火災保険

元損保社員が教える火災保険の選び方!ブログでしか教えられない情報

火災保険専任担当の元損保社員でファイナンシャルプランナーの筆者が分かりやすく「火災保険の選び方」についてまとめていきます。

あなたはご自宅の火災保険を契約するとき何を基準に選びましたか?
銀行・不動産の紹介や知り合いの代理店で決めたりとキチンと選べていない方も多いと思います。

しかし、火災保険は携帯と違い保険会社によって「補償内容」「月々の保険料」「サービス」「保険金の支払い」まで全く異なります。
そのため、火災保険は熟考して選ばれることをおすすめしますが、一般の方が火災保険を選ぶのは無理があるのは当然です。

そんな方のために、今回は難しい専門用語はできるだけ控えめに損保社員でしかわからない火災保険の選び方をココだけで紹介していきます。

難しいコトは一切なし!火災保険を選び4ステップ

みなさん「火災保険を選ぶ」とき、どんなことを気にして選んでいますか?

火災保険の選ぶときって言われても何に気をつければいいかわからないな~

今回は火災保険の選び方を4つのステップでどこよりも簡単にわかりやすく紹介しますよ!

火災保険を決めていく4つのステップ

ステップあなたのお家、どんな家?
ステップ保険料は安いほうがいいに決まっている!
ステップ保険の内容・特徴を比較する!
ステップ選んだ火災保険の細かい部分をツメていく!
火災保険が決定!

さあ、では早速説明していきます!

ステップ1:あなたのお家、どんな家?

まず始めに、お住まいのご自宅を思い浮かべたときどのような危険があると思いますか?

私は住宅密集地に住んでいるから、やっぱり近くで火災が起きた場合の類焼被害かな~

僕は反対に周りに家がないから、台風がきたとき風当たりが強くて心配

家の必要な補償は千差万別です。
あなたに必要な補償は何なのかをまずは確認する必要があります。
その時に一つ参考にして欲しいのが「地域の特性」です。

地盤が低く水災(床上浸水)のリスクが高い家、高台に住んでいるため風当たりが強い家。
反対にマンションに住んでおり風災や水災の危険性が低い家。
どこに住んでいても様々な危険性がありますが、起こり得る災害の危険率は地域ごとに違います。

そのため、まずは自分の住んでいる家がどんな家なのかを理解することで必要な補償を見極めましょう。
できれば携帯のメモ帳に書き出しておくのが良いです。

あなたが住んでいる家の起こり得る危険(災害)を知り、メモなどで書き出しておく!

ステップ2−①:保険料は安いほうがいいに決まっている!

当たり前ですが保険料は安いに越したことはありません。ただし保険料や割引など各損保全く違います。

どうやって保険料の安い火災保険を選べばいいんだろう。

ここで利用できるのが火災保険の保険料比較サービスです。無料で保険料を比較できるため、是非活用していきましょう。

ステップ2−②日本最大級の無料火災保険見積もり比較サービスご紹介!

無料の火災保険料比較サイトとしてご紹介したいのが、無料見積もり・診断サービス「保険スクエアbang!」です。
「保険スクエアbang!」は10年以上にわたって120万件の契約実績がある最大手無料見積もり比較サービスです。

保険スクエアbang!の詳細は>> 火災保険の無料診断ならコチラから!<<

元損保社員FP

私も実際に利用してみた結果、非常に良心的に対応していただきました!

日本最大級の保険比較サイト!信頼と安心の実績!

「保険スクエアbang!」は10年以上にわたって120万件の契約実績があり、「たのめーる」や「保険見直し本舗」「ズバット」を運営している会社であるため、信用・信頼ができ、気軽に利用することができます。

比較サイトは怪しいというイメージがありますが、グループ会社としては2000人以上いる大企業が運営しているサイトだから安心できました!

たった30秒の入力で火災保険料の見積もりが可能!

保険料の比較を無料サービスで提供しているサイトは多々ありますが、「保険スクエアbang!」では30秒で見積もりをすることができます。
後日、一括見積もりをすると、損害保険見直し本舗という代理店が詳細を電話案内してくれます。

火災保険のプロアドバイザーが無料診断してくれる!

「保険スクエアbang!」は、火災保険のプロである保険見直し本舗の保険アドバイザーが無料診断してくれるので、必要な補償のみに加入することができます。
電話案内では、保険料の比較から補償内容の見直しまで幅広く対応していただけます。

電話連絡でのしつこいセールスがない!

