あいおいニッセイ同和損保

あいおいニッセイの火災保険の口コミ・評判は?元損保社員が徹底解説

火災保険専任担当の元損保社員でファイナンシャルプランナーの筆者があいおいニッセイ同和損保の火災保険「タフ・すまいの保険」について徹底解説していきます。

あいおいニッセイの火災保険はこんな人におすすめ!
  • しっかりとした保険会社で契約をしたい方
  • 盗難が被害に遭った時は、再防止策の費用を保険会社から出してほしい方
  • 暮らしの法律や税務相談もしたい方
  • 環境配慮や社会貢献も一緒にしたい方

こちらに該当する人は、あいおいニッセイ同和損保の火災保険「タフ・すまいの保険」を検討してみてもいいかもしれません。

では早速ですが、説明していきたいと思います!

あいおいニッセイ同和損保の火災保険のメリット!

  1. 保険会社としてしっかりしている!
  2. 盗難被害の再防止費用特約が自動セットされている!
  3. 暮らしの法律や税務相談ができる!
  4. 環境・社会貢献もできてしまう!

保険会社としてしっかりしている!

あいおいニッセイ同和損保はMS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社の一部です。
グループ内には他にも三井住友海上、三井ダイレクト損保、三井住友海上あいおい生命、三井住友海上プライマリー生命、au損保があります。

国内損害保険のすべての保険種目においてシェアNo.1を獲得していることもあり非常に安心感があります。

また、ソルベンシー・マージン比率(保険支払い余力)もMS&ADホールディングスとして2020年6月時点で810.7%の数値を誇っています。
一般的には200%を切ると監督当局によって早期是正措置がとられます。

東京海上日動のソルベンシー・マージン比率が856.2 %、損保ジャパンが717.3%と他のメガ損保と比べても遜色ありません。

ソルベンシー・マージン比率
保険業法で定められた保険会社の経営の健全性を測る指標。大災害や景気低迷などの通常の予測を超える事態が起こった場合の、保険金の支払い能力を示しています。この数値が200%を下回った場合、金融庁から早期是正措置が取られることになっています。

https://www.smd-am.co.jp/learning/glossary/YST0992.html

盗難被害の再防止費用特約が自動セットされている!

盗難被害って実際に起きているの?

2019年には主要都市を中心に14分に1件のペースで侵入窃盗被害が発生していたというデータもあるぐらい件数が増えています。

あいおいニッセイの火災保険は防犯対策費用特約という特約が建物に契約している場合、自動セットされています。
これは盗難被害に遭った場合、再発防止策のためにかかった費用を保険会社で負担してくれるという特約です。

この特約は他損保でもある特約ですが、ほとんどの損保がオプション特約となります。
あいおいニッセイの火災保険は防犯対策費用特約が自動付帯されているため、必要な特約が含まれておりメリットといえます。

防犯対策費用特約とは?
保険の対象である建物において、犯罪行為(警察に届け出た場合に限る)が発生した場合に、再発防止のための建物改造または防犯機器等の設置に必要な費用や、ドアのかぎが盗難に遭った場合にドアの錠交換に必要な費用が補償されます。

暮らしの法律や税務相談ができる!

あいおいニッセイの火災保険は暮らしに関する法律や税務相談ができるサービスがついてきます。
法律の相談は1時間1万円する法律事務所もある中、無料相談ができるのは手厚いサービスと言えます。
また、税務相談では住宅ローンの減税等、税金の相談もできてしまいます。
両サービスともに事前予約制であるため、注意が必要です。

  • 暮らしのトラブル(法律)などを相談したい方に法律のご相談
    不動産購入時のトラブルなど、日常生活における法的な疑問について、弁護士による電話相談をご利用いただけます。
  • 暮らしの税務などを相談したい方に税務のご相談
    住宅ローン減税など、日常生活における税務のご相談に、税理士による電話相談をご利用いただけます。

法律や税務相談までができる火災保険は中々ありません!

環境・社会貢献もできてしまう!

あいおいニッセイ同和損保はベルマーク運動に協賛しており、タフ・すまいの保険に契約することでベルマーク20点、WEB約款を選ぶことでプラス10点が入る仕組みになっています。

これはあいおいニッセイ同和損保の「すべての子どもに等しく、豊かな環境のなかで教育を受けさせたいという願いに賛同したことでこの活動に参加しています。

契約するだけで環境に貢献できるのはすごくいいことだね!

