家財保険

家財保険請求の7つのコツとは?元損保支払い担当が徹底解説!

あなたは火災保険・家財保険の請求をしたことがありますか?ほとんどの方は保険金請求をしたことない初めての方が多いと思います。
本記事では「家財保険の請求のコツ」について元損保社員が徹底解説しています。

本記事のまとめ!
  • 家財保険請求の流れ!
  • 家財保険請求のコツとは?
  • 家財保険請求のコツについての質問!

はじめに:家財保険請求の流れ!

❶ 家財保険の補償内容に該当する被害を受ける

❷ 保険会社へ被害の連絡

見積書を作成すると同時に、保険会社もしくは代理店へ被害を申告しましょう。
契約者氏名、保険証券番号、損害の内容、原因、見積書、写真の有無などを伝えることとなります。

❸ 保険会社から申請用紙が送られてくる

保険会社から申請書類が送られてきます。
簡易的な書類から間取図を書く書類まで保険会社によって申請書類は様々です。

❹ 見積書や修理不能証明書、写真を作成する

保険会社へ家財の被害額を申請するためにも、修理見積や修理不能証明書を作成する必要があります。
また、修理前の写真も必要になります。

❺ 保険会社へ申請用紙・見積書・修繕前写真を送る

申請書類を記入したら、業者から取り寄せた見積書・写真と一緒に保険会社へ送りましょう。

❻保険会社から保険金が振り込まれる

保険会社が見積書を査定後、保険金が振り込まれます。
見積書が高額であったり不具合がある場合は、現地鑑定があります。
火災保険を申請する方法は別記事で詳しくまとめています!

火災保険の申請方法を元損保社員が教えます|おすすめ業者紹介火災保険の申請方法について元損保社員がどこよりもわかりやすく簡単に教えます。火災保険の申請方法だけでなく、保険会社の対応やオススメの業者、おすすめの申請方も情報盛り沢山です。対象になる被災も記載しています。...

家財保険請求のコツとは?

家財保険を請求することに必要なコツ(知っておいたほうが良いこと)を紹介します。
家財保険の保険請求をするときや、保険請求をする前にも是非ご覧ください。

コツ①:補償内容を確認しよう!
コツ②:補償の中でも使う頻度が高い補償に契約する!
コツ③:被害写真を必ず撮ろう!
コツ④:できるだけ早く事故連絡をしよう!
コツ⑤:見積書をもらおう!
コツ⑥:書類はできるだけ早く提出しよう!
コツ⑦:払われた保険金額が納得できないなら連絡しよう!

家財保険請求コツ(1):補償内容を確認しよう!

まずは1つ目のコツは補償内容の把握です。
以下は契約内容の例です。どんな時に家財保険が補償対象になるのかを知る必要があります。
家財保険は商品や種類で補償内容が変わってくるため、是非確認を一度してみると良いです。

火災・破裂・爆発

家財が火事や破裂爆発などで燃える被害を指します。例えば、隣家からのもらい火で自宅の家財道具が一式焼失した場合、保険金が支払われます。

落雷

家財が落雷により損壊する被害を指します。例えば、近くの電柱に雷が落ちたことが原因でテレビや冷蔵庫が損壊した場合に保険金が支払われます。

水災

家財が大雨や洪水により浸水する被害を指します。例えば、近くの川が氾濫し、家財が浸水した場合に保険金が支払われます。

風災・雪災・雹災

台風や豪雪、雹(ひょう)などにより家財が損壊する被害を指します。例えば、台風による影響で瓦が飛び、雨漏りしたことが原因で家財が濡れた場合に保険金が支払われます。

落下・飛来・衝突・倒壊

建物の外部からの物体の落下または衝突などにより家財が損壊する被害を指します。例えば、車両の衝突で物件が倒壊し、中にあった家財が損害を受けた場合に保険金が支払われます。

