ココだけ火災保険情報

家財保険100万円は少ない?元損保社員が徹底解説

家財保険は最低限の補償しか必要ないから、補償額を100万円で契約したいという方いらっしゃると思います。家財保険を100万円に設定するのはかなり少ないように見えますが、実際のところはどうなのでしょうか?

本記事のまとめ!
  • 家財保険100万円は少ない?
  • 1人暮らしの場合でも家財保険100万円は少ない?
  • 絶対に家財保険100万円にしてはいけない人とは?

元損保社員が「家財保険100万円は少ないのか?」について解説します。

家財保険100万円は少ないのか?

身の回りの持ち物を守るため契約する「家財保険」ですが、補償額を100万円にするのは少ないですか?という質問を先日受けました。

結論から申し上げると“家財保険100万円は少ない”です。
というよりも、家財保険を100万円では少なすぎて契約できないケースもあるほど、「家財保険100万円は少ない」というのは保険会社の共通認識と言えます。

最低いくらで家財保険をかけるべき?

家財保険は最低補償額を300万円にしている保険会社もあり、保険会社としては「最低300万円は必要」という認識です。
ただし、必要な補償額は各世帯により違うため、家財簡易評価表で確認するのをおすすめします。
家財簡易評価表とはそれぞれの保険会社が独自で目安を決めており、主に年齢と家族構成で家財の一般的な評価額が確認できます。

上記の表をご覧いただくと、家財の評価額300万円は独身世帯(1人世帯)の一般的な評価額となっています。
100万円はこの表で確認することはできないほど、家財保険100万円の補償は考えられていません。

家財保険300万円論争、500万円論争は以下記事でまとめています!

家財保険で300万円は少ない?元損保社員が徹底解説家財保険は300万円では少ないのか、十分なのか将又掛けすぎなのかについて元損保社員が徹底解説しています。家財保険の保険金は自分で決めることができるため、保険金をいくらにするか迷われる方も多いと思います。家財保険の保険金額300万円は少ない補償額ですが、どんな家庭や世帯数なら契約しても良いのかについてまとめています。...
家財保険500万円は少ない?元損保社員が徹底解説!元損保社員が家財保険500万円補償は十分なのかそれとも少ないのかについて徹底解説していきます。家財保険いくら補償すればよいか、そもそも家財保険を契約する必要があるのかお悩みの方が非常に多いです。元損保社員目線で解説しているため、代理店目線とは違ったものになっているかもしれません。家財保険についてお悩みの方は是非ご覧ください。...

家財保険の補償額どう考えるべき?

家財保険の補償額を決めるときに考えるべきことは「火事で家財道具が燃えてしまったら、いくら必要か」で必要額を決めるべきです。

隣家からの火事で家財道具が燃えてしまっても、家財保険に入らなければ誰も補償してくれません。
火事は失火責任法で重過失がない場合は火元の賠償責任は生じないと決められています。
もし家に住めなくなったら、家財の再補償以外にも引っ越しや仕事やバイトを休んだり、実家に帰ったりと諸々お金がかかります。

やっぱり1人暮らしでも家財保険100万円は少ない?

1人暮らしの方でも家財保険100万円は十分か少ないかと聞かれると、もちろん少ないと回答します。

しかし、学生さんや社会人になりたてでお金がない方など、家財保険はお守り程度でしか考えていない方など、様々な境遇の方がいらっしゃると思います。
かく言う私もここまで「家財保険に100万円は少ない!」「もっと補償したほうがいい!」という話をしてきましたが、私自身大学生時代から社会人1年目までは家財保険の補償額を100万円にしていました

【実体験を告白】僕も家財保険100万円契約していた

ガクッ!なんじゃそりゃ!家財保険語るな!

申し訳ありません。私自身が家財保険の補償額を100万円にしていた理由は以下の3つでした。

  1. そこまで家財保険が必要な保険という認識がなかった。
  2. 正直お金がなかった。
  3. 家財道具もあまり持ち合わせていないという意識があった。

当時は親から「保険に入りなさい」といわれ、バイト代から保険料を払っていたのを覚えています。
経験がある方は分かると思いますが、学生時代の一人暮らしはとにかくお金を節約しようという意識があり、家財保険も最小限にとどめていました。
しかし、大人になり家族ができた今、当たり前ですが「家財保険100万円が少ない!」と言いたいです!

