コープ共済

コープ共済の火災保険のデメリットは?元損保社員が全て徹底解説

【なんで保険料そんなにも安いの?】
火災保険を検討中の方へ|CMでお馴染み!保険見直し本舗がおすすめ!

業界トップクラス40社以上から比較でき、オンライン電話店舗訪問相談が可能です!火災保険の専門知識を持ったアドバイザーが1人つき、オーダーメイド保険料が安く補償を手厚くする無料診断ができます。

公式ホームページはこちらから>>保険見直し本舗<<

CO・OP共済の火災保険の補償内容からメリット・デメリットまでをまとめています。

コープ共済の火災保険は保険ではなく共済のため、正式名称は「火災共済」ですが、今回は便器上「火災保険」とします。

コープ共済の火災保険の補償内容!

基本補償

コープ共済には火災保険自然災害保険の2タイプがあります。今回は基本補償として火災保険の補償内容を紹介しています。

火災、落雷、破裂・爆発、消火作業による冠水・破壊、他人の住居からの水ぬれ、他人の車両の飛び込み、突発的な第三者の直接加害行為(損害額5万円以上)、建物外部からの物体の落下・飛来

風水害等共済金

コープ共済は火災保険に契約すると、風水災も見舞金が支払われます。

見舞金しか支払われないの?

¥

しっかりとした保障を求めているのであれば、自然災害保険もセットすると風水災が充実するため、おすすめします。

費用保険金(自動セット)

付属建物等風水害共済金

風水害等により住宅の付属工作物や付属建物に10万円を超える損害が生じた場合に、共済金をお支払いされます。(住宅契約への加入が20口以上の場合に限ります)。

水道管凍結修理費用共済金

専用水道管が凍結したことにより損壊した場合の修理費用を実損害額でお支払いされます。ただし、パッキングのみの損壊を除きます(住宅契約への加入が20口以上の場合に限ります)。

持ち出し家財共済金

持ち出した家財が日本国内の他の建物内で火災等により損害を受けたとき、お支払いされます。(家財契約がある場合のみ対象)

失火見舞費用共済金

第三者の所有するものに、火災等により臭気付着以外の損害を生じさせ、見舞金を自己の費用で支払ったとき、お支払いされます。

住宅災害死亡共済金

火災等共済金または風水害等共済金が支払われ、契約者本人または契約者と生計を一にする親族がその事故を直接の原因として、事故の日から180日以内に死亡したとき、お支払いされます。

風呂の空だき見舞金

風呂釜および浴槽に火災に至らない空だきにより損害が生じたとき、お支払いされます。

修理費用共済金(マンション構造のみ対象)

借家人が居住する住宅に火災等・風水害等により損害が生じ、賃貸借契約にもとづき、自己の費用で修理をしたとき、お支払いされます。

漏水見舞費用共済金(マンション構造のみ対象)

第三者の所有するものに水ぬれ損害を生じさせ、見舞金を自己の費用で支払ったとき、お支払いされます。

バルコニー等修繕費用共済金(マンション構造のみ対象)

区分所有住宅で共用部分(専用使用権付共用部分:バルコニー、窓ガラス等)が火災等により損害を受けて、加入者が修繕した費用を実損害額でお支払いされます(住宅契約への加入の場合に限ります)。

自然災害共済(自由選択)

火災共済に自然災害共済をプラスするとさらに台風や竜巻、地震から盗難まで幅広く保障されます!

風水害等共済金、地震等共済金、盗難共済金、付属建物等特別共済金、傷害費用共済金

コープ共済の火災保険のデメリット!

  1. 風水災の補償が手薄!
  2. 補償のカスタマイズができない!
  3. 塀やカーポートは見舞金のみ!
  4. 割引制度がない!

デメリット①:風水災の補償が手薄!

コープ共済の火災保険は火災保険と自然災害保険の2種類の保険があり、火災保険のみの契約の場合、火災が補償のメインとなっており、風災や水災などの被害は一定額の補償のみの支払いとなります。

これはこくみん共済coop(全労済)も同じような補償内容となっています。

コープ共済は自然災害共済に契約することで補償が充実させることができます。

自然災害保険に契約すれば問題はないってことか!

その通りですが、その分保険料は上がるのもデメリットです。

こくみん共済coop(全労済)の火災保険の口コミ・評判は?元損保社員が徹底解説こくみん共済coop(全労済)の火災保険「住まいる共済」について火災保険専任担当の元損保社員でファイナンシャルプランナーの筆者が徹底解説していきます。メリット・デメリットから口コミや評判、総合評価まで紹介しています。非営利の共済の中でもバランスが良い火災共済です。...

デメリット②:補償のカスタマイズができない!

コープ共済は基本補償である火災保険と自由セットできる自然災害保険の2種類しか選択ができなく、免責額は固定化されており、補償を自由にカスタマイズすることができません。

火災保険の中には代理店型火災保険とダイレクト型(ネット)火災保険があり、コープ共済は代理店型火災保険に近く、補償をプランから選択するのみとなっています。

必要のない補償までセットしてしまう可能性もあるため、もしも不要な補償を理解されている方は、ダイレクト損保の火災保険などを選択しても良いでしょう。

補償を選択することは非常に難しいため、迷っている方はしっかりとした補償を契約することをおすすめします。

デメリット③:塀やカーポートは見舞金のみ!

コープ共済はカーポートや塀、門、倉庫など建物とは判断できない外構部分については費用保険金からの支払いとなります。

費用保険金の内容から、「付属建物等風水害共済金」は見舞金となっており支払額は少額になっているため、手厚い補償がされていません。

デメリット④:割引制度がない!