「保険スクエアbang!」ではしつこいセールスが一切ありません。

元損保社員FP

実際私も利用してみた際は、翌々日に見積もり結果だけ連絡があり、その後不要なセールスの連絡は一切ありませんでした!

比較できる火災保険商品が多く、その数26商品!

「保険スクエアbang!」は火災保険の比較可能商品が最大で26商品あります。

保険アドバイザーがその中から、適切な火災保険を選んで提案してくれます!

保険スクエアbang!の詳細は>>火災保険の無料診断ならコチラから! <<

その他プラスポイント

・納得がいくまで何度でも無料診断ができる!
「保険スクエアbang!」は無料診断後も、何度でも無料で相談できます。補償内容や保険料を納得がいくまで検討できるため、見積もりを渡されて終わりということはありません。

・火災保険以外の無料診断も可能!
火災保険以外にも自動車保険や生命保険まで丁寧なコンサルティングにより、希望にかなったプランや補償を厳選し、提案することに力を入れています。

保険スクエアbang!の詳細は>>火災保険の無料診断ならコチラから! <<

他にも無料の火災保険の保険料比較サイトを下記記事でまとめています。

元損保社員が教えたい火災保険一括見積サイト3選|デメリットも元損保社員が教えたい火災保険を無料で比較できるサイトを紹介しています。実際に比較サイトを利用し、レビューも含んでいます。上位3社をピックアップしているため、3社のメリット、デメリットも紹介しています。ファイナンシャルプランナーの立場からも是非活用して欲しいです。...

必要な補償を付帯した場合、どの保険が一番安いのか調べる!その場合、無料の火災保険比較サイトを利用すると便利。

火災保険の相見積もりを取る際の注意点

火災保険の相見積もりを取る際、保険の契約内容について決めた上、同条件で比較する必要があります。

おすすめの条件は下記の通りです。

おすすめの火災保険の補償条件
  1. 保険の対象(補償される対象物)
    「建物のみ」「家財のみ」「建物+家財」を選べるが「建物+家財」がおすすめ。家財は特に火災や盗難、水漏れの場合、保険金が支払われることが多い
  2. 保険金額(最高保険会社が補償してもらえる金額)
    家を建てたときの購入金額(土地を含まない)に設定するのがよい。
  3. 保険期間(補償期間)
    通常1~10年選べるが、長期割がある火災保険は長期契約の方が安い。ただし途中で辞めることができないため、まずは1年契約がおすすめ。
  4. 地震補償
    地震補償はつけることをおすすめ。日本全体が地震大国で全世界で起こったマグニチュード6以上の地震の20.5%が日本で起こっているというデータもあります。

ステップ3:保険の内容・特徴を比較する!

保険料を比較相談し待っている間に、各保険会社・火災保険の特徴を見直しましょう。
保険金の支払われ方から支払スピード、ポイントが貯まるなど保険会社により特徴があります。

保険会社はどこも同じじゃないの?

保険会社により火災保険の「補償内容」「保険料」「サービス」「保険金の支払」は全く違います。今回は特徴がある火災保険を3つ紹介します

保険金の支払スピードNO.1「AIG損保」

AIG損保の火災保険は実際に被災した際の保険金支払いが迅速です。
場合によっては書類の提出前に見込み額の半額をいただける場合もあります。
保険金の支払いまでを考えていくのであればAIG損保の火災保険「ホームプロテクト総合保険」です。

元損保社員が教えるAIG損保の火災保険の口コミ・評判は?徹底解説AIG損保の火災保険「ホームプロテクト総合保険」について元損保社員で保険募集人・ファイナンシャルプランナーの筆者が徹底解説していきます。メリット・デメリットから評価・おすすめする人まで紹介しています。保険支払いの部分ではトップレベルのアメリカ出身火災保険をご検討してみてはいかがですか?...

楽天ヘビーユーザーならココ「楽天損保」

楽天損保の火災保険は月々の保険料に楽天ポイントが1%付与されます。
さらにこれを楽天カードで支払えば+1%ポイントが付与されるため、楽天生活圏の方は楽天損保の火災保険「ホームアシスト」をおすすめします。

元損保社員が教える楽天損保の火災保険の評判・口コミは?徹底解説楽天損保の火災保険「ホームアシスト」を元損保社員でファイナンシャルプランナー、保険募集人の筆者が徹底解説していきます。楽天損保の火災保険について、メリット・デメリットや楽天損保を選ぶ際の注意点をわかりやすく伝えています。...

