SBI損保

SBI損保の火災保険の評判は?デメリットも元損保社員が徹底解説!

元損保社員でファイナンシャルプランナーの筆者がSBI損保の火災保険「SBI損保の火災保険」について徹底解説していきます。

SBI損保の火災保険はこんな人におすすめ!
  • 自宅がオール電化または非喫煙者の方
  • 補償内容を自分でカスタマイズしたい方
  • 割安の保険料で火災保険を契約したい方
  • 高額の貴金属類をお持ちの方

こちらに該当する人は、SBI損保の火災保険「SBI損保の火災保険」を検討してみてもいいかもしれません。

では早速ですが、説明していきたいと思います!

SBI損保の火災保険のメリット!

  1. オール電化や非喫煙者の方には朗報!保険料が割安に!
  2. 補償内容を自分で選ぶことができる!
  3. お手頃の保険料で契約できる!
  4. 高額の貴金属類を補償対象とできる!

メリット:オール電化や非喫煙者の方には朗報!保険料が割安に!

SBI損保の火災保険はたばこを吸わない世帯の場合に適用されるノンスモーカー割引と、すべての設備を電気でまかなうオール電化住宅である場合のオール電化割引があります。
火災への危険率が低くなるため、このような割引制度となっています。

ノンスモーカー割引は面白い割引制度だね!

ノンスモーカー割引はSBI損保独自の割引制度です。割引率は少額ですが該当する方は非常に有効でしょう。

また、新築割引という建物の建築年から10年未満の場合に適用されます。
この3種類の割引を利用することでより保険料が割安になります。

メリット:補償内容を自分で選ぶことができる!

SBI損保の火災保険は補償内容を自分でカスタマイズすることができます
補償内容をカスタマイズすることで、必要のない補償を外すことができ、保険料を安くすることができます。

試しに水災(床上浸水)を外したら保険料が20,000円程安くなった!

ただし必要な補償まで外してしまう可能性があるため、補償を外す際は本当に補償として必要がないか検討すると良いです。

メリット:お手頃の保険料で契約できる!

今回は損保ジャパンとSBI損保を同一条件で比較しました。

居住地:東京都
購入年度:2015年
建物:3000万円
家財:1000万円
自己負担額:なし
割引:なし
地震特約:なし
保険期間:1年

損保ジャパンの「THE すまいの保険」の場合

ベーシックⅠ型年払の保険料 :58,040円
ベーシックⅠ型に地震補償(50%)を年払の保険料:149,400円

SBI損保の「SBI損保の火災保険」の場合

損保ジャパンと同一プランの年払保険料:56,170円
損保ジャパンと同一プランに地震補償(50%)の年払保険料:135,640円

オール電化割引やノンスモーカー割引の割引はしていませんが、新築割引のみ適用となっています。
ここからもわかる通り、SBI損保の方が安くなっていますが、SBI損保は保険期間を2年以上からしか選ぶことができません
1年を選択することはできないため、注意が必要です。

保険料は変動するため、ご自身で火災保険の保険料比較サイトより保険料を比較されることをおすすめします!

元損保社員が教えたい火災保険一括見積サイト3選|デメリットも元損保社員が教えたい火災保険を無料で比較できるサイトを紹介しています。実際に比較サイトを利用し、レビューも含んでいます。上位3社をピックアップしているため、3社のメリット、デメリットも紹介しています。ファイナンシャルプランナーの立場からも是非活用して欲しいです。...

メリット:高額の貴金属類を補償対象とできる!

家財を補償対象にした場合で、家財のうち、1個または1組の価額が30万円を超える貴金属、宝玉および宝石ならびに書画、骨董、彫刻物、その他の美術品などを補償対象に含める場合には、「高額貴金属等」を選ぶことで、高額貴金属類を補償対象とすることができます。

高額貴金属類は他損保では補償対象外になる場合があるため、注意が必要です。

SBI損保の火災保険のデメリット!

  1. 安心感やネームバリューが今一つ
  2. 補償内容の選び方がわからない!
  3. 特約や費用保険の種類が少ない!

デメリット:安心感やネームバリューが今一つ

SBI損保は2006年に誕生したここ最近の損害保険会社です。
100年以上続いてる損保会社がある中、SBI損保はまだ10~15年のまだ新参の損保会社であるため、大きな災害が起きた際、大手よりは保険金の支払スピードや金額に不安がある点があります。

また、ソルベンシー・マージン比率という保険会社の支払余力が判断できる比率で2017年は366.1%2018年は657.0%と一年で倍近く支払い余力を上げています。
ただし200%を切ると監督当局によって早期是正措置がとられます。
つまり2017年はかなりソルベンシー・マージン比率が低かったことが見受けられます。

ソルベンシー・マージン(solvencymargin)とは、「支払余力」を意味します。生命保険会社は、将来の保険金などの支払いに備えて責任準備金を積み立てているので、通常予想できる範囲のリスクについては十分対応できます。しかし、環境の変化などによって予想もしない出来事が起こる場合があります。例えば、大災害や株の大暴落など、通常の予測を超えて発生するリスクに対応できる「支払余力」を有しているかどうかを判断するための行政監督上の指標の一つがソルベンシー・マージン比率です。

https://life.insweb.co.jp/solvency-margin.html#:~:text=%E3%82%BD%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%B3%E6%AF%94%E7%8E%87%E3%81%AF%E4%BA%88%E6%B8%AC,%E3%81%A8%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%8

例えば東京海上日動は2020年時点のソルベンシー・マージン比率が856.2%とかなり高い数字を誇っています。

保険会社が潰れるなんてことがあるの?

