火災保険

県民共済の火災保険の口コミ・評判は?元損保社員が徹底解説

火災保険専任担当の元損保社員でファイナンシャルプランナーの筆者が県民共済の火災保険「新型火災共済」について徹底解説していきます。

県民共済の火災保険はこんな人におすすめ!
  • 大手でも地元密着型の火災保険を契約したい方
  • 割戻金をもらいたい方
  • 保障よりも保険料をできるだけ安くしたい方
  • 地震保障も少しでいいから付帯したい方

こちらに該当する人は、県民共済の火災保険「新型火災共済」を検討してみてもいいかもしれません。

また、今回県民共済の火災保険「新型火災共済」として説明していきますが、都道府県民共済の火災保険は保障内容が同じであるため、同じ「新型火災共済」と思ってもらって構いません。

では早速ですが、説明していきたいと思います!

県民共済の火災保険のメリット!

  1. 小さい組織ではない!全国規模組織!
  2. 割戻金がついてくる!
  3. 掛金(保険料)が安い!
  4. 火災共済に契約すれば地震保障のついてくる!

小さい組織ではない!全国規模組織!

県民共済・都民共済・府民共済は個々で活動しているの?

いえ、実は都道府県民共済グループという大きな組織です。

県民共済は個々の組織であると思われる方も多いですが、都道府県民共済グループの一部であるため、大きなグループ組織に属しています。

当サイトでよく比較対象としている支払余力比率は都道府県民共済グループとして2019年時点で905%と高い水準を保っています。
ただし支払余力比率は民間保険会社とは計算方法が違うため、単純に比較できません。

支払余力比率
通常の予測を超えて発生する様々なリスク(巨大災害など)に対して、どの程度の支払余力を備えているかを判断する指標の一つです。

割戻金がついてくる!

割戻金とは共済で余剰金が出た場合に組合員に返還するお金のことであり、保険会社の「配当金」に相当するものをいいます。

共済は民間の保険会社と違い、生活協同組合であり利益を追求していないため、利益が出てしまった場合は割戻金として戻ってくる仕組みとなっています。

実際に支払われた割戻金の金額は?

以下は木造の住宅・家財合わせて保障額3,700万円、年間掛金29,600円の場合です。

2015年:10,419円
2016年:8,980円
2017年:8,939円
2018年:988円
2019年:1,323円

(引用元:https://www.kyosai-cc.or.jp/aboutus/account/genjo/pdf/all.pdf)

2017年までは割戻金が支払った掛金の1/3程度と非常に高い水準で返ってきているね!

2018年は台風21号と台風24号の被害があり、共済金の支払額が膨れ上がったため、割戻金が少額になっています。

掛金(保険料)が安い!

損保ジャパンの「THE すまいの保険」と比較しました。損保ジャパンの補償はスリム型で、保険料が最安のプラン内容とします。

居住地:東京都
購入年度:2015年
建物:3000万円
地震特約:なし
保険期間:1年間

損保ジャパンの「THE すまいの保険」の場合

エコノミープラン(損保ジャパンで一番最安値)年払の保険料:29,800円

県民共済の「新型火災共済」の場合

通常プラン年払の掛金:24,080円

ただし、保障内容は全く別物です。ただそれを含めても県民共済は掛金安いです。


これにさっきの割戻金が含まれていたら、すっごくお得だよね!

火災共済に契約すれば地震保障のついてくる!

県民共済の火災共済を契約すれば地震等基本共済金も保障としてついてきます。
住宅が罹災証明書により、「全壊」、「大規模半壊」、「半壊」と被害認定された場合、加入額の5%が支払われます。

また、住宅の損害額が20万円を超える破損の状態である場合は一律5万円の支払いとなります。

地震保障がついてくるといっても、少し手薄な感じがするな…

より地震補償を強化したい方は地震特約を付加することができます!

県民共済の火災保険のデメリット!

  • 保障内容が手薄であり、不安!

