ココだけ火災保険情報

家財保険で300万円は少ない?元損保社員が徹底解説

家財保険を契約するときに契約額を決める必要がありますが、みなさんはいくらに設定していますか?
今回は家財保険の中でも最低金額と言われている300万円は少ないのかについてまとめています。

この記事のまとめ!
  • 家財保険で300万円設定は少ない?
  • 家財保険が300万円で十分な世帯は?
  • 2人世帯以上で家財保険を300万円で契約してもいい人とは?
  • 家財保険を安くする方法は?

巷で騒がれている「家財保険300万円少ない」問題について、元損保社員がまとめます。

家財保険で300万円は少ないのか?

まず、結論からお伝えすると家財保険を保険金額300万円に設定するのはかなり少ないです。
通常、家財保険は100万円単位で契約ができ、最高2,000万円まで補償ができます。中には10万円単位の保険会社や共済や最低補償額が300万円の保険会社もあります。

もちろん世帯人数や年齢、はたまた安い家財を購入されているのか、それとも高い家財道具を購入されているのかによって“家財保険300万円が少ない論争”は終止符を打つことでしょう。

家財保険の目安表を確認しよう!

まずは家財の一般的な目安を確認するべく、家財簡易評価表をご覧ください。
家財簡易評価表はそれぞれの保険会社が独自で目安を決めており、主に年齢と家族構成で家財の一般的な評価額が確認できます。
家財簡易評価表は保険会社それぞれが持っており、算出方法に多少の違いはありますが、金額はほとんど差がないです。

上記の表をご覧いただくと、家財の評価額300万円は独身世帯(1人世帯)の一般的な評価額となっています。
家財簡易評価表では2人世帯以上の場合は500万円以上必要なようです。

家財保険の相場については以下記事でもまとめています!

家財保険の相場は?おすすめの家財保険を元損保社員が教えます!「家財保険の相場」や「おすすめの家財保険」「家財保険の探し方」を元損保社員でファイナンシャルプランナーの筆者が教えます。ここだけ家財保険情報もあるため、家財保険を選んでいる、選び方がわからない方は必見です。家財保険の減らせる限度までお伝えしています。...

本当に独身世帯で家財保険300万円は十分なのか?

先ほどの家財簡易評価表をみると「独身世帯では家財保険300万円は十分」といえますが、本当にそうなのでしょうか。
もちろん家財道具をどれだけ持っているか、持っていないかによって変わってきます。
これは実際に計算してみないとわかりません!

独身世帯で家財金額を積算してみた!

では1人世帯の家財類は実際にどのぐらいの家財道具があって、どのぐらいの費用が掛かるのでしょうか。
実際に私が独身時代を思い出して家財をピックアップし、費用も相場の価格で算出してみました。
あなたの家とは違うと思いますが、一参考としてご覧ください。

電化製品:80~130万円

内訳:冷蔵庫10万円、洗濯機10万円、テレビ10万円、掃除機5万円、レコーダー5万円、暖房器具5万円、こたつ5万円、電子ジャー3万円、電子レンジ1万円、オーブントースター1万円、アイロン1万円、ドライヤー1万円、扇風機1万円
その他50~80万円(カメラ、ピアノ、腕時計、パソコン、楽器類、加湿器、空気清浄機、マッサージチェア、固定電話、乾燥機、電気カミソリなど)
※賃貸の場合はエアコンやガスコンロ、シーリングライトなども家財道具になります。

家具類:80~100万円

内訳:寝具類10万円、タンスや本棚など10万円、カーテン10万円、ダイニングテーブル5万円、ダイニング椅子2脚8万円、食器棚5万円、絨毯5万円
その他30~50万円(学習用机、ドレッサー、傘立て、仏壇など)

衣類や雑貨類など小物:120万円~

内訳:アウター20万円以上(コートやダウンなど)、スーツ20万円以上、靴10万円、化粧品類10万円、マフラーやパジャマ、セーターなど10万円、カバン10万円、Tシャツや長袖シャツ5万円、キッチン道具5万円、食器類5万円、靴下やパンツ1万円、
その他雑貨類30万円程度(美容品、お風呂セット、医薬品、他ゴルフセットなど趣味道具)

2人以上の家族なら300万円では少ないのか?

結論からお伝えすると2人以上の家族構成の場合、家財保険300万円は少ないです。個人的意見をお伝えすると2人以上の家族であれば、最低500万円は必要でしょう。

先ほどの家財簡易評価表からも分かる通り、子どもがいる世帯や30代以上の2人世帯の方には少し物足りないところです。
また、一人暮らしでも300万円以上は持っている方がほとんどです。

上記表はセゾン自動車保険のじぶんで選べる火災保険の家財簡易評価表です。
じぶんで選べる火災保険では、主に年齢と家族構成で評価額が決められており、上表にない家族構成の場合は、家財大人(18歳以上)1名につき170万円子供(18歳未満)1名につき90万円を目安に加算・減算するようになっています。

“家財保険500万円は少ない論争”は以下記事でまとめています!