水濡れ

給排水設備の事故などの漏水で家財が汚損する損害を指します。例えば、マンションの上階からの漏水で家財が冠水した場合に保険金が支払われます。

暴力行為・破壊行為

他者からの暴力行為や集団行動、労働争議に伴う破壊行為が原因で家財が損害を受けた場合に保険金が支払われます。

盗難

盗難被害で家財類が盗まれる被害を指します。例えば、自宅が留守中に何者かにより現金やその他家財類が盗まれた場合、保険金が支払われます。

持ち出し家財

住居から一時的に持ち出された家財が日本国内の他の建物内で火災・水濡れ・盗難などの被害に遭った場合に保険金が支払われます。

破損・汚損

自分自身や家族の不注意で家財を破損・汚損する被害を指します。例えば、子どもがボール遊びをしてたらテレビにぶつかり壊れた場合、保険金が支払われます。

家財保険請求コツ(2):補償の中でも使う頻度が高い補償に契約する!

家財請求2つ目のコツは有効な補償を把握し、契約を事前にしておくことです。
家財保険と聞くとはじめに思い浮かぶのが火事だと思いますが、先ほどお伝えした通り、家財保険は様々な被害で活用ができます。

破損・汚損は契約しといたほうが良い!

もしあなたが家財保険を契約するのであれば、家財保険の中でも“破損・汚損”は契約しておいたほうが良いです。
破損・汚損は「不測かつ突発的な事故」という補償内容になっていることもありますが、偶然に家財を破損させてしまった場合に補償されます。

補償例
  • 子供が自宅で遊んでいてテレビ画面におもちゃをぶつけて壊れた
  • 室内でボール遊びをしていて家具が壊れてしまった
  • 物を落として壊してしまった

家財保険の中でもかなり有効な補償です。これを契約しておくのも家財保険請求のコツの1つです!

破損汚損は補償範囲外の家財もある!

破損汚損の被害の場合は家財の中でも携帯電話やメガネ、ドローンなどが補償範囲外になる場合があります。

以下は損保ジャパンの個人用火災総合保険からの引用です。

●保険の対象に対する加工・修理等の作業(保険の対象が建物の場合は建築・増改築等を含みます。)上の過失または技術の拙劣に起因する損害
●偶然な外来の事故に直接起因しない、保険の対象の電気の作用に伴って発生した電気的事故または機械の稼働に伴って発生した機械的事故に起因する損害
●土地の沈下、隆起、移動、振動等に起因する損害
●義歯、義肢、コンタクトレンズ、眼鏡、補聴器その他これらに類する物およびサングラスに生じた損害
●移動電話等の携帯式通信機器、ノート型パソコン・タブレット端末等の携帯式電子事務機器およびこれらの付属品について生じた損害
●電球、ブラウン管等の管球類に生じた損害
●動物または植物について生じた損害
●自転車もしくは総排気量が125cc以下の原動機付自転車またはこれらの付属品について生じた損害

他にも有効な補償はある?

家財保険の中でも他に使い勝手が良いものとして「盗難」や「水濡れ」補償があります。
あとは「落雷」の被害で家財が壊れることもよくあるため、契約していれば是非ご活用ください。

明記物件は事前申告をしておく!

明記物件とは、1個または1組の価値が30万円を超える貴金属、宝石、書画、骨董、彫刻などの貴重品・美術品や、稿本、設計書、証書などこれらに類するもののことを指します。

家財に含まれる貴金属や美術品ですが、加入の際には一般の家財とは別に申告しなければ補償の対象にはなりません。保険会社によっては明記物件の申告を不要としている場合もあります。
明記物件を事前に申告しておかないと補償されないため、高価なものは必ず明記物件として保険会社へ申告をしましょう。

家財保険請求コツ(3):被害写真を必ず撮ろう!