保障内容が手薄であり、不安!

県民共済の「新型火災共済」は保障内容が民間の保険会社よりかなり手薄です。
特に風災や雪災、水災といった自然災害の保障内容は見舞金制度となっており、全額の保障してくれるような共済ではありません。
また、オプション特約も借家人賠償責任特約・地震特約のみで保障全体としては県民共済だけでは心細いものとなっています。

県民共済の保障内容
  • 風水雪害
    最高保障額600万円の見舞金制度
  • 水害(床上浸水)
    最高保障額300万円の見舞金制度

県民共済の火災保険の口コミは?

アンケート集計人

80名以上の火災保険加入者から独自でアンケートを取りました。良いことも悪いこともリアルな口コミ・評判をご覧ください。

人に紹介したい、素晴らしい火災保険(40代男性)

■総合満足度:★★★★★
■火災保険申請の経験:なし

こちらの火災保険は以前に加入していた火災保険と比べて本当にリーズナブルです。
それでいて保証内容も以前の火災保険と比べて本当に遜色ないですね。充実した保証内容であったため、「この保証内容であれば、万が一火事を起こしても大丈夫だ。」と感じました。

スタッフの説明も素晴らしいです。
私が分からない事はきちんと最後まで説明してくれました。
実は補償金額についてよく分からない部分がありましたが、何回も説明してくれましたので、本当に助かりました。
その点も本当に素晴らしかったです。

契約を決意して実際に責任開始になるまでの時間も短かったです。そのため安心して生活する事ができました。
実際に火災を起こしてこちらの火災保険を申請した事はないので、申請した内容やその際の保険料の振り込みなどについては分からないです。
しかし契約時の対応から考えると、比較的早く対応してもらえるのではないかと考えています。他人から火災保険の紹介を頼まれたら、私は間違いなくこちらの火災保険を紹介したいと考えています。
それくらい素晴らしい火災保険だと思います。

落雷で全額ではないが、共済金が下りた(30代女性)

■総合満足度:★★★★☆
■火災保険申請の経験:あり

今まではあまり重視してこなかった火災保険ですが、近年住宅火災が目立つようになってきていることが気になり、家を持ったことを機に火災保険をしっかり選んで入ろうと思いました。
火災保険に対しては無知だったので、多様な火災保険の資料請求から初め、どのような違いがあるのか眺めていましたが決め手が何なのか選別することが難しかったです。
そのため、近所の人や同様の建設会社で家を建てた人に話しを伺い掛け金もリーズナブルでしっかりとした保障もあるこの保険にしました。
この保険は簡単に掛け金がシミュレーションできて、火事・地震両方の保障を兼ね揃えていても高額にはならなかったので良かったです。

落雷の影響で家財が壊れてしまうことは今まで考えてもなかったことてすが、大きな落雷があったときに近所の電信柱が一部破損したようでその影響で家の洗濯機の調子が悪く使えなくなりました。
初めての経験だったので保障で対応してもらえるか分からず、対応コールセンターに連絡すると詳細な状況を聞かれ、対応までに時間はかかりましたが保険が降りたので良かったです。
最初の見積もり通りとは少し額に変化はありましたが全く保障がないよりは少しでもあった方が良かったので申請できて良かったです。

割戻金があるのが嬉しい!(40代女性)

■総合満足度:★★★★☆
■火災保険申請の経験:なし

最低限、安心できる内容の保険に加入したかったのでこの保険を選びました。
当時、火災保険には全く加入しておらず、そのままでも良かったのですが、やはり近年の自然災害の多さを少し不安に感じていたので。

加入の際、他の保険会社はほとんど検討しませんでした。
本来は良く検討したほうが良いのかと思いますが、保険というとやはり苦手意識があるというか、商品を比較すればするほど違いが判らなくなりそうで、そこまでして違いがあるのかどうかも分からないですし。