家財保険の必要性は以下記事でまとめています!

家財保険は必要ない?実際にある被害を元損保社員が教える「家財保険は本当に必要なのか?」という疑問に対して元損保社員で火災保険専任担当がまとめました。家財保険って実はこんなことが補償範囲になるんだというという家財保険の実例を参考にして家財保険の必要性を感じてほしいです。...

注意!こんな人は絶対に家財保険100万円は少ない!

単身者を除く世帯持ち、2人以上の家庭の方は絶対に家財保険を補償額100万円だけしか掛けないのはやめましょう。
私自身も単身のときは家財保険100万円で補償していましたが、家庭を持ってからは家財簡易評価表に従って補償額を決めています。

家財保険を100万円しか掛けていない場合に火事で家が燃えてしまったら、どんなに家に物がなくても困ってしまいます。
火災保険や家財保険はお金がある人ではなく、お金がない人ほど入ったほうが良い保険です。
家庭
を持ったら、家族を守るためにも2人以上の世帯は家財保険をケチらないようにしましょう。

まとめ:家財保険100万円は少ないけど!

様々な事情で家財保険をしっかりとした補償内容にできない場合もあります。
あまり無補償と比較をするべきではありませんが、やはり補償額0よりは家財保険を100万円だけでも掛けておいたほうが良いと思います。

火事で家が燃えてしまうった時など、何かあったときの足しと考えれば、100万円で引っ越し費用と家電の一部ぐらいは買えるでしょう。
ただし、家庭を持っている、2人以上の世帯は、家財保険を100万円にするのはあまりに少ないと思います。
2人以上世帯では、家財保険を家財簡易評価表に従って補償額を決めるか、それよりも少し減らして契約をしてもいいかもしれません。

火災保険の見直しをするのであれば、火災保険一括見積サイトで比較しながら検討するのがおすすめです。是非ご活用ください。

国内最大の火災保険見積もり比較サイトを紹介!

ここ毎年火災保険は改悪の一途を辿っており、2022年には全国平均で10.9%火災保険料が値上がりし、長期契約が最長10年から5年に短縮されることを皆さんご存知ですか?
値上がりの前に火災保険の見直しとして、無料火災保険一括見積もり比較サイトでご紹介したいのが、CMでもお馴染みの「保険見直し本舗」が運営している日本最大級の見積もり・診断サービス「保険スクエアbang!」です。

とりあえず火災保険無料見積もりをとってみたい方におすすめです!

保険スクエアbang!のホームページはコチラ>>火災保険の無料診断ならコチラから!<<

6つのGoodポイント!
  1. 10年以上にわたって120万件の契約実績があり、日本最大級保険比較サイト
  2. CMでも知られている業界トップクラスの「保険見直し本舗」が運営!
  3. 国際規格ISO27001を取得しており、個人情報もしっかり守られる!
  4. しつこいセールスがない!主に保険見直し本舗からの連絡!
  5. たった30秒の入力で火災保険料の見積もりが可能!
  6. 火災保険のプロアドバイザーが何度でも無料診断してくれる!

保険スクエアbang!のホームページはコチラ>>火災保険の無料診断ならコチラから!<<

最大手比較サイト保険スクエアbangの評判は?実績トップクラスの理由を説明します!保険スクエアbang!は火災保険比較サイトとしても最大手のサービスです。10年以上にわたって累計利用者が650万人、契約件数120万件以上と実績も十分です。火災保険のプロアドバイザーが無料診断してくれ、たった3分の入力で火災保険料の見積もりが可能です。...

ABOUT ME
元損保社員のつぶやき編集部
【経歴】2012年に損害保険会社に中途入社⇨火災保険損害サービス課で8年間勤務⇨損害保険会社を退職後、実家を継ぐ【資格】ファイナンシャルプランナー2級/アフィリエイテッドファイナンシャルプランナー(AFP)
関連記事 RELATED POST