ココだけ火災保険情報

家財保険500万円は少ない?元損保社員が徹底解説!

身の回りの架電や衣類など物を補償する家財保険、あなたはいくら掛けていますか?

家財保険いくら補償すればよいか、そもそも家財保険を契約する必要があるのかお悩みの方が非常に多いです。

家財保険でも500万円程度補償すれば、ある程度の家財類を補償できるものなのでしょうか。

今回も元損保社員が「家財保険は500万円補償すれば十分事足りるのか」について徹底解説していきます。

家財保険500万円は少ないのか?

家財保険500万円掛ければ、補償としては問題ないの?

それは、居住人数や年齢によって変わってきますよ!

家財保険500万円が少ないのか、結論だけお伝えすると以下になります。

1人暮らし<家財保険500万円≒25歳前後大人2人<30代大人2人

この方程式の理由については、この後説明していきますが、家財保険500万円大体25歳前後大人2人分の評価額と同等の金額になります。

そのため、子どもがいる世帯や30代以上の2人世帯の方には少し物足りないところですが、一人暮らしの方には十分補償できる金額と言えます。

では詳しく説明していきます!

家財保険の保険金設定の目安について見てみよう!

家財保険の評価額については基本的に家財簡易評価表を参考にして決めていきます。

今回はセゾン自動車火災保険のじぶんで選べる火災保険を参考にし、家財保険の保険金設定の目安を見てみましょう。

じぶんで選べる火災保険では、主に年齢と家族構成で評価額が決められており、上表にない家族構成の場合は、家財大人(18歳以上)1名につき170万円、子供(18歳未満)1名につき90万円を目安に加算・減算するようになっています。

家財簡易評価表は保険会社それぞれが持っており、算出方法に多少の違いはありますが、金額はほとんど差がないです。

この表からも分かるように家財保険500万円は25歳前後の大人2人程度の保険金であることがわかります。

他社についても、確認を行いましたが、大体20代の大人2人分と考えていただいて良いと思います。

家財保険の相場については以下記事でも詳しくまとめています!

家財保険の相場は?おすすめの家財保険を元損保社員が教えます!「家財保険の相場」や「おすすめの家財保険」「家財保険の探し方」を元損保社員でファイナンシャルプランナーの筆者が教えます。ここだけ家財保険情報もあるため、家財保険を選んでいる、選び方がわからない方は必見です。家財保険の減らせる限度までお伝えしています。...

家財保険500万円より少なく補償してもよいのか?

毎年の保険料が負担になるし、家財簡易評価表より少なくしたいんだけど、それっていいの?

もちろん、家財保険の保険金は家財簡易評価表より少なくしても良いです。

家財保険500万円の保険金を掛けることによって、家計を圧迫してしまうのであれば、元も子もありません。

ただし、どこの保険会社も大体の家庭で持っている家財道具を積算した標準的な額で家財簡易評価表を作成しているため、決して簡易評価表が高すぎるということはありません

実際に火災などの被害で家が全焼してしまった場合、家財を再購入する費用は思ったよりも掛かります。

家の中を見渡していただくと冷蔵庫や洗濯機といった白物家電から、テーブルやタンス、ベッドなどの家具類、ゲームやパソコンといった小物家電、意外に高額になるのがスーツやバッグなどの衣類など、一度ご自身で計算していただくとびっくりすると思います。

なかなか自分で積算することも難しいと思いますが、しっかりと家財保険は契約していて損はありません。

家財の保険金で迷っている方は逆算方法もあり!

一般的な家庭を参考にして保険金設定をするのは、もちろん問題はありません。

家財保険の保険金をいくらにしようか迷っている方は「もしも自宅が全焼してしまった場合、家財を買い直すためにいくら保険金として欲しいか」考えてみてもいいかもしれません。

家電類だけでも、最低100~150万円はかかることは間違いありませんし、衣類家具を含めていくとかなりの金額がかかります。

全焼してしまった場合でも、自己責任でいいやという方は家財簡易評価表よりも少なくしてもいいのではないでしょうか。

そもそも家財保険は必要なの?

経験上、家財保険は掛けたほうが良いですが、補償範囲を必ずチェックするべきです。

家財保険は実は補償内容を確認すると、様々なことが補償対象となっています。

例えば以下の被害に遭った場合、家財保険で補償される場合があります。

  1. 子供が家にある家財を壊してしまった!
  2. 隣家からの火事で家が燃え、家財道具が一式焼失した!
  3. 自宅や外出先で家財が盗まれた!

ただし、家財保険の補償範囲は損保会社商品によってまちまちであるため、契約する場合は補償範囲の確認が必要です。

必ず家財保険の補償内容を確認してから、契約をするようにしましょう。

詳しくは以下記事でもまとめています!

家財保険は必要ない?実際にある被害を元損保社員が教える「家財保険は本当に必要なのか?」という疑問に対して元損保社員で火災保険専任担当がまとめました。家財保険って実はこんなことが補償範囲になるんだというという家財保険の実例を参考にして家財保険の必要性を感じてほしいです。...