県民共済を選んだのは、自宅によくチラシが投函されていてなんとなく以前から馴染みがあり、良く知っている親族も、県民共済に加入している、と言っていたことから、割とあっさりと加入してしまったというのが正直なところです。
今のところ、幸いも特に保険の申請が必要な事態は発生していないので、申請した場合にどのような対応をしてくれるのかはまだ分かりませんが、掛け金と保険内容のバランスが良く、必要なところはカバーしてくれるだろうと判断しての加入でした。
加入して2年が経ちますが、毎年わずかながらですが(率にすると5%程度の)割戻金もあるので、少しは嬉しいです。

月々の保険料が安いのが最大の魅力(30代女性)

■総合満足度:★★★☆☆
■火災保険申請の経験:なし

なぜ県民共済の火災保険を選んだからというと、実家で入っていた火災保険も、昔から県民共済のものだったからです。
共済なので大きな団体の保険だし、信用もできます。そして月々の保険料が安いのが最大の魅力です。

一年ごとに割戻金がかえってくるのは、得した気分になりとても嬉しいです。
他社の火災保険の方が、火災などが起きた時の保証はずっと大きいとは思います。より安心できるとも思います。
でもやはり保険料がやはり高いので、長年契約して払い続けると考えると、違いは相当大きくなると思います。

実際、毎日生活していく中で、火災にならないよう日頃から十分に気を付けているつもりです。
火災が起きてしまう確率は、たぶんものすごく少ないだろうと考えています。
保険を請求するような惨事が起きることは、正直無いんじゃないかと思っているのです。
なので、万が一火災が起きてしまった時に、保険は入ってないのは困りますので、とりあえず最低の条件でも良いからと思い加入している状態です。

県民共済の新型火災共済は、台風、地震などでも一保険金が出ることもあるようです。
最低の条件で加入しているのですが、でもある程度満足できる保証内容なので、この保険でよかったと思っています。

県民共済の火災保険を元損保社員が総評!

とにかく掛金が安い!お守り保険

都道府県民共済の最大の魅力はやはり掛金(保険料)の安さでしょう。
元々の掛金が安いだけでなく、割戻金もあるため、より月々の費用がリーズナブルになっています。
また地元密着型と思われがちな都道府県民共済共済ですが、実は組織としては大きく全国規模であること、しっかりとした保険支払余力を残しているのも魅力の一つです。

ただし、気になるのはやはり保障が手薄な部分です。
民間の保険会社と比べて、風災や雪災、水災といった自然災害が見舞金制度になっており、地震保障としても特約を付帯したうえで契約額の最大20パーセントまでしか支払われないため、自然災害や地震を満額保障してほしい方には不向きです。
火災保険は無料の比較サイトで保険料から補償内容まで比較するのがおすすめです。    

【無料】非対面で火災保険を一括見積りする!【コロナ時代だからこそ】

元損保社員FP

元損保社員でファイナンシャルプランナーのキューピーが火災保険の比較サイトを徹底解説しています。是非、下記緑囲み元損保社員が教えたい火災保険一括見積もりサイト3選」をご覧ください!

元損保社員が教えたい火災保険一括見積サイト3選|デメリットも元損保社員が教えたい火災保険を無料で比較できるサイトを紹介しています。実際に比較サイトを利用し、レビューも含んでいます。上位3社をピックアップしているため、3社のメリット、デメリットも紹介しています。ファイナンシャルプランナーの立場からも是非活用して欲しいです。...

ウェブクルー
10年以上にわたって120万件の契約実績がある最大手火災保険の無料見積もり比較サイト
>>火災保険の無料診断ならコチラから!

インズウェブ
業界トップクラス!最大16社が見積が取れ、SBIが運営する20年近く運営している老舗比較サイト
>>火災保険を比較する

住宅本舗
お客様満足度92%・商品40商品からあなたにピッタリの火災保険を!今急成長中の比較サイト
>>火災保険の見直しで家計を節約