家財保険500万円は少ない?元損保社員が徹底解説!元損保社員が家財保険500万円補償は十分なのかそれとも少ないのかについて徹底解説していきます。家財保険いくら補償すればよいか、そもそも家財保険を契約する必要があるのかお悩みの方が非常に多いです。元損保社員目線で解説しているため、代理店目線とは違ったものになっているかもしれません。家財保険についてお悩みの方は是非ご覧ください。...

家財保険300万円で契約していいのはこんな人!

それでも2人以上の世帯で家財保険を300万円、もしくは一般的な価格より安く契約したい方いらっしゃると思います。
個人的に思う家財保険を300万円にしてもいい人は以下のような方です。

  1. 家財保険をお守り程度で考えている!
  2. 資産(貯金が)十分にある!
  3. 保険料を払うと家計が火の車になる!

家財保険をお守り程度で考えている!

火災保険や家財保険の保険金額を決めるのはあなたです。
代理店や保険会社、当サイトがとやかく言うことではありません。助言をさせていただくとすれば「家財保険300万円は結構少ないですよ」と言います。
しかし「お守り程度で考えているし、実際被害に遭っても全部買い直さない!」という方はもちろん家財保険を300万円で検討してもいいと思います。

資産(貯金が)十分にある!

買い直すだけの費用を引いても貯えが十分にあるのであれば、家財保険300万円でもいいですし、もしくは家財保険に契約しなくてもいいかもしれません。
保険はお金がない人ほど契約をしたほうが良いものなので、お金があれば必要がないといえます。

保険料を払うと家計が火の車になる!

火災保険はあなたを守るための保険なので、あなたを苦しめてしまっては元も子もありません。
家財保険の保険金を300万円にしないと家計が赤字になるという方は、家財保険は300万円に抑えるべきですよね。

家財保険を安く契約する方法は?

もし家財保険の保険料が高くて契約に悩んでいるのであれば、対策として以下の3パターンが考えられます。

  1. 不要な補償を外し、契約をする!
  2. 保険金額を減らす!
  3. 共済を検討する!

不要な補償を外し、契約をする!

家財保険の中でも不要な補償を外すことで、保険料を安くすることができます。
まずは家財保険の補償内容について説明をします。

家財保険は主に以下の10種類の補償内容から形成されています。

火災・破裂・爆発

家財が火事や破裂爆発などで燃える被害を指します。例えば、隣家からのもらい火で自宅の家財道具が一式焼失した場合、保険金が支払われます。

落雷

家財が落雷により損壊する被害を指します。例えば、近くの電柱に雷が落ちたことが原因でテレビや冷蔵庫が損壊した場合に保険金が支払われます。

水災

家財が大雨や洪水により浸水する被害を指します。例えば、近くの川が氾濫し、家財が浸水した場合に保険金が支払われます。

風災・雪災・雹災

台風や豪雪、雹(ひょう)などにより家財が損壊する被害を指します。例えば、台風による影響で瓦が飛び、雨漏りしたことが原因で家財が濡れた場合に保険金が支払われます。

落下・飛来・衝突・倒壊

建物の外部からの物体の落下または衝突などにより家財が損壊する被害を指します。例えば、車両の衝突で物件が倒壊し、中にあった家財が損害を受けた場合に保険金が支払われます。

水濡れ

給排水設備の事故などの漏水で家財が汚損する損害を指します。例えば、マンションの上階からの漏水で家財が冠水した場合に保険金が支払われます。

暴力行為・破壊行為

他者からの暴力行為や集団行動、労働争議に伴う破壊行為が原因で家財が損害を受けた場合に保険金が支払われます。

盗難

盗難被害で家財類が盗まれる被害を指します。例えば、自宅が留守中に何者かにより現金やその他家財類が盗まれた場合、保険金が支払われます。

持ち出し家財

住居から一時的に持ち出された家財が日本国内の他の建物内で火災・水濡れ・盗難などの被害に遭った場合に保険金が支払われます。

破損・汚損

自分自身や家族の不注意で家財を破損・汚損する被害を指します。例えば、子どもがボール遊びをしてたらテレビにぶつかり壊れた場合、保険金が支払われます。

この中で外す補償は?

家財の中でも被害の可能性が低い「風災・雪災・雹災」や「暴力行為・破壊行為」、地盤が低くなければ「水災」は補償から外して契約するのはおすすめです。
特に風災・雪災・雹災や水災は補償から外すとガクッと保険料も下がるはずです。

補償の選び方については以下記事でもまとめています!