あいおいニッセイ同和損保の火災保険のデメリット!

  • 補償のカスタマイズができず、保険料は割高!

補償のカスタマイズができず、保険料は割高!

補償のカスタマイズって何?

補償内容を1から選択する補償の自由設計ともいいます。

あいおいニッセイの火災保険は代理店型損保であるため、補償の自由度は低く、カスタマイズをすることができません。
そのため、必要のない補償まで保険料を支払わなければならない可能性があります。

ただしプランは5種類ほどあり、プランから補償が選べるようになっています。
もし補償をカスタマイズしたい方はダイレクト損保をおすすめます。

また、割引制度もないため保険料が元の値段から下がるということもありません。ただし地震には割引制度がついています。

あいおいニッセイ同和損保の火災保険の口コミ・評判は?

アンケート集計人

80名以上の火災保険加入者から独自でアンケートを取りました。良いことも悪いこともリアルな口コミ・評判をご覧ください。

他社と比較しても何一つ劣るところがない(40代男性の口コミ)

■総合満足度:★★★★★
■火災保険申請の経験:なし

以前勤めていた会社の火災保険に入っていたのですが、退社と同時に違う火災保険を探していたのですがなかなか見つからずに満期が来て知り合いの外交員にお願いして切り替えて現在に至っております。
他社と比較しても何一つ劣ることはありませんでした。
むしろ他社横並びでしたが連絡がとりやすいので知り合いの外交員に加入しました。対応は知り合いに加入しているので悪くはありません。

まだ一度も使ったことがないので良し悪しは分かりませんが、クチコミも悪くはなかったので安心しています。
大きい地震や天災がありましたが、壊れたりすることもなく何一つも被害はありませんので火災保険の請求はしたことはありませんが備えあれば憂いなしと言うことで安心安全を得ていると思います。

不安、不満を強いてあげますと外交員がやめてしまいましたので連絡や申請がうまくできるか不安はあります。
これはどなたにでも当てはまることですが、この点だけが不満です。
最終的には自身で申請等はしなければいけないので諦めます。

私が加入している火災保険は内容的にも他社にも引けは取らないと自負していますのでいい保険に加入できたと思っています。
お守りとして使わずに済むなら使わないほうがいいのでお守りとして継続していきます。

ハウスメーカーの紹介で契約したものの…(40代男性の口コミ)

■総合満足度:★★★★☆
■火災保険申請の経験:なし

火災保険に関しては、新築にて自宅を建てた時にハウスメーカーの紹介で加入しました。
全く知識がなく、家を建てることに夢中で、保険は二の次になってしまっていました。
担当者から、内容は「何処も変わらない」と言われ、何の疑いもなく契約した記憶があります。
それ以来特に変更はなく10年近く経ちます。

契約はローン期間の長期契約になっており、地震保険に火災被害分も入っているのが現状です。
風災 ひょう災 雪災も保証内容には含まれています。内容的には概ね網羅されているように思うのですが、これが適切なのかは分かりません。
今のところ保険請求をするようなことはありませんが、今後各種保険の見直しをする際には、よく考えて必要に応じて変更の必要があると考えています。

ただ、他の会社の保険内容や仕組みが分からないので、実際どのように比較をして、どの程度お得になるのかは、今のところ知識がなく動きようがないのが実際です。最近では、ネット保険も多数出てきており、価格帯はその方が易くなる印象があります。
楽天損保などがそれに当たると思いますが、実際保険請求をするときに、他のどの保険よりも大きな金額が動くものなので、変更するにしても慎重に動きたいと思っています。

賠償責任の特約の方を重視して契約(30代女性の口コミ)

■総合満足度:★★★☆☆
■火災保険申請の経験:なし

住宅購入した際に不動産屋が提携していたのであいおいの火災保険に入りました。
火災保険としての機能よりも賠償責任の特約の方を重視して加入を決めました。
まだ子どもが小さいため、これから万が一家族以外にご迷惑をおかけしてしまった際に、お金に関する部分では心配なく対応できるように準備をしておく必要があると考えていました。

とはいうものの、実際に加入して数年経ちますが、未だに保険を申請したことはありません。
些細なことでも保険が降りる場合があると聞いたことがありますが、どんな時に申請した方が良いのか思いつかないので今までにもしかしたら損をしているかも、と考えるともったいない気もしています。
代理店は加入後連絡をしてきたことは一度もないので何かあっても恐らく丁寧な対応はしていただけないのかなと思っています。

