火災保険

元損保社員が教える県民共済の火災保険の口コミ・評判は?徹底解説

火災保険専任担当の元損保社員でファイナンシャルプランナーの筆者が県民共済の火災保険「新型火災共済」について徹底解説していきます。

県民共済の火災保険はこんな人におすすめ!
  • 大手でも地元密着型の火災保険を契約したい方
  • 割戻金をもらいたい方
  • 保障よりも保険料をできるだけ安くしたい方
  • 地震保障も少しでいいから付帯したい方

こちらに該当する人は、県民共済の火災保険「新型火災共済」を検討してみてもいいかもしれません。

また、今回県民共済の火災保険「新型火災共済」として説明していきますが、都道府県民共済の火災保険は保障内容が同じであるため、同じ「新型火災共済」と思ってもらって構いません。

では早速ですが、説明していきたいと思います!

県民共済の火災保険のメリット!

  1. 小さい組織ではない!全国規模組織!
  2. 割戻金がついてくる!
  3. 掛金(保険料)が安い!
  4. 火災共済に契約すれば地震保障のついてくる!

小さい組織ではない!全国規模組織!

県民共済・都民共済・府民共済は個々で活動しているの?

いえ、実は都道府県民共済グループという大きな組織です。

県民共済は個々の組織であると思われる方も多いですが、都道府県民共済グループの一部であるため、大きなグループ組織に属しています。

当サイトでよく比較対象としている支払余力比率は都道府県民共済グループとして2019年時点で905%と高い水準を保っています。
ただし支払余力比率は民間保険会社とは計算方法が違うため、単純に比較できません。

支払余力比率
通常の予測を超えて発生する様々なリスク(巨大災害など)に対して、どの程度の支払余力を備えているかを判断する指標の一つです。

割戻金がついてくる!

割戻金とは共済で余剰金が出た場合に組合員に返還するお金のことであり、保険会社の「配当金」に相当するものをいいます。

共済は民間の保険会社と違い、生活協同組合であり利益を追求していないため、利益が出てしまった場合は割戻金として戻ってくる仕組みとなっています。

実際に支払われた割戻金の金額は?

以下は木造の住宅・家財合わせて保障額3,700万円、年間掛金29,600円の場合です。

2015年:10,419円
2016年:8,980円
2017年:8,939円
2018年:988円
2019年:1,323円

(引用元:https://www.kyosai-cc.or.jp/aboutus/account/genjo/pdf/all.pdf)

2017年までは割戻金が支払った掛金の1/3程度と非常に高い水準で返ってきているね!

2018年は台風21号と台風24号の被害があり、共済金の支払額が膨れ上がったため、割戻金が少額になっています。

掛金(保険料)が安い!

損保ジャパンの「THE すまいの保険」と比較しました。損保ジャパンの補償はスリム型で、保険料が最安のプラン内容とします。

居住地:東京都
購入年度:2015年
建物:3000万円
地震特約:なし
保険期間:1年間

損保ジャパンの「THE すまいの保険」の場合

エコノミープラン(損保ジャパンで一番最安値)年払の保険料:29,800円

県民共済の「新型火災共済」の場合

通常プラン年払の掛金:24,080円

ただし、保障内容は全く別物です。ただそれを含めても県民共済は掛金安いです。


これにさっきの割戻金が含まれていたら、すっごくお得だよね!

火災共済に契約すれば地震保障のついてくる!

県民共済の火災共済を契約すれば地震等基本共済金も保障としてついてきます。
住宅が罹災証明書により、「全壊」、「大規模半壊」、「半壊」と被害認定された場合、加入額の5%が支払われます。

また、住宅の損害額が20万円を超える破損の状態である場合は一律5万円の支払いとなります。

地震保障がついてくるといっても、少し手薄な感じがするな…

より地震補償を強化したい方は地震特約を付加することができます!

県民共済の火災保険のデメリット!

  • 保障内容が手薄であり、不安!

保障内容が手薄であり、不安!

県民共済の「新型火災共済」は保障内容が民間の保険会社よりかなり手薄です。
特に風災や雪災、水災といった自然災害の保障内容は見舞金制度となっており、全額の保障してくれるような共済ではありません。
また、オプション特約も借家人賠償責任特約・地震特約のみで保障全体としては県民共済だけでは心細いものとなっています。

県民共済の保障内容
  • 風水雪害
    最高保障額600万円の見舞金制度
  • 水害(床上浸水)
    最高保障額300万円の見舞金制度

県民共済の火災保険の口コミは?