ごく稀にあります。直近では2008年に大和生命が潰れています。

デメリット:補償内容の選び方がわからない!

SBI損保の火災保険は補償を1からカスタマイズすることができます。
そのため、ある程度火災保険について理解がある方は補償設計をしやすいところですが、初めて火災保険を検討される方や、自由度が高いが故にどの補償を選べばいいかわからないという方には不向きです。

補償内容が決まっているプラン型火災保険を検討されたい方は、代理店型火災保険(損保ジャパンや東京海上日動)を選択されるのをおすすめします。


また、SBI損保はダイレクト型火災保険であるため、店舗や代理店がありません。
インターネットや電話しか対話ができないため、大きな災害があったときや緊急事態があったときにすぐに連絡を取りたくても、電話が混雑をしており、対話できない可能性があります。

しかし、上記内容はSBI損保だけではなく、全てのダイレクト型火災保険に言えることです。

デメリット:特約や費用保険の種類が少ない!

SBI損保の火災保険は特約や費用保険金の種類も少ないです。
これもSBI損保だけではなく、多くのダイレクト型火災保険に同様のことが言えます。

特約や費用保険金とは、基本補償とは別に追加料金を支払って、補償をプラスするいわばグレードアップ補償です。
「基本的な補償があればいい!」「必要最低限の補償内容から選びたい!」という方であれば、問題はありませんが、「もっといろいろと補償したい!」という方には不向きですね。

表のように火災保険はピラミッドのような形で組み立てられています。より補償がほしい方はピラミッドの上の部分の補償が充実している代理店型火災保険を選びましょう!

\火災保険をさらに安くきちんとした補償に/

⧁火災保険の無料見積をする

※保険見直し本舗が運営の国内最大級一括見積サイトへリンク

SBI損保の火災保険の口コミは?

アンケート集計人

100名以上の火災保険加入者から独自でアンケートを取りました。良いことも悪いこともリアルな口コミ・評判をご覧ください。

「火災保険の評判」アンケート対象

以下損害保険会社から契約している、契約したことがある火災保険・火災共済の保険会社を選択してもらいました。

損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、あいおい、AIG、SBI、ジェイアイ傷害、セコム、セゾン自動車、ソニー、日新火災、共栄火災、楽天、JA、全労済、都道府県民共済、コープ共済

満足度調査

契約している火災保険の満足度として「とても満足、やや満足、どちらともいえない、やや不満、とても不満」の5つの選択肢から選んでもらいました。

過不足のないサービスがとても気に入った!(30代男性の口コミ)

■総合満足度:★★★★★
■火災保険申請の経験:なし

自宅で契約している火災保険に対しておもうことは、SBI損保では補償内容を自分で細かく設定することができるので、自分に合った保険を設定し過不足のない保険料とサービスの提供を受けることができます。
また非喫煙者である場合やオール電化である場合の割引などもあり、保険料を節約することができる点が、ほかの保険会社と大きく異なるところです。
そのため被保険者の住所や性格、趣味や嗜好に合わせて保険内容を自分で決めることができますから、無駄な保険料を払う必要がありません。

私は過不足のないサービスがとても気に入りこちらの火災保険に決めました。
代理店や損保のスタッフさんの対応はとても丁寧です。
損保安心ホットラインという専用の電話番号がありますので、保険について何か困ったときはそこに電話をかけることで、自分の状況に保険が適用されるかどうか判断を求めることができます。いつでも丁寧で優しく状況を聞いてくれますし、こちらの詳しい状況を聞いてしっかりと判断してくれますので、安心して相談することができます。
他者と比較した場合にSBI損保が良いと思う点は上記で述べた通りなのですが、悪いところは補償にプラスして保険金をもらえるサービスがなかったり、自分で選べる保険だからこそ、自分が気づいていなかった必要なサービスを補償から外してしまうということもあります。

対応もよくスムーズに支払いが終わったので満足!(20代女性の口コミ)

■総合満足度:★★★★☆
■火災保険申請の経験:あり

過去、2回申請したことがあります。
①カーポートが雪で壊れて保険金申請をしました。
冬季、自宅のカーポートが雪の重みで破損したため、保険金の申請をしました。
すぐに証券を探して、連絡を取りました。結果、見積書通り、支払われました。
スケジュールは書類を返送してから着金まで1週間ほどでした。
損保コールセンターの対応も迅速に対応いただいたので満足しています。

