の相場は?おすすめの家財保険を元損保社員が教えます!

火災保険専任担当の元損保社員でファイナンシャルプランナーの筆者が「家財保険の相場」と「おすすめの家財保険の契約方法」について徹底解説していきます。

家財保険とは?

家財保険は火災保険の建物保険と違い、室内の家具や家電、衣類を補償する保険です。

浴槽や調理台、ふすま、エアコンなどは建物に該当しているため、家財保険は対象外となります。

家財の被害は火災から水濡れ、盗難など被害は多様になるため、多少なりとも契約することをおすすめします。

家財保険はどこまで対象になるのかわからんな…

簡単に考えると「引っ越しで動かせるもの」が家財補償されます。詳しくはそれぞれの火災保険で内容が変わっていくため、問い合わせていただいたほうがいいですね!

持ち家の人は家財保険に契約している?

持ち家にお住まいの場合、補償対象を「建物保険のみ」「家財保険のみ」「建物保険+家財保険」の3つから選択できます。

そのため、火災保険に契約していたとしても「建物保険のみ」を選んでいる場合は、家財が補償されていない状況になっています。

特に、住宅ローンを組む際に火災保険に契約している場合は、家財保険を一緒に組んでない場合が多く、“気づいたら家財保険に契約していなかった!“という場合があります。

賃貸住宅は入居時の家財保険が高い!

賃貸住宅の場合は、特に家財保険が必須になります。
賃貸住宅の入居契約時に火災保険への加入を条件にしているところがほとんどであり、建物については、所有者(家主)が加入しています。

賃貸住宅は他にも借家人賠償責任保険個人賠償責任保険といった家主や階下への賠償保険を契約しなければ、自己負担になってしまう場合もあり、注意が必要です。

また、入居時に契約をした家財保険は保険金額が高い場合が多く、家財保険の見直しをすることをおすすめします。

見直しをするのであれば、火災保険一括見積サイトで見積もりをつくってみてもいいかもしれません!

火災保険一括見積サイトの詳細は>>火災保険の無料診断ならコチラから! <<

借家人賠償責任保険とは?

借家人賠償責任保険とは、偶然の事故で借りている部屋に損害を与えてしまったとき、部屋の持ち主である大家さんに対する損害を賠償するということです。借家人賠償責任保険で補償されるのは「火災、破裂・爆発、水ぬれ」などを起こしたときで、それ以外の場合や故意の事故などは補償されません。

個人賠償責任保険とは?

個人賠償責任保険とは個人またはその家族が、日常生活で他人にケガをさせてしまったり、他人の物を壊してしまったりして法律上の損害賠償責任を負ったときなどに対応する保険として、事故によって発生した費用などを補償してくれます。

家財保険は本当に必要なのか?

家財保険ってなんか無駄な気がするけど、本当に必要な保険なの

家財保険は物をもっていない人以外は絶対にいります!

例えば、お隣にお住まいの方が火をだしてしまい、自宅が燃え家財が消失してしまった場合、お隣が賠償してくれることはありません。

日本には失火法という法律があり、火を出した人がわざと火をつけたなど「重過失」に問われない限り、賠償責任が生じないからです。

また、盗難で家から物が盗まれたり、はたまた家財を子供が壊してしまったりといったちょっとしたことも家に住んでいる起こり得ます。

しかし、これらは家財保険に契約してる場合、すべて補償対象となります。

自宅で起きた被害は自己責任の場合が非常におおく家財を守るのは自分自身となるため、家財保険(火災保険)は絶対に契約することをおすすめします。

家財の保険金額の相場

家財保険の保険金額の相場はそれぞれの損害保険会社により決められていますが、平均は以下の通りです。

23歳二人暮らしの私は平均500万円くらいか!

この金額はあくまで家財保険の平均額です。ご自身で保険金額は変更することができます。

家財の保険はどこまで減らせる?