元損保社員が教える火災保険の選び方!ブログでしか教えられない情報火災保険ブログ「元損保社員のつぶやき」では火災保険の選び方を火災保険専任の元損保社員でFPの筆者が4つのステップを紹介しています。火災保険と聞くと難しく考えられるかたも多いですが、できるだけ難しい言葉をぬきでまとめています。おすすめの補償内容や、補償として外しても良い特約も紹介します。...

保険金額を減らす!

家財簡易評価表通り保険金を決めてしまうと、世帯人数が多い方や高齢の方は家財の保険料が高くなってしまうため、保険金を決める際は低めに設定をすると保険料も割安になり、節約になります。

「うちは元々家の家財道具は少ない」というミニマリストの方や、「断捨離をしており、他の人よりも家財が少ない」という方は簡易表より低く保険金を設定することがおすすめです。
保険金を決めるのは先ほど私が積算した方法で、自分の持っている家財の金額を積み上げていくのがよいでしょう。

家財保険の裏技を書いた記事でも同様の内容をまとめています!

家財保険の5つの裏ワザを知っていますか?元損保社員だから知っている方法家財保険の裏ワザについて元損保社員がまとめました。家財保険は裏ワザを利用し、割引制度も有効活用したり、補償を積極的に利用したりといった活用方法があります。今回は5つの裏技を紹介していますが、他にも裏技があればどんどん更新していきます。是非参考にしてください。...

共済を検討する!

火災保険だけではなく、火災共済も検討してみてもいいかもしれません。
共済とはJA共済や都道府県民共済、こくみん共済coopといった団体が有名で、営利目的としない生活協同組合(非営利団体)組織を指します。

利益を目的としていないため、比較的掛金が安く割戻金といわれる払い過ぎた分お金が戻ってくる制度があるため、お金を気にされている方はおすすめです。
ただし、火災共済はその分補償内容が薄く、実際に被害に遭った時に保険金が下りない場合もあるため、注意が必要です。

火災保険と火災共済の違いは以下記事でもまとめています!

【火災保険と比較】火災共済のメリットデメリットは?元損保社員が徹底比較火災共済と火災保険との違いや火災保険と比較した場合のメリット・デメリットについてまとめています。火災共済の人気ランキングについても300人からのアンケート結果をもとに作成しました。火災共済と火災保険の複数加入で保険料が安くなる方法もあります。...

まとめ:“家財保険300万円は少ない”抗争について!

結論、家財保険で300万円は少ないため、独身世帯であれば300万円でもいいかもしれませんが、2人以上の世帯であれば300万円以上必要といえます。

家財保険で一番必要なケースは、自宅が全焼してしまった時に補償がしっかりとできるかどうかが問題です。必要以上に保険金をかけなくてもいいし、保険金が少なすぎるのもよくありません。

家財保険で300万円は確かに少ないと思いますが、実際に積算してみて必要補償が300万円ということであれば妥当な金額とも言えるでしょう。
もしも、火災保険や家財保険の見直しをするのであれば、火災保険一括見積サイトがおすすめです。ぜひご活用ください。

国内最大の火災保険見積もり比較サイトを紹介!

ここ毎年火災保険は改悪の一途を辿っており、2022年には全国平均で10.9%火災保険料が値上がりし、長期契約が最長10年から5年に短縮されることを皆さんご存知ですか?
値上がりの前に火災保険の見直しとして、無料火災保険一括見積もり比較サイトでご紹介したいのが、CMでもお馴染みの「保険見直し本舗」が運営している日本最大級の見積もり・診断サービス「保険スクエアbang!」です。

とりあえず火災保険無料見積もりをとってみたい方におすすめです!

保険スクエアbang!のホームページはコチラ>>火災保険の無料診断ならコチラから!<<

6つのGoodポイント!
  1. 10年以上にわたって120万件の契約実績があり、日本最大級保険比較サイト
  2. CMでも知られている業界トップクラスの「保険見直し本舗」が運営!
  3. 国際規格ISO27001を取得しており、個人情報もしっかり守られる!
  4. しつこいセールスがない!主に保険見直し本舗からの連絡!
  5. たった30秒の入力で火災保険料の見積もりが可能!
  6. 火災保険のプロアドバイザーが何度でも無料診断してくれる!

保険スクエアbang!のホームページはコチラ>>火災保険の無料診断ならコチラから!<<

最大手比較サイト保険スクエアbangの評判は?実績トップクラスの理由を説明します!保険スクエアbang!は火災保険比較サイトとしても最大手のサービスです。10年以上にわたって累計利用者が650万人、契約件数120万件以上と実績も十分です。火災保険のプロアドバイザーが無料診断してくれ、たった3分の入力で火災保険料の見積もりが可能です。...

ABOUT ME
記事執筆:peya
【経歴】2012年に損害保険会社に中途入社⇨火災保険損害サービス課で8年間勤務⇨損害保険会社を退職後、実家を継ぐ【資格】ファイナンシャルプランナー2級/アフィリエイテッドファイナンシャルプランナー(AFP)
関連記事 RELATED POST