JA共済から県民共済に変更した直後の事でした。2回ひどい台風が来て、屋根瓦が多数飛んでしまいました。気にはなっていたのですが、ひどい雨漏りがありませんでしたので、少し様子を見てました。
「火災保険の保険の対象になるのではないか」と親戚が教えてくれました。保険の規約をさがして読みました。確かに台風等の自然災害にも補償の適用があると書いてあります。
まず役所に行きまして、罹災証明書をお願い致しました。そして、いつも自宅の修理・リフォーム等をお願いしている工務店に連絡しました。雨の日が多かったり、屋根瓦を注文していただいたりして、結構時間がかかりましたが、ちゃんと直して頂きました。終了後、保険の用紙をお渡しして、ご記入をお願いしました。
費用の金額については、こちらからは何も申し上げませんでした。ですが、保険の事を考慮してか、その当時20万~30万の場合、20万円補償されるのですが、20万より少し多い位の金額でした。
保険を変えたばかりで、ほとんど修理費をカバーして頂いて申し訳ないなと思いながら保険の請求を致しましたが、すぐに払って頂いた上に、その年の割戻金もいただきました。非常に助かりました。
火災保険で台風被害の補償があるとは頭にありませんでしたので、教えてもらって良かったです。

https://iehoken.com/rank/kenminkyosai.html

我が家は県民共済の火災共済に入っていますが、数年前に暴風により保障を受けました。
爆弾低気圧と言われる台風並みの暴風が吹いた時があり、台風ではなかったものの、最高瞬間風速が40m近くにもなり、経験した事のない風でした。
我が家は、左隣と裏手が大きな空地となっていて、風が吹くと直撃します。
また、沿岸地域のため、風は結構当たっていますが、その日の爆弾低気圧の暴風は、かつて経験したことのないような家の揺れを感じました。おかげで眠れなかったほどです。
夜中に何度も、外で何かが飛んでいる音がしました。しかし、夜中ということもあり外には出れませんでした。
翌朝、家の周囲を見渡すと、なんと屋根の一部が剥がれ落ちていたのです。約3メートルにもわたって屋根が剥がれ、周囲に落ちていました。
そこで、加入していた火災共済の方に連絡を取りました、担当の方がいらして、現地の写真を撮っていかれました。
後日、無事に補償金がおりました。補修にかかった金額全額はおりませんでしたが、とても助かりました。
火災共済には長年入っていましたが、もちろん火事をおこしたこともありませんので、初めて「火災共済に入っていて良かった」と感じたでき事でした。
周囲には、やはり火災共済には加入していない人も多いのですが、こういったこともあるので入っていて損はないのかなとも感じます。

https://iehoken.com/rank/kenminkyosai.html

県民共済の火災保険を元損保社員が総評!

とにかく掛金が安い!お守り保険

都道府県民共済の最大の魅力はやはり掛金(保険料)の安さでしょう。
元々の掛金が安いだけでなく、割戻金もあるため、より月々の費用がリーズナブルになっています。
また地元密着型と思われがちな都道府県民共済共済ですが、実は組織としては大きく全国規模であること、しっかりとした保険支払余力を残しているのも魅力の一つです。

ただし、気になるのはやはり保障が手薄な部分です。
民間の保険会社と比べて、風災や雪災、水災といった自然災害が見舞金制度になっており、地震保障としても特約を付帯したうえで契約額の最大20パーセントまでしか支払われないため、自然災害や地震を満額保障してほしい方には不向きです。
火災保険は無料の比較サイトで保険料から補償内容まで比較するのがおすすめです。    

【無料】非対面で火災保険を一括見積りする!【コロナ時代だからこそ】

元損保社員FP

元損保社員でファイナンシャルプランナーのキューピーが火災保険の比較サイトを徹底解説しています。是非、下記緑囲み元損保社員が教えたい火災保険一括見積もりサイト3選」をご覧ください!

元損保社員が教えたい火災保険一括見積サイト3選|デメリットも元損保社員が教えたい火災保険を無料で比較できるサイトを紹介しています。実際に比較サイトを利用し、レビューも含んでいます。上位3社をピックアップしているため、3社のメリット、デメリットも紹介しています。ファイナンシャルプランナーの立場からも是非活用して欲しいです。...

ウェブクルー
10年以上にわたって120万件の契約実績がある最大手火災保険の無料見積もり比較サイト
>>火災保険の無料診断サービス

インズウェブ
業界トップクラス!最大16社が見積が取れ、SBIが運営する20年近く運営している老舗比較サイト
>>火災保険を比較する

住宅本舗
お客様満足度92%・商品40商品からあなたにピッタリの火災保険を!今急成長中の比較サイト
>>火災保険の見直しで家計を節約