②地震保険で保険金請求をしました。地震の影響で、建物の基礎部分にクラックが入りました。
火災保険を契約していたことを思い出し、ダメ元で申請してみました。
事故報告から3日以内に保険会社の社員が査定に来ました。
滞在時間は30分ほどでした。地震保険は3段階で定額で支払いがされます。
今回は保険金の5%の被害でした。一部損として認定がされました。
出るとは思っていませんでした。
ダメもとで申請してみるものだと感じました。
同じ保険会社でしたが、対応もよくスムーズに支払いが終わったので満足しています。
今後特に何もなければこのまま同じ保険会社で契約の更新をしたいと思います。
代理店は仲介していませんが、特に困ったことはありません。

補償範囲外だったが、対応がよく満足している!(40代女性の口コミ)

■総合満足度:★★★★☆
■火災保険申請の経験:あり

先月、水道管の経年劣化により、漏水が私どもの部屋で起きました。
保険対象になる物がない事は、身内の損保関係者から聞いており分かっていたのですが、管理会社よりSBI損保さんに電話し申請するように言われ、申し訳ない思いで一杯になりながらも問い合わせました。

お電話の窓口はオペレーターの方だと思うのですが、その日は土曜だった事もあり、後日保険の内容が分かる方からご連絡がありました。
丁寧なご説明を頂き、電話口で保険対象にならない事を申し訳なさそうに話していらっしゃいました。
声のトーンや話し方が慣れていらっしゃって、こちらも経緯含め安心してお話しすることができました。このような経験から、対応に関して満足しております。

コストパフォーマンスが高い良い保険!(40代男性の口コミ)

■総合満足度:★★★★☆
■火災保険申請の経験:なし

新築住宅を建てたのですが、木造住宅の場合は保険メーカーによって火災保険の金額に大きな差がありました。
そこで「保険の窓口」へ行って各保険メーカーでの新築木造住宅の火災保険の見積もりをとってもらったところ、コストパフォーマンスが良いことがわかり、保険会社を選定しました。

火災保険にプラスオプションとして盗難保険や外的要因による衝突損害、水漏れなどのオプション保険も同時に加入することができたということも保険会社を選定したメリットです。
私の場合は地震保険というオプションがなかったので、地震保険は別の会社で単独で加入しました。地震保険もオプションとして加入できるのであれば、より良い保険だと思います。
今の家に入居して10年ほど経過しますが、火災保険を利用したことは一度もなく、これからも利用しないことがベストと考えています。

SBI損保の火災保険を元損保社員が総評!

NEW!火災保険!自由度が高い故の上級者火災保険

SBI損保で完成させた「SBI損保の火災保険」はシンプルな補償となっています。
補償のカスタマイズから割引方法も豊富で保険料も割安であるため、保険料を抑えたい方には非常におすすめです。

しかし、補償を自分で選択できることに加えて保険期間は2年以上と決められていたり、特約の有無や高額貴金属補償の有無を選択していかなければなりません。
そのため、何が必要で何が不要か取捨選択ができる方でないと必要な補償も補償範囲外にしてしまう可能性も。
保険料は割安で割引制度も充実しているため、他社と相見積もりをすることは必須です。

国内最大の火災/地震保険見積もり比較サイトを紹介!

ここ毎年火災保険は改悪の一途を辿っており、2022年10月には全国平均で10.9%火災保険料が値上がりし、長期契約が最長10年から5年に短縮されることを皆さんご存知ですか?

値上がりの前に火災保険の見直しとして、無料火災保険一括見積もり比較サイトでご紹介したいのが、CMでもお馴染みの「保険見直し本舗」が運営している日本最大級の見積もり・診断サービス「保険スクエアbang!」です。

とりあえず火災保険無料見積もりをとってみたい方におすすめです!

保険スクエアbang!のホームページはコチラ>>火災保険の無料診断ならコチラから!<<

6つのGoodポイント!
  1. 10年以上にわたって120万件の契約実績があり、日本最大級保険比較サイト
  2. CMでも知られている業界トップクラスの「保険見直し本舗」が運営!
  3. 国際規格ISO27001を取得しており、個人情報もしっかり守られる!
  4. しつこいセールスがない!主に保険見直し本舗からの連絡!
  5. たった30秒の入力で火災保険料の見積もりが可能!
  6. 火災保険のプロアドバイザーが何度でも無料診断してくれる!

“無料”“何度”でも診断できる/

⧁火災保険の無料見積をする

※保険スクエアbang!公式ホームページへリンクします。

最大手比較サイト保険スクエアbangの評判は?実績トップクラスの理由を説明します!保険スクエアbang!は火災保険比較サイトとしても最大手のサービスです。10年以上にわたって累計利用者が650万人、契約件数120万件以上と実績も十分です。火災保険のプロアドバイザーが無料診断してくれ、たった3分の入力で火災保険料の見積もりが可能です。...

ABOUT ME
元損保社員のつぶやき編集部
【経歴】2012年に損害保険会社に中途入社⇨火災保険損害サービス課で8年間勤務⇨損害保険会社を退職後、実家を継ぐ【資格】ファイナンシャルプランナー2級/アフィリエイテッドファイナンシャルプランナー(AFP)
関連記事 RELATED POST