万が一保険を申請する必要が出てきたら直接あいおいのカスタマーセンターに連絡してみる予定です。
他の保険に加入していたこともありますが値段的にも内容的にも今のあいおいの保険の方がいいです。
また賠償責任の申請時は現状の写真を撮ったり、請求書の撮影をするだけで申請が可能とのことですので、なにかあった際にはすぐに写真を撮影して対応したいと思います。

家財保険はじぶんで選びたいのに…(50代男性の口コミ)

■総合満足度:★★☆☆☆
■火災保険申請の経験:なし

現在入居している賃貸マンションの管理会社に、強制的に加入させられている火災保険になります。
保険の補償内容が多すぎるのと、担保金額が高い為(私個人はそんなに高額な家財一式を所有していない)ので、保険料がとても高いものになってしまっています。
その為、あいおいニッセイ同和損保に直接電話して、保険金額の小さいものに変えてもらおうと掛け合ってみたのですが、「この商品にはこの保険金額のものしかない」という回答で、変更できませんでした。

一般的に家財に対しては、明記物件を指定できるものですが、それも初めから対象外という保険であり、自分のものに対して掛ける保険なのに自分で選べないのはとてもおかしいことだと感じています。
火災保険の家財保険くらい自分で選びたいのに、管理会社の手数料になっていると思うと少し納得がいかないと思っています。

私個人で試算したところ、個人賠償保険金、借家賠償保険金はもちろん入れても、今の保険料の半分程度で2年間の保険期間をカバーできました。
こういうことが、借家人にはわからずに全国的に行われていると思うと、管理会社の保険手数料のために作られている保険なのではないかとも思えてくるくらいです。

あいおいニッセイ同和損保の火災保険を元損保社員が総評!

火災保険としての色は薄いが、スタンダードな火災保険を選びたい方は持ってこい!

あいおいニッセイの火災保険は大きな特色はなく、火災保険としてはスタンダードなものとなっています。
そのため、特段サービスに特化していたり、保険料が安かったりといったことがない「THE火災保険」に契約したい方にはおすすめします
損害保険会社としてあいおいニッセイ同和損保はメガ損保の一角であるため、安心感は非常にあります。

ただし、補償のカスタマイズができない分保険料は割高な部分や、火災保険のサービスなどを求めている方には不向きでしょう。
火災保険のサービスを求められている方はソニー損保や三井住友海上がおすすめです。

火災保険を比較したい方は無料火災保険比較サービスを利用されることをおすすめします。

ソニー損保の火災保険の評判・口コミは?元損保社員が徹底解説元損保社員でファイナンシャルプランナー、保険募集人の筆者がソニー損保の火災保険「新ネット火災保険」について徹底解説していきます。他サイトではない本物のプロが見るソニー損保の他社と比較を。特徴をできるだけ捉えられるよう、メリット、デメリットをわかりやすく紹介しています。...

国内最大の火災保険見積もり比較サイトを紹介!

無料火災保険比較サイトとしてご紹介したいのが、CMでもお馴染みの「保険見直し本舗」が運営している日本最大級の見積もり・診断サービス「保険スクエアbang!」です。

とりあえず火災保険無料見積もりをとってみたい方におすすめです!

保険スクエアbang!のホームページはコチラ>>火災保険の無料診断ならコチラから!<<

6つのGoodポイント!
  1. 10年以上にわたって120万件の契約実績があり、日本最大級保険比較サイト
  2. CMでも知られている業界トップクラスの「保険見直し本舗」が運営!
  3. 国際規格ISO27001を取得しており、個人情報もしっかり守られる!
  4. しつこいセールスがない!保険見直し本舗からの連絡のみ!
  5. たった30秒の入力で火災保険料の見積もりが可能!
  6. 火災保険のプロアドバイザーが何度でも無料診断してくれる!

保険スクエアbang!のホームページはコチラ>>火災保険の無料診断ならコチラから!<<

最大手比較サイト保険スクエアbang!実績トップクラスの理由を説明します!保険スクエアbang!は火災保険比較サイトとしても最大手のサービスです。10年以上にわたって累計利用者が650万人、契約件数120万件以上と実績も十分です。火災保険のプロアドバイザーが無料診断してくれ、たった3分の入力で火災保険料の見積もりが可能です。...

関連記事 RELATED POST