ココだけ火災保険情報

お部屋の保険ワイドⅡは高いのか?元損保社員が解説!

みなさん、賃貸入居者向けの火災保険(家財保険)を契約していますか?
賃貸入居者向けの火災保険の中でも、東京海上ミレア少額短期のお部屋の保険ワイドⅡは巷で保険料が高いという噂があります。

本記事では本当にお部屋の保険ワイドⅡは高いのか、高い理由があるのかについてまとめています。

お部屋の保険ワイドⅡは高い?

まず結論だけ申し上げますと、東京海上ミレア少額短期のお部屋の保険ワイドⅡは他の賃貸入居者向けの火災保険よりも””といえます。

しかし、お部屋の保険ワイドⅡは高い理由があるため、それはこのあと説明していきます。

お部屋の保険ワイドⅡの保険料は?

東京都にお住まいの方を例にお部屋の保険ワイドⅡの保険料を算出してみました。

お部屋の保険ワイドⅡ年間保険料:9,500円
家財補償250万円
地震災害費用20万円
借家人賠償責任2000万円
借家修理費用100万円
個人賠償責任2000万円
臨時宿泊費用20万円
被災転居費用20万円

同じように日新火災のお部屋を借りるときの保険でも見積もりを作成しました。

お部屋を借りるときの保険年間保険料:6,000円
家財補償300万円
借家人賠償責任2000万円
借家修理費用300万円
個人賠償責任1億円
被害事故法律相談費用30万円

これは独自で見積もりを作成したため、参考程度にしていただき、契約をするときは必ず代理店で再度見積もりを作成してください。

確かにお部屋の保険ワイドⅡの保険料は高いのかも…

単純に保険料だけをみるとそうですね!

補償内容が違うため、保険料は高い!

お部屋の保険ワイドⅡ
お部屋を借りるときの保険
  • 家財補償:250万円
  • 地震災害費用:20万円
  • 借家人賠償責任:2000万円
  • 借家修理費用:100万円
  • 個人賠償責任:2000万円
  • 臨時宿泊費用:20万円
  • 被災転居費用:20万円
  • 家財補償:300万円
  • 借家人賠償責任:2000万円
  • 借家修理費用:300万円
  • 個人賠償責任:1億円
  • 被害事故法律相談費用:30万円

単純に保険料だけを見てしまうとお部屋の保険ワイドⅡの方が高くなりますが、補償内容が圧倒的に違います

お部屋の保険ワイドⅡでは「水災」と「破損・汚損」が補償されるのに対して、お部屋を借りるときの保険は「水災」と「破損・汚損」は補償されません。
また、お部屋の保険ワイドⅡでは「地震災害費用」が補償されますが、お部屋を借りるときの保険では補償されません。
諸費用についてもお部屋の保険ワイドⅡの方が充実した補償になっています。

お部屋の保険ワイドⅡメリット!
  • 水災、破損・汚損補償あり!
  • 地震災害費用補償あり!
  • 諸費用充実!

どんな補償が違うの?

お部屋の保険ワイドⅡではお部屋を借りるときの保険にはついていない以下の補償がついています。

水災

床上浸水で家財が冠水した場合、保険金が支払われます。

破損・汚損

不注意で室内の家財を壊した場合、保険金が支払われます。

地震災害費用

借用戸室が属する建物が地震等で全損となった場合、保険金が支払われます。

お部屋の保険ワイドⅡのデメリットは?

しかし、お部屋の保険ワイドⅡで唯一気になる点は個人賠償責任保険が2000万円までしか補償されないところでしょうか。
過去に以下のような事例があります。

事故が起きたのは08年9月の夜。神戸の小学5年生の児童が自転車で暗い坂道を下った際、62歳の女性と正面衝突。女性は頭を強く打ち、脳挫傷の重傷。一命は取り留めましたが、意識障害、四肢拘縮の後遺障害が残りました。被害者側が裁判を起こすと、神戸地裁が自転車事故の加害者に9500万円の賠償責任命令を下しました。

https://president.jp/articles/-/24530?page=1

これはかなり特殊ですが、個人賠償責任保険が2000万円だと補えない事例が今までも複数ありました。
特に水濡れで階下に被害を与えてしまった場合、個人賠償責任保険が有効活用されるため、もう少し補償内容としてほしいかなと思います。

個人賠償責任保険は以下記事でもまとめています。

火災保険のおすすめ特約を紹介!デメリットも元損保社員が暴露火災保険のおすすめ特約について火災保険専任担当の元損保社員でファイナンシャルプランナーの筆者が徹底解説していきます。今回おすすめとして紹介しているのが個人賠償責任特約、事故再発防止等費用特約、地震危険等上乗せ特約の3種類です。メリット、デメリットもあわせて紹介しています。...

