JA共済

JAの建物更生共済は雨漏り対象となるのか?元損保社員が徹底解説

JA共済の建物更生共済は「むてきプラス」という名称に変更され、民間の保険会社や通常の共済とは全く別物の火災共済へ生まれ変わりました。

そんな建物更生共済は台風の被害の中でも特に多い「雨漏り」が対象となるのかという質問が多かったため、今回検討していきたいと思います。

本記事は元損保社員が解説しています!

建物共済で雨漏り被害は支払われる?

JA共済の建物更生共済は雨漏り被害が支払われる場合支払われない場合があります。

支払われる場合
支払われない場合
  • 外部の破損がある雨漏り
  • 風災や雪災といった自然災害
  • 外部の破損がない雨漏り
  • 経年劣化による被害

外部の破損とは瓦が割れたり飛んでいったり、ガラスが破損したりといった、建物外側の被害のことを指します。
雨漏り被害は風災等の事故による建物や屋外設備などの外部の破損が原因による雨、風の吹込みによる損害に限られます。
この外部の破損があるかないかにより雨漏り被害の対象判断がされます。

なぜ外部の破損がない雨漏りは補償範囲外?

JA共済の台風や暴風雨による雨漏り被害は外部損壊がない場合は対象とはなりません。

JA共済の建物更生共済「むてきプラス」の免責事由では以下の通り決められています。

主な免責事由について(共済金をお支払いできない場合)
●共済の対象について、風、雨、雪、ひょう、砂じんその他これらに類するものの吹込みまたはこれらのものの漏入によって生じた損害(共済証書記載の建物または特定建築物の外側の部分が火災等または自然災害によって破損し、その破損部分から内部に吹き込むことまたは漏入することによって生じた損害を除きます。)
JA共済建物更生共済しおりより

例えばサッシ枠のコーキングからの雨漏りや外壁の隙間や屋根の隙間からの横殴り豪雨による雨漏りや、全て吹き込みによる雨漏り・劣化による雨漏りと判断され、支払われません。
これはJA共済の建物更生共済だからというわけではなく、火災保険でも外部の破損がない吹き込みによる雨漏りは補償範囲外になっているケースが多いです。

外部の破損があったとしても対象外になる可能性がある!

もしも、外部の破損があったとしても損害の額が5万円未満の場合は対象外になる場合があります。
建物更生共済の風災やひょう災、雪災は5万円以上でなければ補償されないと約款で決められています。

JA共済の建物更生共済「むてきプラス」の約款では以下の通り取り決められています。

第6条 風水災等共済金を支払う場合
組合は、共済期間中に風災、ひょう災、雪災または水災によって共済の対象について生じた損害の状況が、次のいずれかに該当する場合には、その損害に対して、この共済約款に従い、被共済者に風水災等共済金を支払います。
① 風災、ひょう災、雪災または水災によって生じた損害の損害割合が5%以上の場合
② 風災、ひょう災、雪災または水災によって生じた損害の損害割合が3%以上5%未満の場合
③ 風災、ひょう災または雪災によって生じた損害の額が5万円以上の場合

そもそも建物更生共済とは?

JA共済の建物更生共済は通常の火災保険ではなく、JA共済が独自に運営している火災共済です。

他の火災保険との大きな違いは、建物更生共済は満期共済金がついており、掛け捨てではない部分が魅力です。
また、JA共済の建物更生共済は毎年利益が出過ぎた分、返戻金として戻ってくる「割戻金」があるため、お得感があります。
ただし、実損てん補特約を付加しなければ、一定の割合で共済金が支払われてしまうため、実損てん補特約をセットしましょう。

詳しい話は別記事でまとめています!

JA共済のむてきプラスの口コミ・評判は?元損保社員が徹底解説JA共済の火災共済「建物更生共済むてきプラス」について火災保険専任担当の元損保社員でファイナンシャルプランナーの筆者が徹底解説していきます。メリットやデメリットからおすすめの人、不向きな人までわかりやすく紹介しています。民間の保険会社とは一味違う農家の共済、是非検討材料としてください。...

火災保険における雨漏り被害とは?

火災保険における雨漏りは大雨や台風など、自然災害による被害でなければ適用されません。
自然災害による雨漏りである場合は、外部の破損があるか確認をする必要があります。

外部の損壊とは「暴風により屋根材が飛ばされて雨漏りが発生した」「台風で飛ばされた飛来物が外壁にぶつかり雨漏りが発生した」といった原因が必要になります。
腐食やサビによる外部の破損があった場合、「風災」によるものではなく「経年劣化」による雨漏りとして判断され対象外になる可能性もあります。

原因不明の雨漏りの場合は?

雨漏りの原因が不明の場合は対象外になる可能性が高いです。
原因不明の場合は、雨漏りの原因を追究することで火災保険の支払いに導くことができます。

保険金での住宅修理を持ちかける業者には要注意

保険金で住宅の修理ができるという持ちかける所謂「火災保険申請代行業者」のトラブルが多発しています。

全国の消費生活センターには、住宅の修繕に関わる相談件数の増加傾向が続いており、2017年度は2008年度に比べて30倍以上になっています。

その手口のひとつが雨漏りの修繕工事で「台風で破損した屋根を保険金の範囲内で修理しないか。契約している損害保険会社への申請は当社が代行する」と勧誘し、保険金の30%~50%が請求(取られてしまう)仕組みとなっています。

もしこのような業者を利用している場合は保険会社内のブラックリストとして扱われてしまう場合があるため、優良の修理業者を選びましょう。

あまりにも火災保険申請代行業者は被害者が多いため、当サイトでは注意喚起を行っています。詳細は別記事でまとめています!