家財保険請求の3つ目のコツが被害の写真を撮ることです。ただし、家財保険請求では写真の撮り方にもコツがあります。

  1. 修理前の写真を撮影する!
    修理前の写真がないと被害状況が分からないため、保険金はおりません。必ず被害前の写真を撮りましょう。
  2. 写真はできるだけ多く撮る!
    写真はできるだけ多く撮った方が保険会社の担当者も判断しやすいです。1~2枚ではなく5枚以上は撮るようにしましょう
  3. 部屋の写真もあると良い!
    家財の被害を受けた部屋の写真もあると、保険会社に状況を伝えやすくなるため、なお良いです。
  4. 製造番号がわかる写真もあるとなお良い!
    家財の製造番号もわかるような写真があるとよいです。テレビであれば裏側に製造番号のシールが貼ってあります。
火災保険申請で写真をどう撮ればいい?写真がない場合は?元損保社員が教えます火災保険申請で写真の撮り方から必要な枚数、写真がない場合までをまとめました。写真を撮れば修理をしてもいいのか。特に多くの方の疑問としてどこをどう撮ればいいの?写真は何枚必要?もう修理してしまって写真がない場合はどうすればいいの?こんな疑問を解決します。...

家財保険請求コツ(4):できるだけ早く事故連絡をしよう!

4つ目のコツは事故が起きたら早急に保険会社へ連絡をすると良いです。
事故日から日付が経過すると、なぜすぐに連絡をしなかったのかという疑義が深まり、保険金が下りにくくなります。
早めに連絡することで、緊急性も高く保険会社の担当者への心証も良くなり、補償を受けやすいです。

請求の時効期限は3年!

保険法により、基本的に請求できる期間は3年になっています。
そのため、被害が起きてから3年が経過したものは補償範囲外となります。

第95条(消滅時効)

保険給付を請求する権利、保険料の返還を請求する権利及び第63条又は第92条に規定する保険料積立金の払戻しを請求する権利は、これらを行使することができる時から3年間行使しないときは、時効によって消滅する。

保険法(平成20年6月6日法律第56号)

家財保険請求コツ(5):見積書をもらおう!

家財保険請求5つ目のコツは見積書の取得です。家財の壊れ方には2種類の壊れ方があります。
1つが“修理ができるもの”、もう1つが“修理ができないもの”となります。

家電量販店や家電メーカーなどで修理ができれば通常の見積書を作成する必要がありますが、修理ができない場合は修理不能証明書が必要になる場合があります。これは保険会社により修理不能証明書の有無が変わります。

修理不能証明書があれば保険会社も「これは修理ができないんだ」とわかるため、修理不能証明書の提出は不要でも取っておいて損はありません。
ちなみに修理不能証明書は見積もりを作成する家電メーカーや家電量販店などの修理業者で作ってもらえます。

家財保険請求コツ(6):書類はできるだけ早く提出しよう!

家財保険請求の6つ目は書類の提出をできるだけ早めに送ることです。

“鉄は熱いうちに打て”ではないですが、家財保険の請求は返送も早いほうが支払いもスムーズにいく可能性が高いです。
時間が経過するほど損害状況が変わってしまい、正確な判断が難しくなります。

家財保険請求コツ(7):払われた保険金額が納得できないなら連絡しよう!

家財保険は普通に支払われれば良いですが、支払われない場合や納得ができない場合は代理店や保険会社に問い合わせたり、そんぽADRセンターに連絡をするのもありです。
保険会社の不誠実な面に納得ができなければ、金額に間違いはないか問い合わせしてみるのも手でしょう。

支払いについて納得がいかない場合は以下記事でもまとめています。

火災保険の支払いに納得いかない!元損保社員しか知らない実態 火災保険の申請をしたけれども、支払金額に納得がいかないという方、非常に多いのではないでしょうか? あまり他のサイト批判をした...

Q&A!家財保険請求のコツ!

家財をわざと壊して申請してもいいの?

家財をわざと壊すことは虚偽申告になり、保険金詐欺になるため、絶対にやめましょう。

鑑定人が家財の確認をすることはある?

保険会社が委託している鑑定人が家財を確認することはほぼありませんが、虚偽の申告など疑いがある場合は鑑定人が見に来ることがあります。

家財保険は何度も請求してもいい?