お部屋の保険ワイドⅡの補償内容は?

お部屋の保険ワイドⅡは家財の補償以外にも以下の補償が費用保険金としてセットされています。

  • 借家人賠償責任保障
    ・火災
    ・破裂・爆発
    ・給排水設備の使用または管理に起因する漏水・放水または溢水による水濡れ
  • 個人賠償責任保障
  • 災害修理費用等保障
    ・借用戸室の修理費用
    ・洗面・浴槽・便器の修理費用
    ・取付板ガラスの修理費用
    ・専用水道管修理費用
    ・ドアロック交換費用
    ・凍結再発防止費用
  • 死亡時修理費用保障
    ・死亡による修理費用
    ・遺品整理費用
  • 地震災害費用
  • 臨時宿泊費用
  • 被災転居費用
  • 残存物取片づけ費用
  • 失火見舞費用

ここまでの補償内容は覚える必要はありません。ご自宅で困ったことがあれば、保険会社もしくは代理店に問い合わせましょう!

まとめ:お部屋の保険ワイドⅡは高いけど、補償が充実!

お部屋の保険ワイドⅡは賃貸用の火災保険の中だと保険料は高いことは否めません。
しかし、それだけ補償内容は充実しており、安心感がある家財保険といえます。

個人賠償責任保険は最高2000万円までしか補償されない部分が若干不安点として残りますが、それでも圧倒的に他社より補償内容は充実しており、できるだけ穴がないような仕組みになっています。
個人賠償責任保険が気になるのであれば、別途追加で補償に入ってもいいかもしれないですね。

もし火災保険の見直しを検討されていれば、火災保険の一括見積サイトで見積もりを作り比較するのがおすすめです。

この後、火災保険の一括見積サイトについては説明します!

国内最大の火災保険見積もり比較サイトを紹介!

ここ毎年火災保険は改悪の一途を辿っており、2022年には全国平均で10.9%火災保険料が値上がりし、長期契約が最長10年から5年に短縮されることを皆さんご存知ですか?
値上がりの前に火災保険の見直しとして、無料火災保険一括見積もり比較サイトでご紹介したいのが、CMでもお馴染みの「保険見直し本舗」が運営している日本最大級の見積もり・診断サービス「保険スクエアbang!」です。

とりあえず火災保険無料見積もりをとってみたい方におすすめです!

保険スクエアbang!のホームページはコチラ>>火災保険の無料診断ならコチラから!<<

6つのGoodポイント!
  1. 10年以上にわたって120万件の契約実績があり、日本最大級保険比較サイト
  2. CMでも知られている業界トップクラスの「保険見直し本舗」が運営!
  3. 国際規格ISO27001を取得しており、個人情報もしっかり守られる!
  4. しつこいセールスがない!主に保険見直し本舗からの連絡!
  5. たった30秒の入力で火災保険料の見積もりが可能!
  6. 火災保険のプロアドバイザーが何度でも無料診断してくれる!

保険スクエアbang!のホームページはコチラ>>火災保険の無料診断ならコチラから!<<

最大手比較サイト保険スクエアbangの評判は?実績トップクラスの理由を説明します!保険スクエアbang!は火災保険比較サイトとしても最大手のサービスです。10年以上にわたって累計利用者が650万人、契約件数120万件以上と実績も十分です。火災保険のプロアドバイザーが無料診断してくれ、たった3分の入力で火災保険料の見積もりが可能です。...

ABOUT ME
記事執筆:peya
【経歴】2012年に損害保険会社に中途入社⇨火災保険損害サービス課で8年間勤務⇨損害保険会社を退職後、実家を継ぐ【資格】ファイナンシャルプランナー2級/アフィリエイテッドファイナンシャルプランナー(AFP)
関連記事 RELATED POST