家財保険の基本補償内容を確認しよう!

1.火災、落雷、破裂・爆発

火災、落雷、破裂・爆発の補償は、万が一の火災で家財が焼失してしまったり、損害を受けた場合や、落雷などの影響で家財が破損したり、電化製品が壊れた場合に保険金を受け取ることができます。

2.風災、雹災、雪災

風災、雹災、雪災の補償は、台風の際に窓ガラスが割れてしまい、家財が損害を受けたり、雹の影響で家財が損害を受けた際に保険金を受け取ることができます。

3.水濡れ

水濡れの補償は、マンションの上階から水が漏れてきて、その影響で家財が水に濡れて損害を受けてしまった際に保険金を受け取ることができます。

4.盗難

盗難の補償は、泥棒によって家財が盗まれてしまった場合や、現金の盗難にあった場合などに、保険金を受け取ることができます。

※現金や小切手の盗難に関しては保険会社によって上限が設けられている保険商品もありますので、ご注意ください。

5.水災

水災の補償は、大雨や洪水で床上浸水してしまい、家財が損害を受けてしまった場合に保険金を受け取ることができます。

6.破損、汚損

破損・汚損の補償とは、模様替えの際に机を家電にぶつけてしまって家電を壊してしまった場合や、飲み物をこぼしてしまいPCを壊してしまった場合に保険金を受け取ることができます。

1個の価格が30万円以上の家財がある場合、明記物件として申告しておく必要がある保険会社も中にはあります。家具や家電などの家財については明記物件として申告不要ですが、貴金属、宝石、書画、骨董

彫刻物などの美術品、稿本、設計書などは必要があるため、忘れずに申告をしましょう。

賃貸なら借家人賠償保険も必須補償!

借家人賠償保険とは、偶然の事故で借りている部屋に損害を与えてしまったとき、部屋の持ち主である大家さんに対する損害を賠償する保険です。

補償されるのは「火災、破裂・爆発、水ぬれ」などを起こしたときで、それ以外の場合や故意の事故などは補償されません。

借家人賠償保険は賃貸住宅に住む場合、管理会社が必要な保険として強制加入される場合があります。

借家人賠償責任保険を比較!元損保社員が徹底解説します元損保社員が借家人賠償責任特約を比較しました。特徴やメリットやデメリット、相場や借家人賠償とはどのような補償なのかを徹底解説しています。借家人賠償は契約をしなくてもよいと思われている方もいるようですが、必ず契約してほしい保険です。賃貸物件にお住まいの方は検討されることをおすすめします。...

まとめ:家財保険500万円抗争について元損保社員の見解!

家財保険は500万円で足りる家庭もあるし足りない家庭もある!

結局の家財保険500万円は少ないのか多いのかについては年齢家族構成によって標準的な評価額が増減することをご理解いただけたかと思います。

しかし「うちは家にある物をできるだけ少なくしている」「断捨離中で他の人よりも家財が少ない」という方もいらっしゃるでしょう。

また、毎年の保険料が負担で払えないから、この保険金では契約ができないという方もいらっしゃると思います。

そのような場合は、家財簡易評価表の年齢や家族構成を1段階、もしくは2段階減らすことで家財保険金を見直してみてはいかがでしょうか。

また、実際の家財の購入価格を積み上げて計算シートを作成し、家財保険金額を決定する代理店の方もいらっしゃいます。

火災保険の見直しは無料の火災保険一括見積もりサイト「保険スクエアbang!」で見直しができるため、是非ご活用ください。

国内最大の火災保険見積もり比較サイトを紹介!

無料火災保険比較サイトとしてご紹介したいのが、CMでもお馴染みの「保険見直し本舗」が運営している日本最大級の見積もり・診断サービス「保険スクエアbang!」です。

とりあえず火災保険無料見積もりをとってみたい方におすすめです!

保険スクエアbang!のホームページはコチラ>>火災保険の無料診断ならコチラから!<<

6つのGoodポイント!
  1. 10年以上にわたって120万件の契約実績があり、日本最大級保険比較サイト
  2. CMでも知られている業界トップクラスの「保険見直し本舗」が運営!
  3. 国際規格ISO27001を取得しており、個人情報もしっかり守られる!
  4. しつこいセールスがない!保険見直し本舗からの連絡のみ!
  5. たった30秒の入力で火災保険料の見積もりが可能!
  6. 火災保険のプロアドバイザーが何度でも無料診断してくれる!

保険スクエアbang!のホームページはコチラ>>火災保険の無料診断ならコチラから!<<

最大手比較サイト保険スクエアbang!実績トップクラスの理由を説明します!保険スクエアbang!は火災保険比較サイトとしても最大手のサービスです。10年以上にわたって累計利用者が650万人、契約件数120万件以上と実績も十分です。火災保険のプロアドバイザーが無料診断してくれ、たった3分の入力で火災保険料の見積もりが可能です。...

関連記事 RELATED POST