何度も請求しても大丈夫です。保険料が上がることもありません。
ただし乱用は危険です。わざと壊したなど虚偽申告を疑われてしまう場合もあります。

火災保険の虚偽申告はバレるのか?元損保社員が徹底解説火災保険の虚偽申告は近年増加傾向にあります。今回は火災保険の虚偽申告はバレるのか、そもそも火災保険の虚偽申告とはどんなものが該当するのか、火災保険の虚偽申告がバレた場合はどうなるのか、火災保険の申請サポート業者を利用すると虚偽申告に該当するのかについて元損保社員がまとめました。...

家財保険は他にも利用できないの?

家財保険は保険請求以外にも無料の現場急行・応急処置サービスがセットされている保険があります。
以下の場合に無料で応急処置を受けれる可能性があるため、一度確認するとよいです。

  • 家のカギの紛失・破損による玄関および勝手口の解錠
  • エアコン・給湯器の応急処置
  • 給排水管の水もれ箇所における30分程度の応急処置
  • 給排水管のつまり箇所における30分程度のつまり除去処置

まとめ:家財保険請求のコツを理解しよう!

もしもあなたが補償該当の被害に遭われたら、是非契約している保険会社や代理店に連絡をしてみましょう。
保険料を支払っているのであれば、もちろん保険金を受け取る権利があります。

保険金を請求する場合は、本記事に記載されている家財保険請求のコツを読んでいただくと、より請求はスムーズになります。
特にコツ③の写真については壊れた状態の家財の写真が必要になるため、直す前に写真を撮るようにしましょう。

また、家財の保険請求は連絡や書類の送付はスピードが早いほうが保険会社も早く動いてくれます。気がついたら早急に保険会社か代理店に連絡をしてみると良いです。

もしも火災保険、家財保険を探している場合は、火災保険一括見積サイトがおすすめです。是非ご活用ください。

国内最大の火災保険見積もり比較サイトを紹介!

ここ毎年火災保険は改悪の一途を辿っており、2022年には全国平均で10.9%火災保険料が値上がりし、長期契約が最長10年から5年に短縮されることを皆さんご存知ですか?
値上がりの前に火災保険の見直しとして、無料火災保険一括見積もり比較サイトでご紹介したいのが、CMでもお馴染みの「保険見直し本舗」が運営している日本最大級の見積もり・診断サービス「保険スクエアbang!」です。

とりあえず火災保険無料見積もりをとってみたい方におすすめです!

保険スクエアbang!のホームページはコチラ>>火災保険の無料診断ならコチラから!<<

6つのGoodポイント!
  1. 10年以上にわたって120万件の契約実績があり、日本最大級保険比較サイト
  2. CMでも知られている業界トップクラスの「保険見直し本舗」が運営!
  3. 国際規格ISO27001を取得しており、個人情報もしっかり守られる!
  4. しつこいセールスがない!主に保険見直し本舗からの連絡!
  5. たった30秒の入力で火災保険料の見積もりが可能!
  6. 火災保険のプロアドバイザーが何度でも無料診断してくれる!

保険スクエアbang!のホームページはコチラ>>火災保険の無料診断ならコチラから!<<

最大手比較サイト保険スクエアbangの評判は?実績トップクラスの理由を説明します!保険スクエアbang!は火災保険比較サイトとしても最大手のサービスです。10年以上にわたって累計利用者が650万人、契約件数120万件以上と実績も十分です。火災保険のプロアドバイザーが無料診断してくれ、たった3分の入力で火災保険料の見積もりが可能です。...

ABOUT ME
元損保社員のつぶやき編集部
【経歴】2012年に損害保険会社に中途入社⇨火災保険損害サービス課で8年間勤務⇨損害保険会社を退職後、実家を継ぐ【資格】ファイナンシャルプランナー2級/アフィリエイテッドファイナンシャルプランナー(AFP)
関連記事 RELATED POST