火災保険申請代行は違法?元損保社員がおすすめできない4つの理由 ここでは、「火災保険申請代行業者・火災保険申請サポート業者」について解説していきます。 火災保険申請サービスとは、火災保険請求・...

火災保険は自分で申請できる!

近年、火災保険の申請を代行する業者が流行っていますが、火災保険は自分で申請ができます。申請方法は以下の通りです!

❶ 修理業者を探し、見積書・修繕前写真を作成してもらう

まずは、被害を確認するために修理見積もり修理前写真を業者に依頼しましょう。

修理業者はホームプロで修理業者を選ぶのがおすすめです!

ホームプロ8つのGood!
  1. リフォーム会社紹介サイト利用者数NO.1で、すでに80万人以上が利用している!
  2. 独自の無料保証で安心安全に任せられる!
  3. 全国対応が可能で、複数社から見積もりをもらえる!
  4. 利用者は匿名のまま電話連絡は一切なし!マイページでやり取りをすすめる!
  5. 初めてのリフォーム会社でも安心!過去に利用した施主から口コミを見れる!
  6. 信頼できる会社だけを厳選するため、独自の基準で審査定期審査を実施!
  7. (株)リクルート100%出資しており、300回以上メディアで紹介されている!
  8. 利用満足度90%以上が満足と回答!

ホームプロのホームページはコチラ!>>リフォーム会社、比べて、選べる。ホームプロ<<

「ホームプロ」の評判は?実績NO.1リフォーム紹介サイトを元損保社員が紹介!リフォーム紹介サイト「ホームプロ」について元損保社員が評判をまとめました。業界ナンバー1ですでに80万人以上が利用しています。その評判の良さから、新聞やテレビ・ラジオなどで300回以上紹介されており、リフォーム業界では知らない人がいない有名サイトです。ホームプロは評判の良い厳選されたリフォーム業者から複数の見積もりがとれるため、相見積もりを取りたい方は絶対利用したほうがいいサイトです!...

❷ 保険会社へ被害の連絡

見積書を作成すると同時に、保険会社もしくは代理店へ被害を申告しましょう。契約者氏名、保険証券番号、損害の内容、原因、見積書、写真の有無などを伝えることとなります。

❸ 保険会社から申請用紙が送られてくる

保険会社から申請書類が送られてきます。簡易的な書類から間取図を書く書類まで保険会社によって申請書類は様々です。

❹ 保険会社へ申請用紙・見積書・修繕前写真を送る

申請書類を記入したら、業者から取り寄せた見積書・写真と一緒に保険会社へ送りましょう!

❺ 保険会社から保険金が振り込まれる

保険会社が見積書を査定後、保険金が振り込まれます。見積書が高額であったり不具合がある場合は、現地鑑定があります。

火災保険を申請する方法は別記事で詳しくまとめています!火災保険申請代行業者は利用せずとも自分で申請できるため、是非自分で申請してください。

火災保険の申請方法を元損保社員が教えます|おすすめ業者紹介火災保険の申請方法について元損保社員がどこよりもわかりやすく簡単に教えます。火災保険の申請方法だけでなく、保険会社の対応やオススメの業者、おすすめの申請方も情報盛り沢山です。対象になる被災も記載しています。...

まとめ:詳しくはJA共済の窓口へ!

今回はJA共済の建物更生共済に契約している方へ「雨漏り被害」は補償されるのか否かについてまとめましたが、支払いの判断は最終的に該当の保険会社(共済)となるため、JA共済の窓口へ一度問い合わせをされることをおすすめします。

当記事で提供する情報はあくまでも個人による一般的な意見です。当情報の利用およびその情報に基づく判断は読者の皆様の責任によって行ってください。個別の商品・サービスの詳細はそれぞれの規約・約款等を必ずご確認ください。

国内最大の火災保険見積もり比較サイトを紹介!

ここ毎年火災保険は改悪の一途を辿っており、2022年には全国平均で10.9%火災保険料が値上がりし、長期契約が最長10年から5年に短縮されることを皆さんご存知ですか?
値上がりの前に火災保険の見直しとして、無料火災保険一括見積もり比較サイトでご紹介したいのが、CMでもお馴染みの「保険見直し本舗」が運営している日本最大級の見積もり・診断サービス「保険スクエアbang!」です。

とりあえず火災保険無料見積もりをとってみたい方におすすめです!

保険スクエアbang!のホームページはコチラ>>火災保険の無料診断ならコチラから!<<

6つのGoodポイント!
  1. 10年以上にわたって120万件の契約実績があり、日本最大級保険比較サイト
  2. CMでも知られている業界トップクラスの「保険見直し本舗」が運営!
  3. 国際規格ISO27001を取得しており、個人情報もしっかり守られる!
  4. しつこいセールスがない!主に保険見直し本舗からの連絡!
  5. たった30秒の入力で火災保険料の見積もりが可能!
  6. 火災保険のプロアドバイザーが何度でも無料診断してくれる!

保険スクエアbang!のホームページはコチラ>>火災保険の無料診断ならコチラから!<<

最大手比較サイト保険スクエアbangの評判は?実績トップクラスの理由を説明します!保険スクエアbang!は火災保険比較サイトとしても最大手のサービスです。10年以上にわたって累計利用者が650万人、契約件数120万件以上と実績も十分です。火災保険のプロアドバイザーが無料診断してくれ、たった3分の入力で火災保険料の見積もりが可能です。...

ABOUT ME
記事執筆:peya
【経歴】2012年に損害保険会社に中途入社⇨火災保険損害サービス課で8年間勤務⇨損害保険会社を退職後、実家を継ぐ【資格】ファイナンシャルプランナー2級/アフィリエイテッドファイナンシャルプランナー(AFP)
関連記事 RELATED POST