基本的にコープ共済の火災保険は割引制度がありません。

団体割引があるコープもあるようですが、オール電化割引やインターネット割引、新築割引など他の損保であるような割引制度がないため、物足りなく感じる方もいらっしゃるでしょう。

僕の家は新しい家だし、オール電化だから別の火災保険にしようかな…

ただし、契約者は一律で同じ保険料であるため、平等に扱ってほしい人は合っているでしょうね!

火災保険のおすすめ特約を紹介!デメリットも元損保社員が暴露火災保険のおすすめ特約について火災保険専任担当の元損保社員でファイナンシャルプランナーの筆者が徹底解説していきます。今回おすすめとして紹介しているのが個人賠償責任特約、事故再発防止等費用特約、地震危険等上乗せ特約の3種類です。メリット、デメリットもあわせて紹介しています。...

コープ共済のメリット!

  1. 非営利団体であるため、月々の保険料は割安!
  2. 毎年割戻金がある!
  3. 代理店が介入していない!

メリット①:非営利団体であるため、月々の保険料は割安!

コープ共済はJA共済や全労済、都道府県民共済と同じく「共済」という括りになります。

共済とは生活協同組合の一種で、利益を目的としていない非営利団体であるため、比較的保険料はリーズナブルに抑えられています。

しかし、当サイトでよく比較対象としている支払余力比率はコープ共済全体として2020年時点で1539.2%と、しっかりとした支払える能力がある企業であるため、保険料が安くても保険金の支払いは困ることがなさそうです。

ただし支払余力比率は民間保険会社とは計算方法が違うため、単純に比較できません。

都道府県民共済グループが2019年時点で905%であるため、しっかりとした支払い余力はありそうです。

支払余力比率
通常の予測を超えて発生する様々なリスク(巨大災害など)に対して、どの程度の支払余力を備えているかを判断する指標の一つです。

【火災保険と比較】火災共済のメリットデメリットは?元損保社員が徹底比較火災共済と火災保険との違いや火災保険と比較した場合のメリット・デメリットについてまとめています。火災共済の人気ランキングについても300人からのアンケート結果をもとに作成しました。火災共済と火災保険の複数加入で保険料が安くなる方法もあります。...

メリット②:毎年割戻金がある!

コープ共済の火災保険は割戻金がついています。

割戻金とは、その年で貰いすぎた保険料を契約者に返金する剰余金のことです。

非営利団体の生活協同組合であるため、割戻金はどの共済にもありますが、コープ共済にもこの割戻金があるため、お得感があります。

割戻金は民間の保険会社にはないお得な制度だね!

メリット③:代理店が介入していない!

コープ共済は共済であるため、民間の代理店に委託できず、独自で窓口を設けています。

民間の保険会社でもしっかりとした代理店であれば安心ですが、中には責任感のない片手間でやられてる代理店もいらっしゃるため、契約してしまった代理店があまりにも酷いと実際の被害にあったときに不安です。

そのため、何か問題があってもコープへ直接話をすることができることもメリットの一つです。

コープ共済は窓口がコープの宅配員などコープに勤めている方に限定されています。

よくコープを利用される方は、何かあればコープに言えばいいため、疎遠になりがちな代理店よりも良いという方がいらっしゃいます。

代理店は批判するわけではありませんが、コープの方が契約者と近しいというイメージです!

まとめ:コープ共済の火災保険を元損保社員が総評!

コープ共済≒こくみん共済(全労済)

ここまでコープ共済の説明をしてきましたが、実はコープ共済は契約引受団体が全国労働者共済生活協同組合連合会(こくみん共済 coop〈全労済〉)となっており、全労済の補償内容とほぼ同じものになっています。

しかし、コープ共済は窓口が宅配生協やスーパーになるため、安心して契約することができます。

まずは民間の火災保険会社と比較をし、よりよい火災保険に契約することがおすすめです。

優良住宅修理業者を探しているならホームプロがおすすめ!

火災保険の申請で修理見積もりを作成したいけど、どこにお願いすればいいんだろう?

それなら「ホームプロ」で見積もりを作成するのがおすすめです!

ホームプロのホームページはコチラ!>>リフォーム会社、比べて、選べる。ホームプロ<<

ホームプロ8つのGood!
  1. リフォーム会社紹介サイト利用者数NO.1で、すでに80万人以上が利用している!
  2. 独自の無料保証で安心安全に任せられる!
  3. 全国対応が可能で、複数社から見積もりをもらえる!
  4. 利用者は匿名のまま電話連絡は一切なし!マイページでやり取りをすすめる!
  5. 初めてのリフォーム会社でも安心!過去に利用した施主から口コミを見れる!
  6. 信頼できる会社だけを厳選するため、独自の基準で審査・定期審査を実施!
  7. (株)リクルート100%出資しており、300回以上メディアで紹介されている!
  8. 利用満足度90%以上が満足と回答!

ホームプロのホームページはコチラ!>>リフォーム会社、比べて、選べる。ホームプロ<<

「ホームプロ」の評判は?実績NO.1リフォーム紹介サイトを元損保社員が紹介!リフォーム紹介サイト「ホームプロ」について元損保社員が評判をまとめました。業界ナンバー1ですでに80万人以上が利用しています。その評判の良さから、新聞やテレビ・ラジオなどで300回以上紹介されており、リフォーム業界では知らない人がいない有名サイトです。ホームプロは評判の良い厳選されたリフォーム業者から複数の見積もりがとれるため、相見積もりを取りたい方は絶対利用したほうがいいサイトです!...
関連記事 RELATED POST