サービスの充実度で選ぶなら「ソニー損保」

ソニー損保の火災保険は通常の補償だけではなく、会員優待サービスもついており、グルメ・レジャー・宿泊施設・映画チケット等の優待や割引を受けることができます。
他にも「修理業者紹介サービス」や「住まいの緊急かけつけサービス」等、サービスで選ぶならソニー損保の火災保険「新ネット火災保険」がおすすめです。

元損保社員が教えるソニー損保の火災保険の評判・口コミは?徹底解説元損保社員でファイナンシャルプランナー、保険募集人の筆者がソニー損保の火災保険「新ネット火災保険」について徹底解説していきます。他サイトではない本物のプロが見るソニー損保の他社と比較を。特徴をできるだけ捉えられるよう、メリット、デメリットをわかりやすく紹介しています。...

他にも調べたい方は当サイトのカテゴリー欄もしくは検索タブから調べることができます。できるだけ損保や共済を網羅していますが、記事がない火災保険があればコメントをください。

各保険会社の色があり、自宅にあった保険を選ぶ!火災保険の「補償内容」「保険料」「サービス」「保険金の支払」のどこを重視するか検討しましょう。

一旦STOP:どの火災保険するか2~3択決める!

もうこの時点でどの火災保険にするか決めました!

待ってください!ここで決めてしまうのはまだ早いです!保険料や補償内容はまだまだ見直す余地があります。

選択肢としては何択ぐらいあればいいの?

この時点で2~3種類の火災保険を選択肢として持っておくのが良いです

ステップ4:選んだ火災保険の細かい部分をツメていく!

チェック4の時点ではある程度契約する火災保険を選びましょう。
選んでいれば、それぞれの火災保険にオプション特約(より火災補償の補償内容を上げるオプション)をつけたり、不要な補償がついていれば外すことでさらに補償内容や保険料のシュミレーションをすることをおすすめします。

ではオプション特約としてあれば補償として追加を検討しても良い特約を紹介します!

おすすめの特約(オプション)
  • 地震上乗特約
    損保ジャパンとソニー損保等限定された損保会社にしかない特約です。地震等を原因とする火災、損壊、埋没、流失の損害が生じた場合に、地震保険金額とあわせて、最大で火災保険金額の100%まで補償します。通常は50%までしか補償ができません。
  • 個⼈賠償責任特約
    日常生活において、お客さまご自身またはご家族の方が、偶然な事故により法律上の損害賠償責任を負担することにより被った損害を補償します(例)買い物中に商品を壊してしまった。子供が自転車運転中に他人にケガをさせた。

続いて補償を外せるのであれば、検討しても良いと思われる補償や特約は以下です。

外すのを検討して良い補償
  • 水災(床上浸水)
    水災(床上浸水)はハザードマップでご自宅が高台にあるのであれば、外しても良いかもしれません。ハザードマップでご自宅の状態を知りたい方はハザードマップポータルサイトで知ることができます。ただし、パッケージ型の火災保険※は外せない場合があるため、注意が必要です。
  • 類焼損害特約
    契約の建物などから発生した火災・破裂・爆発により、近隣に与えた損害を補償する類焼特約ですが、近隣の家が火災保険に契約していれば類焼特約は不要です。基本的に類焼させてしまった場合でも賠償責任は生じないため、補償として外す検討をしてみてはいかがでしょうが。

※パッケージ型の火災保険とは損保ジャパンや東京海上日動といった代理店損保が売り出している補償内容が決められている火災保険です。

オプション特約をつけるor不要な補償は外すべし

ツメ作業が終わったら選んだ火災保険の中でも「保険料」と「補償内容」、「サービス」で一番納得のいく火災保険を選びましょう。

さあ、最後のツメ作業はおしまいです!あなたに合う火災保険は見つかりましたか?

まとめ:あなたに合う火災保険を見定めるべし!

多くの火災保険が台頭してきた近年、火災保険を選ぶことはより難しくなってきました。
この火災保険がNO.1というものはなく、それぞれの家や築年数や購入金額、はたまた地域性までを考慮し検討していくべきものです。

そのため、ご自身で自宅にあった火災保険を見極めて選んでいないと、被災した時に「こんな保険だったの?」「補償しておけばよかった」なんてことも。

今もしあなたが火災保険に契約しているならもう一度保険証書を見直し、保険料はいくら払っているのか、何を補償してくれるのか再度確認をするべきです。
是非より良い火災保険を選び、安心してお住まいいただけるようご検討ください。

もしわからないことがあれば下記のコメント欄にご質問ください!