例えば、20代の二人世帯の場合、保険金額500万円は少し高い印象があります。

家財保険の最低金額と言われているのは300万円ともいわれています。
ただし、意外に電化製品や衣類は高くつくため、家財保険の保険金額を減らしすぎるのも決して良くはありません。

大雑把に主な家電や家具の金額を見積もって調整したほうが保険料も抑えられます。

もし、家財保険の保険金額を減らしたい場合は、大きく減らしたとしても300万円~200万円程度に抑えましょう。

あまりにも減らしすぎると、火災で家が全焼した場合、家財を実費で購入しなければなりません。

なぜ、家財保険を減らしたとしても300万円~200万円までなの?

複数の火災保険や共済を見比べると、家財保険の目安表の相場が300万円~200万円程度誤差があるため、あくまで自己責任になりますが、保険金額を減らすことも良いでしょう。

おすすめの家財保険を教えたい!

おすすめの家財保険なんてあるの?

おすすめは県民共済やこくみん共済(全労済)といった共済系や楽天損保やソニー損保といったダイレクト損保もおすすめですよ!詳しい内容は私の有料noteでまとめているため、そちらをご覧ください。

あなたにあった家財保険の探し方!

家財保険ってたくさんあってどんな家財保険がいいかわからないな…

家財保険を探すならダイレクト損保であれ、大手損保であれ、まずは火災保険一括見積サイトで見積もりを取ると良いです。

数多くの火災保険一括見積サイトがある中で、私はインズウェブの火災保険一括見積サイト「保険スクエアbang!」をおすすめします!

「保険スクエアbang!」は10年以上にわたって120万件の契約実績がある最大手無料見積もり比較サービスです。

保険スクエアbang!の詳細は>>火災保険の無料診断ならコチラから! <<

利用方法は簡単で、自宅の築年数や購入金額を簡易的に入力するだけです。

また、「保険スクエアbang!」は火災保険のプロアドバイザーが無料診断してくれ、グループ会社としては2000人以上いる大企業が運営しているサイトだから安心できます♪

「保険スクエアbang!」や他比較サービスは別記事でまとめているため、そちらをご覧ください。

元損保社員が教えたい火災保険一括見積サイト3選|デメリットも元損保社員が教えたい火災保険を無料で比較できるサイトを紹介しています。実際に比較サイトを利用し、レビューも含んでいます。上位3社をピックアップしているため、3社のメリット、デメリットも紹介しています。ファイナンシャルプランナーの立場からも是非活用して欲しいです。...

国内最大の火災保険見積もり比較サイトを紹介!

ここ毎年火災保険は改悪の一途を辿っており、2022年には全国平均で10.9%火災保険料が値上がりし、長期契約が最長10年から5年に短縮されることを皆さんご存知ですか?
値上がりの前に火災保険の見直しとして、無料火災保険一括見積もり比較サイトでご紹介したいのが、CMでもお馴染みの「保険見直し本舗」が運営している日本最大級の見積もり・診断サービス「保険スクエアbang!」です。

とりあえず火災保険無料見積もりをとってみたい方におすすめです!

保険スクエアbang!のホームページはコチラ>>火災保険の無料診断ならコチラから!<<

6つのGoodポイント!
  1. 10年以上にわたって120万件の契約実績があり、日本最大級保険比較サイト
  2. CMでも知られている業界トップクラスの「保険見直し本舗」が運営!
  3. 国際規格ISO27001を取得しており、個人情報もしっかり守られる!
  4. しつこいセールスがない!主に保険見直し本舗からの連絡!
  5. たった30秒の入力で火災保険料の見積もりが可能!
  6. 火災保険のプロアドバイザーが何度でも無料診断してくれる!

保険スクエアbang!のホームページはコチラ>>火災保険の無料診断ならコチラから!<<

最大手比較サイト保険スクエアbangの評判は?実績トップクラスの理由を説明します!保険スクエアbang!は火災保険比較サイトとしても最大手のサービスです。10年以上にわたって累計利用者が650万人、契約件数120万件以上と実績も十分です。火災保険のプロアドバイザーが無料診断してくれ、たった3分の入力で火災保険料の見積もりが可能です。...

ABOUT ME
記事執筆:peya
【経歴】2012年に損害保険会社に中途入社⇨火災保険損害サービス課で8年間勤務⇨損害保険会社を退職後、実家を継ぐ【資格】ファイナンシャルプランナー2級/アフィリエイテッドファイナンシャルプランナー(AFP)
関連記事 RELATED POST